スーツは既製品orオーダーどっちがいいの?既製品とオーダーのメリット・デメリット解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ローゴージ

現役販売員の鶴田です。

 

オーダーって万能ではないんです。当サイトでしか読めない独自の既製品とオーダーのメリット・デメリット解説。

 

オシャレなスーツを作るヒントになる必見の内容です。

 

 

既製品のメリット

よく既製品のメリットしてあげられるのが

  • すぐに着られる
  • オーダーと比べて安い
  • 完成品だから、仕上がりのイメージがしやすい

という点。

 

当たり前といえば当たり前ですよね(笑)

 

こんなメリットしか説明できない既製スーツ屋さんは、オーダー屋さんに潰されちゃいます( 一一)

 

既製品って、実はオーダーに負けない魅力を持ったスーツなんですよ。

 

当サイトでは、もっと本質的でディープなメリットを解説します。

 

 

既製品のメリット①デザイナーが考えた最も美しい完成形

この肩幅だったら、この着丈がキレイ。

この着丈だったら、これ位の胸幅がバランスが良い。

ジャケットがこのシルエットなら、パンツはこんなシルエットが美しい。

 

こんな風にデザイナーが、ミリ単位の数値にこだわって「もっとも美しい形」に作り上げたのが既製品ですね。

 

デザイナーが考える、理想的なシルエットバランスのスーツを着ることが出来るのが既製品のメリットなんです。

 

 

既製品のメリット②体型の欠点カバー

人間は体を布で覆えば覆うほど、無意識のうちに「中はどうなっているんだろう」と想像します。歯医者で「マスクをした女性」が美人に見えるのは、マスクの下に隠れた素顔を、自分の理想の顔を想像しているため。

 

カラダを隠して、理想的なカラダがその下にあるように錯覚させるために、デザイナーがシルエットを計算して作ったのが既製品です。

 

「最も美しい完成形」である既製品を着れば、着た人の体も美しく見えます。既製品は体型の欠点をカバーして理想体型に見せてくれるんですね。

 

 

既製品のデメリット

①万人にサイズが合うわけではない

既製品=完成形とはいえ、サイズ展開には、どうしても限界があります。

 

サイズに限界があるからこそ、似合う人・着れる人が限られてしまうのが、既製品のデメリットですね。

 

 

②修理をすると、完成形が崩れる

スーツはカジュアルウェアと違って、体型に合わせて修理できる箇所が多いのが特徴。

 

既製品のサイズが多少合わなくても、修理をすることで体型に合わせることが出来ます。

 

とはいえ...既製品=完成形。修理をすることで、既製品の完成度が下がってしまう。

 

修理をしないと体型に合わない。

でも、修理をすると、既製品の完成度が下がってしまう。

 

そんな、矛盾が起きてしまうのが、既製品のサイズ選びなんですね。

 

 

 

既製品を買う時のポイント①完成形を崩さないように修理は少しだけ

完成形である、既製品はお直しをすると、どうしても完成形が崩れてしまう。

 

でも、修理をすると、完成形は崩れるけど、「体型に合う」というメリットもあります。

 

完成形が崩れるデメリットよりも、体型に合うメリットが上回る程度の、修理をするのが既製品をキレイに着るコツです。

 

1サイズ程度広げたり、縮める程度の修理なら、完成形を崩すデメリットよりも、体型に合うメリットの方が大きくなります。

 

あくまで目安ですが...着丈や袖丈だったら±2~3センチ、ウェストだったら±3~4センチ程度が、「1サイズ程度の修理」ですね。

 

既製品のサイズの選び方は、↓の2記事で解説しています

参考記事①スーツの正しいサイズの選び方[ジャケット編]!サイズには、数値的な目安があります。

参考記事②スラックスの正しいサイズの選び方。サイズは「幅」と「丈」に分けると選びやすい

 

 

既製品を買う時のポイント②大幅な修理が必要な場合は、パターンオーダーがおすすめ

「1サイズ程度の修理じゃ、納まらない」

「でも、あこがれのブランドだから、ココのスーツが着たい」

 

そんな時は、パターンオーダーを利用しましょう。パターンオーダーというのは、既製品のシルエットをベースに体型に合わせてサイズ調節するオーダーシステム。

 

ちょっとマニアックな話ですが、例えば...。ジャケットの着丈を詰めると、既製品よりも裾からポケットまでの距離が短くなってしまいます。

 

でも、裾からポケットまでの距離もデザイナーが考えたベストバランスなのが既製品。修理をすると完成形が崩れてしまうわけです。着丈に限らずに、こういうバランスの崩れが起きてしまうのが既製品の修理。

ローゴージ

photo by http://www.tailor-kitahara.co.jp/wp/wp-content/uploads/2013/02/suits_1.jpg

 

既製品だと、ポケットの位置を変えることはできませんが...パターンオーダーの場合、ポケットの位置を着丈に合わせて、ベストバランスになるように再調整してくれます。

 

サイズの調節内容に合わせて、シルエットやパーツの位置を微調整してくれるので、既製品を修理するよりも完成度が高くなるのがパターンオーダーの特徴なんです。

 

最近では、既製品と並行して扱っているブランドも増えています。既製品を大幅に修理する場合は、パターンオーダーに切り替えた方がキレイなシルエットで出来上がります。

 

 

オーダーのメリット

よく言われるオーダー(フルオーダー・パターンオーダー)のメリットは

  • カラダにフィットする
  • 裏地やボタンを自由にカスタマイズできる

というところでしょう。

 

これは、既製品にはないメリット。このメリットをひっくるめて「世界に一つだけのスーツが作れますよ」なんてセールストークをしてくる店員さんも多いですね。

 

この言葉に惹かれて、スーツをオーダーする人も多いはず。

 

 

メリットはデメリットの裏返し

一般的にオーダーのデメリットは

  • 既製品と比べて高い
  • 納期が掛かる
  • 仕上がりのイメージが付きにくい

といったところ。

 

これは、デメリットですが。じゃあ、お金にも納期にも余裕がある人にとって、オーダーは万能かというと...。

 

洋服に限らずメリットというのは、裏を返せばデメリットになります。

 

例えば、柔らかい生地のスーツなら

  • メリット→柔らかいから動きやすい
  • デメリット→細い糸で出来ている柔らかい生地は耐久性が低く、デリケート

といった感じに「柔らかい」ということはメリットにも、デメリットにもなる。

 

これは、オーダーのメリットにも言えることです。

 

 

オーダーのデメリット①体型の欠点が、そのまま出てしまう

オーダーのメリットである「体にフィットする」とメリットは、裏を返せば、体型そのままのスーツが出来る...ということです。

 

肩幅が狭くて、お腹が出ている人にフィットしたスーツを作れば、当然スーツも肩幅が狭くて、お腹が出たスーツが出来上がります。

 

カラダにフィットして、楽かもしれませんが...。

 

カラダの欠点が、そのまま出たスーツは、シルエットがキレイとは言えません。

 

こういう場合は、

  • 肩幅や胸幅を少し広くとって、お腹の出っ張りを目立たないようにしたり
  • 着丈を少し長めにして、縦のラインを強調してスッキリ見せたり

体型に合わせつつ、気になる部分を目立たないようなシルエットにするんですが...。

 

これはかなり、高度なテクニック。体型にフィットさせるだけの方が、ずっと簡単。

 

オーダーは、「体にフィットするように作る」ことが重視されるし、簡単なため、どうしても体の欠点が出やすいのです。

 

 

オーダーのデメリット②カスタマイズの仕方によってはダサくなる

生地とボタン、裏地の相性etc、付属品も含めて、デザイナーが最も美しいバランスを考えて作ったのが既製品です。

 

オーダーの時のボタンや裏地選びは、デザイナー気分を楽しめる時間ですよね。でも、一つ間違うと、一気にスーツがダサくなってしまう作業でもあります。

 

仕上がったオーダースーツを見て、「ちょっとやりすぎちゃったな」なんて思った経験がある人もいるのでは!?

 

裏地やボタン選びのコツは、オーダー初心者必見。オシャレなスーツのカスタマイズ方法で解説しています。

 

 

オーダーを作る時のコツは、美容室と一緒

既製品は、すでに作られたもの。

 

それに対して、オーダーは、スタッフとお客様で一緒に作り上げるものです。これって、美容院や床屋と一緒なんですね。

 

初めて行く美容院で、出来るだけイメージ通りの仕上がりに近づけるには、どうしたらいいと思いますか?そう考えると、自然に答えが見えてくるはず。

 

 

ポイント①自分のイメージを写真で伝える

イメージを口頭で伝えるのは、難しいものです。

 

自分のイメージに近い画像や雑誌の切り抜きを持っていくと、イメージをスタッフと共有出来て、仕上がりの完成度が高くなります。

 

「違うブランドの切り抜きでもいいの?失礼にならない??」

「写真のモデルさんと、自分の体型が全然違うけど、笑われない?」

 

これ、全く問題ありません。笑いません!!

 

ここで、顔色が変わるスタッフがいたら、そのスタッフに作ってもらうのは、やめたほうがいいですね。そんなスタッフに、採寸&アドバイスしてもらっても良いスーツは作れません。

 

とはいえ、他社ブランドのスーツと自社ブランドのスーツは当然、別物。「それっぽく」作ることはできますが...細かいバランスまでは、どうしても違いが出てしまうもの。「全く同じにして欲しい」というリクエストになると、難しいのが事実です。あくまで、「イメージ」として、切り抜きや画像を持参したほうがいいですね。

 

 

写真のモデルさんの体型と、着るご本人の体型が違えば、たとえ同じスーツでも見え方は違ってしまうものです。

 

スタッフの「お客様の体型だったら、こういう風にアレンジしたほうが...」というアドバイスには、耳を傾けたほうがいいでしょう。アレンジを加えたほうが、逆にイメージに近づくことも多いのです。

 

 

ポイント②2~3回、同じお店で作ってみる

美容院も何回も通うと、好みをわかってくれて、理想の仕上がりに近づくのは、よくあることです。

 

オーダースーツも一緒。

 

1回作っておけば、「前回は○○なところがイマイチだったから、今度は△△にしたい」といった感じに、前回の続きからやり取りすることが出来ます。こうやって、作るたびに、前回作った分を踏まえて、バージョンアップさせていくのが理想のオーダースーツを作るコツです。

 

一口に「オーダー」といっても、そのシステムはブランドによって色々。毎回違うブランドで作っていては、そのたびに勝手が違って、なかなか仕上がりのクオリティが上がりません。

 

クレームレベルの仕上がりでないかぎりは、同じお店、同じスタッフとコミュニケーションを重ねて、2~3回作るのがいいでしょう。

 

 

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたの「似合う」・「オシャレ」を、マンツーマンサポート!!ファッションカウンセリングメニュー

過去にブログで何度か触れましたが、我が家は夫婦そろってファッションブロガー。しかも、二人合わせてのアパレル業界歴は、27年に及ぶキャリアを誇ります。

 

私は「スーツ」「オンオフ兼用」「ミニマリスト」をコンセプトとした、当サイト「SuitLabo」を運営。

 

妻は、似合う服を導き出す理論である「骨格診断」「パーソナルカラー」に加えて、「ドレス」「ミニマリスト」をコンセプトとしたブログ、「モードスタイル研究所」を運営しています。

 

この度、「SuitLabo」と「モードスタイル研究所」の共同サービスとして、新たにファッションカウンセリングサービス「骨格診断 for men」を始動いたします。

 

「似合う服がわからない」

「いつも服の色選びで迷う」

「身近にファッションの相談をできるプロフェッショナルがいない」

 

そんな方にお勧めのサービスです。

 

 

骨格診断 for men メニュー内容

内容は3つ。

 

  1. 似合う洋服
  2. 似合う色
  3. 質問し放題(1か月無料)

 

3メニューとも私の監修になりますが、①・②に関しては妻の専門分野。妻が主導となったサービスとなります。

 

そして③。

 

質問の窓口こそ妻ですが、当サイト「SuitLabo」ならではの、「切り口」「ロジック満載」であなたの質問に1か月何度でも、無料でお答えいたします。

 

1.似合う洋服について

カッコいいおしゃれには、似合う素材と着こなしを知れば十分です。オンオフ(仕事・休日)それぞれに分けてご提案します。

 

≪骨格診断をして伝授する内容≫

  • お似合いになる素材について
  • 着こなしのポイント(サイズ感やスタイリングのしかたなど)について

※画像に説明文を加えてわかりやすく伝授。

 

上記内容は妻のサイトからの引用ですが、私からもお話しすると...。

 

男性服の服は、女性服と比べると、とにかくバリエーションが少ない。

 

女性の服の場合、「シルク」「レーヨン」なども多用されますが、これらの素材は、男性服ならほとんど使われません。

 

男性服は

  • 綿
  • ウール
  • ポリエステルやナイロンなどの化繊

がほとんど。

 

でも、一口に綿といっても「薄く滑らかなコットン」・「厚くガサガサしたコットン」など、実にさまざま。

 

同じ綿素材でも、モノによって明らかに質感が違うのです。

 

同じ素材のはずなのに、全然違う。だから男性服は難しいのです。迷うのです。

 

そんな迷いを断ち切る指標となるのが、当サービスの「似合う洋服診断」。

 

あなたには、

  • しなやかなブロードのコットンシャツが似合うのか?
  • ガサガサしたタフな、オックスフォード素材のコットンシャツの方が似合うのか?

そんな疑問にお答えします。

 

 

2.似合う色について

男性服の着こなしに、カラフルな色彩はさほど必要ありません。このことからも、ベーシックカラーをおされば十分と考えます。

 

パーソナルカラーの4シーズン(春・夏・秋・冬)の分類法により、どんな色味の黒が似合うのか(赤っぽい黒?緑っぽい黒?)、どんな色味のネイビーが似合うのか(鮮やかな紺?深みのある紺?)、といったことをご提案します。

 

≪パーソナルカラーを診断して伝授する内容≫

  • お似合いになるベーシックカラー(黒・グレー・ネイビー・白)について

※ご希望によってほかの色をご案内することも可能です。

 

こちらも、妻のサイトからの引用(^-^;

 

男性服のワードローブの8~9割は、白・紺・グレー・黒の4色。

 

8~9割を占めるからこそ、4色の診断に特化したのが、こちらのサービス。他の色については、あえて情報をカットしているので、圧倒的に理解・実践がしやすいのです。

 

3.質問し放題

ご利用後1か月間は、どのようなご質問も無料でお受けします。また、監修はスーツマスターの夫が行います。

※ご質問は即座にお答えしますが、こちらの諸事情により送れることもありますので、予めご了承ください。

 

マニアックな質問・「こんなことで質問してもいいのかな?」のような些細な質問でも、なんでもオッケー。

 

「SuitLabo」ならではの、切り口・ロジック満載であなたの質問にお答えいたします。

 

 

プライス・納期

¥22,000(税込)

結果のお届けまでに、1週間~10日ほどいただきます。(お申込者様の混雑具合により、遅れることもあります)

 

何の知識もなく洋服を買うと、これ位の金額は無駄使いになってしまいがち。

 

当サービスの診断内容を元に洋服を選べば、無駄買いもなくなり、これ位の金額はあっという間に元を取れてしまうのです。

 

服選びに迷ったときは、「無料質問サービス」もありますからね。無駄買いは、しなくなるでしょう。

 

新メニュー【同行ショッピングサービス】

さて、メンズのメニューをオープンして以来、お申込者様のお声より、あらたなメニューが生まれました。

 

夫婦共同のメンズメニューですが、

 

  • 妻(わたくし)が、パーソナルカラーと骨格をチェックし、
  • 夫が、ショッピングに付き添う

 

という、メニューです。

 

先日、3万円で、アウターとトップスと、パンツをトータルコーディネートしたいというお客さまがいらっしゃいました。

 

私たち夫婦で、即答です。

 

「可能だよね。」

「うん、コートと、セットアップ(ジャケット&スラックス)、トップス2枚におつりがくるね」

 

そのお客さまは、職場のの人に言われたある言葉が気になり、わたくしたちにご依頼いただきました。

 

その言葉は、

 

「顔色が悪いね」

「顔がくすんで見える」

 

だったそうです。

 

こちらのお客さまはわたくしが、カラーを見て、骨格を見ます。お似合いになる色、ようは、顔色がくすまない色を選びます。骨格診断で、お似合いになる素材を選びます。そして、サイズ感、きこなしを夫と相談します。

 

日時、場所を指定して、(今回のお客さまは、新宿です)夫とショッピングします。場所は、都内近郊(ご相談)をご指定ください。

 

当メニューも、同額(22,000)で行います

 

さて、診断+お買い物で、計5万円ほどかかったわけですが...。

 

百貨店やら、セレクトショップで、ヘタに5万円費やすよりも、今回の同行ショッピングの方が断然お得。

 

当たり前の話ですが、ショップスタッフは、お客様が服を買ってくれて、初めて売り上げが発生します。

 

善良なショップスタッフの方もいますが...。

 

似合ってもないのに、「似合ってますよ」。全然オススメじゃないのに「オススメですよ」。

 

売り上げのために思ってもないことを言ってしまうショップスタッフもいるわけです。

 

販売員の目的は「売る」こと。お客様が求めることは、「オシャレになる」こと。

 

このギャップがあっては、いつまでもお客様はオシャレになれません。(もちろん、この矛盾を解消する方法もあるのですが...)

 

でも、同行ショッピングは違います。ご依頼いただいた時点で売り上げが発生します。

 

つまり、われわれ夫婦は「お客様をオシャレにすること」に全力を注ぐことが出来るわけです。

 

「先に売り上げが発生しちゃうと、手を抜いちゃうんじゃない?」

 

長いショップスタッフキャリアで、実感したのは、「口コミ」の力。

 

いい仕事をすればするほど、口コミが広がり、新しいお客様が足を運んでくださいます。(上司の方が、部下の方に紹介してくださったり、その部下の方がご友人を...なんて感じに)

 

悪い仕事もしかりですね。つまり、手を抜いても、われわれ夫婦に良いことなんて、全然ないわけです。

 

むしろ、いい仕事をすることが、自分たちのため、お客様のため。いわゆる「win win」の関係ですね。

 

押し売りすることもありませんし、手を抜くことも致しません。

 

ただ純粋にあなたをオシャレにします。

 

 

ちなみに、今回はguとユニクロ中心のお買い上げでしたが...。

 

今のgu・ユニクロは、ヘタなセレクトショップオリジナルよりも高品質なのです。

 

正しい目利きで選んだ7000円のguのセットアップの方が、ヘタな1.5万のセットアップよりも、高品質。

正しい目利きで選んだ1.2万円のユニクロのコートの方が、ヘタな3万のコートよりも、高品質。

 

何の知識もない状態で、5万を洋服につぎ込むよりも、「2万の同行ショッピング代+3万の買い物」の方が、高品質でオシャレなモノを身に着けることが出来るのです。

 

 

お申込み方法

お申込み窓口は、妻が運営するサイト「モードスタイル研究所」となります。

 

下記お申込みボタンより、以下の流れでお申し込みください。

 

STEP① 下記お申し込みフォームより、まずはお申込みください。

STEP② 即日、ご案内メールが届きます。顔のアップと全身のお写真、ご相談内容をご案内メールまでご返信ください。

STEP③ お支払い方法はご案内メールある振込先まで、1週間以内にお振込みください。(※振込手数料はお客さま負担)

~その後、診断結果をメールにてお届けいたします。~

 

あなたからのお申込みをお待ちしております。

 

 


お申し込みはこちら

SNSでもご購読できます。