年末年始のパーティーにも。セットアップの正しい着方を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
カジュアルセットアップ

現役販売員の鶴田です。

 

年末年始になるにつれてイベントが立て込んできている人もいるでしょう。

 

クリスマスデートやカウントダウンイベントが楽しみでしょうがないという人。会社や付き合いで呼ばれた集まりにしょうがなく出席する人。

 

楽しみだろうが、そうでなかろうが年末年始のイベントは場の雰囲気的にある程度は着飾らないといけないことも多い。でもスーツにシャツタイまでやってしまうとやりすぎ。

 

「オレは何を着ればいいんだかさっぱり分からん」

 

そんなファッション難民必見の内容が今回の記事。

 

セットアップがあれば万事解決

ちょっとだけ着飾ることが求めれる場で着る服。ベストアンサーはセットアップ。

 

セットアップとは上下同じ生地で出来たジャケットとスラックスの組み合わせ。

guおすすめセットアップ

photo by http://www.gu-global.com/jp/lookbook/pc/style/17207001

上下同じ生地のためスーツを思わせるフォーマルさを持つのがセットアップの特徴の一つ。フォーマルさがあるが故に少し着飾る必要がある場にはピッタリのファッション。

 

インナーをシャツタイ、足元を革靴にすればスーツに。Tシャツにスニーカーを合わせればカジュアルに...と様々な着回しが出来る利便性・コスパの高さがうれしいところ。パーティー用にセットアップを買ったとしても、その後ビジネスにもカジュアルにも着まわせるわけです。

 

でも着回しがきくが故に「肝心のパーティーで何を合わせれば分からん」状態に陥ってしまう事も。

 

シャツ・タイに革靴ではキメすぎ。カットソーにスニーカーでは少し崩しすぎな気もする。結婚式のように明確なルールもなく、それでいてカジュアルのように「何を着て良い」というわけでもないのがちょっとしたイベントの時のファッション。

 

フォーマル度の格付け

少し着飾る場合シャツ・タイよりも砕けていて、カットソーよりきちんと見えるもの。革靴よりカジュアルでスニーカーよりもフォーマルな物をセットアップに合わせればいいわけです。

 

 

 

「それが分からねーんだよ(# ゚Д゚)」っていう話ですよね。

 

インナーはデザインで言うと襟が付いているほうがフォーマル。素材は伸縮性がない素材のほうが伸縮素材よりもフォーマル。

 

襟があり伸縮性のない生地で出来ていることがほとんどのシャツが最もフォーマル。

グレーロンスト

photo by http://cdn.beams.co.jp/img/goods/21112265435/L/21112265435_C_1.jpg

 

ついで襟はあるけど伸縮素材の事が多いポロシャツが2番目にきっちり。

クールビズNGポロ

phothttp://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/polo/men/ by

 

襟もなく伸縮素材のカットソーが最もカジュアル。

カジュアルスラックス

photo by http://majesticcreative.jp/blog/wp-content/uploads/2015/03/【アウターを重ねないシンプルスタイルでもTシャツを綺麗目に着る】_2.jpg

 

カットソーは歴史的背景から廉価版ニットと言えるアイテム。西洋で産業革命があった際に高級品であったニットの製造手法を簡略・大量生産可能の仕様にして生まれたのがカットソー。

 

つまりニットはカットソーよりもフォーマル。

 

ポロシャツもニットもカットソー以上シャツ未満のフォーマル度。でもポロシャツは流通しているそのほとんどが薄手の半袖。冬に着るには寒いのです。

 

冬場におけるカットソー以上シャツ未満のきちんと感を持つインナーはニットが最適。

 

ちなみにネクタイほどではないものの、スカーフンなど巻物を足すとフォーマル度が上がる。ニットにスカーフを巻いてあげると、シャツにネクタイと比べてフォーマルすぎず、かつ華やかなスタイルを作ることが出来ます

上級者スカーフ

photo by http://www.mensclub.jp/var/mensclubjp/storage/images/fashion/snap/tokyo_11_0418/01/119299-1-jpn-JP/01_rect980.jpg

タケ先生スカーフ

photo by https://scontent-lga3-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/19623096_755697417944174_2184680225151909888_n.jpg

 

巻物が恥ずかしいなんていう方はタートルネック。首を覆うことで巻物まではいかないまでも首回りに装飾性がプラスされちょっと着飾るにいは最適な雰囲気に。

カジュアルセットアップ

photo by http://img5.zozo.jp/goodsimages/516/9974516/9974516B_18_D_500.jpg

 

靴もスニーカー以上革靴未満が少し着飾るには最適

靴もインナー同様、ちょっと着飾るにはスニーカー以上革靴未満が最適。

 

例えばこんな靴。アッパー部分(靴上部の部分)は完全に革靴。ソールだけスニーカーのような作りのハイブリッドなデザイン。

ドクターマーチン

photo by http://www.district.jp/blog/upload/ph-20160903124533-08a78364da.jpg

 

目利きのコツはアッパー部分はしっかり革靴の顔の物を選ぶこと。アッパー部分に中途半端にスニーカーっぽさがあるとおじさん御用達のなんちゃって革靴になってしまいます。

革靴風スニーカー

photo by https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/81cm6AqIomL._UL1500_.jpg

 

革靴は紐有りのほうが紐無しよりもフォーマル。セットアップに革靴を合わせる場合も紐無しのローファーを選べば、キメキメ感を出さずに着崩せます。

ローファー白ソックス

photo by https://vox.nevnum.com/wp-content/uploads/tumblr_ng400ox9qm1rsaahao1_1280.jpg

 

革靴は安くても1万円以上はするもの。もっと手ごろにスニーカー以上革靴未満の靴を手に入れるなら、ローテクスニーカーのオールブラック。

photo by https://shop.converse.co.jp/shop/g/g32260581210/

ローテクスニーカーとはシンプルでボリュームのない作りのスニーカーの総称。ABCマートなど量販店で1万円位以下で揃えられるものがほとんど。対義語がハイテクスニーカー。ボリュームのある近未来的なデザインが特徴。

ハイテクスニーカー

photo by http://img.u-note.me/note/uploadimage/1433665308655.jpg

 

革靴はボリュームが少ない作りで色は黒か茶色が基本。ローテクスニーカーのオールブラックなら遠目に見ると革靴のように見え、近くで見ればちゃんとスニーカーの顔をしている。まさにスニーカー以上革靴未満。

 

今回解説したのセットアップの着回しのごく一例。でも応用が利くのが今回の内容。何がきちんと見えて、何がカジュアルに見えるのか?それさえ理解できればどんなシチュエーションでもセットアップをオシャレに着ることが出来ます。

 

「着こなしは分かったけど、具体的に何がおすすめ?」・「どんなニットが自分には似合うかな?」という方は無料メール相談しています。お気軽にページ下部からメールください。特に「似合う」に関してのご質問は「似合う」のスペシャリストの私の妻にも監修してもらったうえでのご返信いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。