スーツはなぜ高い?コスパの高いスーツの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
洗えるセットアップ

現役スーツ販売員の鶴田です。

 

スーツって高いと思いませんか?妥協に妥協を重ねても絶対に1万円はかかる。そもそも安物のスーツ自体、探すのも意外と苦労するもの。探す手間を考えると比較的探しやすい3万円前後の価格帯のスーツを利用する人も多いのでは?

 

1着当たり3万円ですよ?仕事でしか使えない服、しかも1着着たら2~3日休ませないといけない服(でないと急速に痛んでしまいます)。非常にコスパが悪いと思いませんか?

 

今回はスーツってそもそも、なんでそんなに高いのか?そしてコストパフォーマンスの高いスーツの選び方を解説します。

 

スーツは何故高い?

高い服は「アパレル企業のぼったくり」と言われがち...苦笑

 

違うんです。高い服には高いなりの理由があるんです。ただアパレル業界が服の高い理由を説明する責任を果たし切れていないのも事実。不当に高いと感じるのと高さを納得して購入するのとではスーツに対しての満足度も違うはず。まずはスーツがなぜ高いのかを解説。

 

簡単に言うとスーツはカジュアルウェアに比べて圧倒的に手間がかかるのです。だから高い。

 

例えばアイロンワーク。スーツ生地の原料である羊毛には「熱を加えると形を変えることが出来、冷めるとその形を固定できる」という特性があります。その特性を生かして生地を立体的にするのがアイロンワーク。

 

アイロンって言っても家庭でアイロンをかけるのとはわけが違います。生地が焦げる寸前まで生地に熱を加えて、職人の微妙なアイロン操作で生地の形を立体的に変形させるのです。この工程は1回すれば良いというものではありません。実に何十回もアイロンワークを重ねて初めて生地を立体になります。

 

「立体、立体ってなんでそんなに立体感にこだわるの?」

 

それはスーツにおけるオシャレとは「リッチでマッチョでスマートな男性像」を表現することだから。マッチョな表現をしてくれるのが立体感。筋肉は凸凹してるでしょ?立体的なスーツを着ると人の肉体は豊かに見えるのです。

 

平面である生地を立体的に仕立てる手間暇がスーツの高い理由。それに対しカジュアルウェアは平面的に作られることが多く安価で作ることが出来るのです。

 

せっかくですからスーツを立体的に仕立てているテクニックをもう一つご紹介。

 

それは「いせ込み」という縫製テクニック。簡単にいうと生地の縫い合わせ部分を皺にならないように細かくギャザーさせて立体的にするテクニック。

 

今、着ている服を摘まんでみるとわかりやすい。生地を摘まむと生地がクシャっと立体的に盛り上がりますよね。これが簡単な「いせ込み」の原理。生地を縫い合わせる要所要所で「いせ込み」をしてスーツを立体的にしています。

 

「いせ込み」はとても高度な技術。どれだけいせ込めるか...で職人の技術の良し悪しを判断したり。平面的で良しとされるカジュアルウェアでは、いせ込みを使うブランドはほとんどないくらい。カジュアルウェアでも「いせ込み」をしてる国内ブランドだとあの世界的コムデギャルソンと手前味噌ですが僕が勤務しているブランドくらい。

 

カジュアルウェアと比べて立体的に仕上げる必要があるのがスーツ。立体的に仕上げるためには職人の技術と手間暇が必要。となると生産を依頼する工場も技術の高い職人を要する工場に頼む必要があり、結果的に工賃諸々コストがかかる。それがスーツが高い理由。

 

 

スーツが「高く感じる」理由

価格が高いスーツがなおの事高く感じるのは「仕事でしか着れない」から。

 

同じ3万円のスーツでも平日に二日間、月に8回しか着れないスーツとオンオフ兼用で週に4回、月に16回着れるスーツではコストパフォーマンスは歴然の差があります。前者は一回の着用当たり3750円、後者は1875円。

 

使用頻度を上げることでスーツのコストパフォーマンスを上げることが出来ます。ただそれを阻むスーツが多いのが現状。

 

まずスーツ生地の原料である羊毛は頻繁に着ることに向いていない。羊毛の敵は「摩擦」と「水分」。動くたびに擦れるスーツは繊維が互いにこすれあい毛玉になったり、テカってしまったり。汗を吸って水分を帯びるとウールはさらに弱くなる。

 

汗も含めた水分を抜くには着用時間の3倍の時間が必要。その期間、2日間。2日間の休息日がないとスーツの耐久性はグッと下がります。この2日間の休息日を作るためには、さらに2着のスーツが必要。1着のスーツを長く使うためには2着のスーツが必要になるわけです。そうスーツは維持するのにもお金がかかる。

 

最近ではビジネスだけでなくカジュアルでも使えるスーツが増えてきています。職場ではビジネススーツとして、インナーをカットソーにしたり上下バラ使いでカジュアルに...といった具合ですね。カジュアルでも使えれば使用頻度が上がりコスパも上がるわけです。しかしここでも障害が...。

 

スーツは自宅では洗えない...いや洗うだけだったら何とか家でも洗えるんですよ。でも洗った後の皺をアイロンで伸ばすのが非常に難しい。汚れること、汚れた後のケアを考えるとカジュアルで気軽に使えないんですよ。特に僕のような小さい子供を抱える子育て世代なら尚の事。

 

鼻水や食べこぼしが服につく...なんてザラですからね。

 

どうせ高いならコスパを上げるべく使用頻度を上げようにも、生地の耐久性や手入れの難しさで使用頻度を上げきれないのがスーツが高く感じる理由。

 

ユーティリティスーツがコスパの高いスーツ

ユーティリティスーツとは平たく言うと機能性に優れた化学繊維を使ったオンオフ兼用のスーツの事。皺になりにくい素材とか家庭で洗える素材とか伸縮性のある素材とかそんな具合ですね。

 

「化繊のスーツなんて職場で着れるかよ」と思うなかれ。

 

最近の化学繊維は非常に進歩が進んでいます。我々業界人が目を凝らしてやっと「化学繊維かな?」と判別できるくらいウールに近い質感の化学繊維も市場に出回ってきています。しかも耐久性はウールよりも格段に高い。登山などハードなスポーツウェアのほとんどが化繊で出来ていることからもそれは明らか。

 

高級ウールを使った何万や十何万もするスーツは一部の富裕層に任せればいいんです。本来スーツ自体、英国貴族の洋服つまりは高所得者の服だったのがスーツ。コスパ云々なんて考える必要もなかったわけです。収入格差が広がった現代。すべての人がウールのスーツでやり繰りするのは少し無理が出てきているのが事実。

 

平均所得前後の我々が手に入れるべくは一見ウールスーツに見える手入れや耐久性に優れ、オンオフの着回しも出来るユーティリティスーツ。お気に入りの1~2着を手に入れてコーディネートで変化を付けてオンもオフもガシガシ着まわしたほうがコストパフォーマンスは劇的に上がるというもの。

 

 

そんなユーティリティスーツ。「どこで売ってんだよ」という人に為にちょっとご紹介。

 

ユーティリティスーツの最安値は以前ブログでも紹介したGUのセットアップ。化繊を使って丈夫なだけでなく、パンツのみですが洗濯も可能。もちろん画像の通りカジュアルに使っても良し。

guおすすめセットアップ

photo by http://www.gu-global.com/jp/lookbook/pc/style/17207001

以前、解説した記事があるので詳しくはこちらを。たった6500円でオンオフ兼用のスーツが手に入る驚きの内容です。→6500円のguのセットアップがスーツとして通用するワケ

 

このブログを通じて何回も言っていますが...「guのセットアップなんて職場に着て行けるかよ(;゚Д゚)」という人ほど騙されたと思って1度guで試着だけでもしてもらいたい。

 

「量販店で微妙なスーツ買うんだったら、こっちのほうがずっとよくね?」と驚くはず。

 

ガシガシ着れるんだったら、もっと奮発しても良いかな...という方もいるでしょう。そんな方はセレクトショップのオリジナルがおすすめ。例えばユナイテッドアローズのセットアップ。これで約5万。

洗えるセットアップ

photo by http://store.united-arrows.co.jp/shop/ua/goods.html?did=42201903

teijinと共同開発したポリエステル素材を使用。化繊でありながら質感はウールのそれ。化繊というだけあって耐久性はウールよりもずっと強いので高めの使用頻度でもオッケー。このセットアップだと家庭洗濯できないのがちょっと難点。

 

洗えてしかもウールのような表情となるとバッグなどに使われる「コーデュラ素材」でおなじみのインビタス社が開発したコンバットウールがおすすめ。耐久性も通常のウールの10倍前後なのが心強い。

 

コンバットウール

photo by http://session-loungelizard.blogspot.jp/2017/02/new-wide-trousersfeb28thtue.html

2年前に市場に出始めて取り扱いブランドが増えつつある素材です。 ちなみに僕が勤務するブランドでも扱っています(笑)

 

おすすめはセレクトショップの「ユーティリティスーツ」。スーツ専業の量販店が作っているユーティリティスーツはあくまで「機能性の高いビジネススーツ」というアプローチ。オンオフ兼用で使うには若干難しいシルエットの作りになっています。

 

それに対し、セレクトショップは「オンオフ兼用できるユーティリティスーツ」というアプローチが多い。そのためシャツタイ、カットソーのどちらでも対応できるシルエット設計もっています。

 

国内外ハイブランドだと「ユーティリティスーツ」はあまりないかな。そもそもターゲットとなる層が富裕層だったり、ファッション感度が超高い人が多いのであまりユーティリティ性を求めていないんですよね。

 

ガシガシ着れる「ユーティリティスーツ」にも一つだけ注意点が...。

 

それは毛玉ができやすい。ユーティリティ素材によく使われるポリエステルは毛玉ができやすい特性なのです。

 

なので定期的にブラシをかけて毛玉が出来ないようにするのがさらに長持ちさせるコツ。逆に毛玉のケアさえしっかりしてあげればポリエステルは化繊の中で最も洋服に適している素材と言われています。丈夫だし発色もよく手入れも楽ですからね。

 

「ユーティリティスーツ」。まずは手始めに...という人ならgu。ガシガシ着れるならちょっと奮発したいという人はセレクトショップ。どのセレクトショップに行けばいいか分からないなら、超大手のユナイテッドアローズから覗いてみるのが良いのでは?

 

まずは試着だけでもしてみてください。今までの「スーツ=仕事用の高い服」という概念が覆るはず。

 

今回はここまで。ブログで提供した理論の「確認・質問の場」として無料メール相談をしています。「ユーティリティスーツを買ったけど、どう着まわすの?」とか「どっちを買うか迷ってます」なんて相談も喜んでお受けします。

 

オシャレになるのには「理論」と同じくらい「実践」が重要。「実践」をサポートするのが無料メール相談。お気軽にご質問ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。