体型別似合うトレンド素材を使ったスラックスを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コーデュロイ

現役スーツ販売員の鶴田です。

以前解説したスーツトレンドに続いて今回はジャケパンの肝となるスラックス編です。

 

誰しも「流行りモノなのにオレには似合わない...ファッションはやっぱり顔か( ノД`)シクシク…」という経験はあるはず。似合わない原因は体型と素材の相性が悪いのが一因なのです。

 

今回は体型に応じたトレンド素材の取り入れ方を解説します。

日本人の体形は大きく分けて3タイプに分けられる

前回の記事でもちょこっと触れましたが、僕がこのブログで「オシャレ」を論理的に解説しているように「似合う」も徐々に論理が体系化されてきました。前回の記事はこちら。オシャレに対する呪縛を解き放てくれる内容になっています→「バリエを増やさなきゃ」から解放されるとオシャレになる

 

パーソナルカラーと骨格診断もその一つ。パーソナルカラーとは、肌の色を「春夏秋冬」の4グループに分け似合う色を導き出す手法。骨格診断とは人間の体格を3タイプに分け、似合う素材やデザイン、シルエットを導き出す理論。

 

その骨格診断とパーソナルカラーの両方を駆使して似合うを導き出す第一人者である山崎真理子氏。ヘアワックスで有名なルシードでも似合うを軸としたコラムを連載しています。→https://40life.lucido.jp/author/mariko-yamasaki/

 

何を隠そう私の妻が山崎氏の師事のもと骨格診断の修行中。今回からはSuitLaboならではの「オシャレ理論」に加えて妻の骨格診断をベースとした「似合う理論」の2軸で誰でもオシャレになれる方法を論理的に説いていきます。

 

 

...と、前置きが長くなりましたが苦笑

 

前述のとおり骨格診断では人間の体型は大きく分けて3タイプに分けることが出来ます。各タイプの簡単な特徴とそのタイプに属する有名人を記載しますので自己診断をしてみてください。

 

ストレートタイプ

  • 胸板が厚い
  • 腕・脚・首にあまり長さを感じない
  • ヒップの位置が高い
  • 体力がある、ありそうと言われる
  • 真面目に見られる

ストレートタイプに属する有名人は市川海老蔵、香川照之、高橋克典、本田圭佑等。例えるならば「正義の味方」、「悪の親玉」、「健康優良児の元気印」なんていうのがイメージとして持たれやすい。人間の体を構成するのは筋肉、脂肪、骨。この中で筋肉の印象が一番強く感じるのがこのタイプ。

 

ウェーブタイプ

  • 胸板が薄い
  • 胴長
  • 筋肉が付きにくい、ついても細マッチョ
  • 指が女性のように細い
  • 体力があまりない、なさそうに見られる

ウェーブタイプに属する有名人は綾野剛、西島秀俊、福山正治、堺雅人。例えるならば「甘いセリフの似合う恋人」タイプ。そのためジャニーズのタレントにこのタイプが多いのが特徴。また筋肉、脂肪、骨の中では脂肪の印象が強いのがこのタイプ。

 

ナチュラルタイプ

  • 身体に対し腕・脚が長い
  • 身体に対し手・脚が大きい
  • 顔のどこかに骨感がある(彫が深い、鷲鼻、えらが張っている)
  • 自由人、クリエイティブなイメージを持たれる
  • 野性的な雰囲気があると言われる

ナチュラルタイプに属する有名人は浅野忠信、阿部寛、桐谷健太、平井堅。例えるならば「自由人」タイプ。遅刻常習犯でも許されてしまうのもこのタイプ。筋肉、脂肪、骨の中で骨の印象が一番強いのがこのタイプ。

 

 

自己診断はどうでしたか?「ファッションは自己満足だ!似合うなんて関係ない」という方もいるはず。

 

スーツファッションにおける他人から評価されるオシャレとは「リッチでマッチョでスマートな男性像」を表現することスマートな知的な男性像を表現してくれるのが統一感。統一感はアイテム同士の統一感だけに及びません。着ている服と着ている人との調和、統一感も重要ファクターなのです。

 

他人からの評価も得たいなら自分に何が似合うか知っておいても損はありませんよ。他人から褒められたほうが結果的に自分の満足度も上がりますからね。

 

今年のトレンド素材とは

スーツのトレンド解説でも触れましたが、今年の大きな流れというべきキーワードは「装飾性」。紺無地のスーツに、同じく無地の白か青シャツ、ネクタイも無地か小紋柄のネクタイ...といった南イタリアを起因とするクラシコイタリアが世に浸透して10年余り。

 

その反動がじわりじわりと表層化して着ているのが2017年秋冬。徐々にシンプルなファッションが「普通」に感じ、ちょっとした「脱シンプル」に価値を感じているのが今の時代の気分なのです。シンプルな素麺に飽きてきて、ちょっと凝ったものが食べたくなる夏休みの小学生みたいなんものです(笑)

 

装飾性のある素材とは...簡単に言うと季節感を強く感じる素材の事。1年中使える素材の表面は比較的平面なモノ。クローゼットのスーツを見ればわかるはず。一年中着ているスーツに限って表面がツルツルしているのに気づくでしょう。

 

冬の素材は体温を逃さないために表面に毛羽が立てたり、凹凸があったりと表面に通年素材と比べて装飾性を感じるものです。

 

代表的な素材はツイード。ハリスツイードが有名。おじいちゃんが冬場に着ているジャケット...というとイメージが付くでしょうか?

ハリスツイード

photo by http://www.freaksstore.com/blog/kashiwasm/assets_c/2014/12/%EF%BC%91%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%84%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%89%E3%80%80%E7%94%9F%E5%9C%B0-thumb-500×500-104165.jpg

フランネル。表面に毛羽が経っているのが特徴。

フランネル

photo by http://www.fukudatailor.jp/mg_fukuda/canonico071.jpg

他にはコーデュロイ。縦方法の畝が特徴、畝の太さにもバリエーションがあり細い物を細畝、太い物を太畝と呼びます。

コーデュロイ

photo by https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%80%80%E7%94%9F%E5%9C%B0&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiEiZrK2tjWAhVIx7wKHZE1CwYQ_AUICigB&biw=1607&bih=766#imgrc=fx3AlqJT5Mv4EM:

 

こういった生地が着こなしにさりげなく装飾性を加えてくれる素材。こういった素材感を取り入れることでプラス方向にファッションを差別化できます。

 

...ただ、それがあなたに似合うかは別の話。時代の価値観をいち早く取り入れ差別化しつつ、自分に似合う着こなしを導く理論を提供するのがバージョンアップしたこのSuitLabo。このブログを読んでもらったからには洋服を買うのに1円も無駄にさせません。

 

では骨格診断別似合うトレンド素材解説に参りましょう。

 

ストレートタイプが似合うスラックスのトレンド素材

ストレートタイプの体の特徴は何と言っても「筋肉の張り」。「リッチでマッチョでスマートな男性像」を裸の時点で「リッチでマッチョ」まで表現出来ている羨ましい体型。筋肉は肉体的豊かさだけでなく、その健康さが経済的安定すら感じさせるのです。

 

その反面筋肉の膨らみが横幅を大きく感じさせスタイルダウンしやすいのも特徴。そのため筋肉の張りを押さえるべくハリのある素材は必須。また、筋肉のツルっとした印象との統一感を出しスマートな男性像を演出するには素材も同じく表面感がツルっとしたフラットな生地がベスト。

 

ここまで説明すると勘の良い方は気づいたはず。そう。ストレートタイプは表面に装飾性のないフラットな生地が似合うのです。

 

装飾性が肝と言っておきながら...似合うトレンド素材と銘打っていながらいきなりこれは申し訳ない苦笑

 

「ストレートのオレはトレンドを取り入れるなってことかよ(;゚Д゚)」という方もいるでしょう。

 

でもこれもオシャレになるのには必要な事。幅広くトレンドやオシャレテクニックを知りつつ、自分に似合うモノだけを選び抜いていくのが本当のオシャレなのです。似合わないオシャレって「オレ、オシャレしてるんだぜ~」感が出てしまいチャラく感じたり、品のない印象を出してしまいます。

 

自分自身と調和しながら、周囲や時代の最新の価値観をさりげなく取り入れるのが誰からも称賛される自然なオシャレなのです。

 

とはいえ、似合わないの一言で済ますのも味気ないモノ。素材感で装飾性が出せないなら、他の要素で装飾性を出せばいいのです。

 

例えば柄。ストレートタイプの体から導き出されるのは何度も言いますが筋肉。筋肉から導き出されるのは「真面目さ」と「力強さ」。規則的で大きな柄はストレートタイプと調和しスマートさを演出すると同時に装飾性を獲得し周囲と差別化できるのです。

 

ウインドーペーンは規則的で大きい柄の代表格。ちなみに「真面目」なイメージだから規則的。「力強い」から大きい柄という翻訳構図です。

guウインドーペーン

photo by http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/293938

トレンドの文脈さえ押さえておけば「アレが似合わないならコレ」と応用を利かすことが出来るのです。画一的に「今年は表面感がある素材がトレンドなんだ」と理解してしまうと似合わない時に行き止まりになってしまうもの。クラシコイタリアの反動としての「装飾性」トレンドという文脈を理解していればいくらでも「似合うトレンドアイテム」を探し出せるのです。

 

「オシャレ」と「似合う」の二つの文脈で服を見ることで似合うわない無駄な買い物をなくしつつオシャレの選択肢を広げること出来るのです。

 

ちなみに画像に使っているのはguのウインドーペーンスラックス。guの超大型店のみの展開ですが「オシャレで似合う」を手ごろに実感してもらうのには良品です。自分は全店展開のグレンチェックを持っていますが、化繊でありながらウール見えしシルエットもまずまずの良品です。

 

超大型店は確か横浜にあったかな?お近くに住んでいる人は試着だけでも価値ありです。通販サイトにも掲載されていたのでストレートタイプの人はポチって見るのも良いでしょう。気にいらなかったら返品すれば良いだけですからね。

 

ウェーブタイプが似合うトレンドスラックス素材

ウェーブタイプの体の特徴は脂肪から感じる柔らかさ。脂肪と言ってもデブとかそういうわけではありません。むしろ細身の人が多く、その細さから軽やかさを感じるのもウェーブタイプの特徴の一つ。ちなみに僕もウェーブタイプ。

 

身体が薄いため、ゴワゴワした素材や凹凸の強い素材はその存在感に負けてしまい統一感が取れないのが欠点。つまりツイードは×。ウェーブタイプは柔らかく、軽やかな素材で統一感が生まれ知的な男性像を表現できるのです。

 

そのため柔らかくふわっとした質感のフランネル素材とは調和しやすい。手ごろなフランネルが見つからなければ起毛している柔らかい素材を選べば十分調和を取れます

 

また、コーデュロイも条件付きで○。強い凹凸はウェーブタイプのソフトさが調和しないため細い畝のコーディロイで尚且つ柔らかい素材なら統一感を作ることが出来ます。手ごろなところではguのコーデュロイパンツ。

細畝コーデュロイ

photo by http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/290757-34

スキニーシルエットなので職場は選びますが、ウェーブが苦手とする固い素材のチノパンと履き比べれば似合うモノと似合わないモノの違いを実感できるはず。

 

ナチュラルタイプが似合うトレンドスラックス素材

ナチュラルタイプから感じるのは骨感。骨から感じるゴツゴツ感がラフさや荒々しさといった雰囲気を導き出します。

 

そんな雰囲気と統一感を作り出すのが同じくガサガサ、ごそごそしたワイルドな素材感。コーデュロイを例に挙げてみても似合う素材感は正反対。ウェーブが細畝の柔らかい素材感が似合ったのに対して、ナチュラルタイプは凹凸のしっかりした太畝のコーデュロイ。

 

ナチュラルタイプが似合うコーデュロイも手ごろな価格で手に入れることが出来ます。

ユニクロコーデュロイ

phto by http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/402770

こちらはユニクロの「スリムフィットコーデュロイパンツ+E」。guのコーデュロイと拡大して見比べるとその畝の太さの違いは分かるはず。ウェーブタイプとナチュラルタイプでユニクロとguの梯子が出来る人はこの二つの履き比べをぜひ。

 

「同じコーデュロイでここまで違うのか...」と驚くことでしょう。

 

他にはカジュアルダウンになりますがこちら。

ユニクロワイドチノ

photo by http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/401317-32

こちらもユニクロ「ワイドフィットワンタックチノ」...こうやってユニクロばかり紹介するとステマと思われがち苦笑

 

理論は実践して初めて肉となり血となります。そしてオシャレになるのを阻むのが「実践」。SuitLaboでは実践のハードルを限りなく下げるべく、全国どこにでもあり、低価格で店員も声をかけてこないユニクロやguのこれぞという商品を紹介しているだけなのです。

 

...で、話を戻すとチノパンはもともと軍服をルーツに置く素材。そのルーツから感じる荒々しさがナチュラルタイプが持っている雰囲気と見事に調和するのです。しかもこのチノパンはダメージ加工とタック付き。

 

ダメージは生地の表面に表情を生み出す、タックは腰回りに表情を生む。どちらも今シーズンのキーワードである「装飾性」をもたらしてくれるのです。

 

今回は以上。「似合う」理論を加えてバージョンアップしたSuitLaboいかがでしたでしょうか?感想・リクエストありましたらページ下部からメッセージ頂ければと思います。

 

また、無料メール相談もやっていますので個別に相談したい方はこちらをご利用ください。似合う理論を加えてパーソナル性が増したSuitLabo。「何を着ればいいのか分からない」、「何を買えばいいのか分からない」、「どう着たらいいのか分からない」どんなご相談でもメールいただければ無料でお答えします。

 

実践しない理論は机上の空論です。あなたの「実践」お待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。


コメント

Comments are closed.