財布にお金をかけるのはもったいない?お金をかけるべき財布とは?

現役ショップスタッフの鶴田です。

お財布にはお金をかけすぎないのをおすすめします。

実は財布にお金をかける...というのはコスパが悪い。

とはいえ、お財布にお金をかけたい人も多いはず。

今回はコスパの良いお財布解説です。

 

高級品でもたくさん使えば、実は割安に

当サイトでは、お金をかけないオシャレを提唱しています。

とはいえ、お金がかかるorかからないを判断する基準は購入価格ではありません。

「買った金額÷使った回数」した時、つまり1回使う辺りのいくらだったか?というのが、お金がかかるorかからないを判断する基準となります。

購入金額が安くても、使った回数が少なければ、1回使う辺りの金額は割高。
購入金額が高くても、数年毎日使えば、1回使う辺りの金額は割安。

高い服や小物でも、たくさん使えば中長期的に見ると、1使う辺りの金額は割安つまりお金のかからないオシャレなのです。

お金がないからって、「全身UNIQLO」、「買い物はファストファッションだけ」しか選択肢がないっていやじゃないですか?

少なくとも私はイヤです。

世の中には

  • ファッショントレンドの源流を作り出す「ラグジュアリーブランド」
  • 他社と圧倒的な差別化を図ることが出来る「デザイナーズブランド」
  • ベーシックでありながら細部まで作りこまれた「クラシック系ブランド」

など、着こなしに「格」や「奥行き」を加えてくれる極上ブランドが数多くあります。

お金がないから...と言って、極上ブランドをあきらめてしまうのはもったいない。

私はお金がなくても「ファッションのピン(ファストファッション)からキリ(ラグジュアリーブランド)まで楽しめる買い物スキル」を広める必要があると思っています。

全身UNIQLO、全身ファストファッションでも、オシャレは十分楽しめますが...。

そこはあくまで入り口。

これより深みに行くにはお金も必要な...でも服にかけれるお金がたくさんあるわけでもない。

そんな時に「買った金額÷使った回数」で高いか安いかを判断するスキルが役立つはずです。

お金がなくても、もっとファッションの奥深い世界を楽しめるような世界の創造の一端を当サイトが担えれば...という思いで、このサイトを運営しているわけです。

たくさん使いたくても、高級品はデリケート

高級品でもたくさん使えば、1回使う辺りは割安。奮発した買い物をする価値もあるのですが...。

実は「たくさん使う」にあたっての障害が高級品にはあるのです。

それは、「高級品こそ脆い」ということ。

高級品は嗜好品です。

ゆえに機能性ではなく、見た目をとことん重視して作られます。

見た目を重視すると、素材はとことん繊細なものを使われる傾向にありますね。

残念なことながら、耐久性が低い繊細な生地ほど、表情は美しいのです

美しい半面脆い。

すぐに毛玉になったり、スーツならお尻周りがテカってしまったり、薄手のTシャツならちょっとした摩擦で穴が開いちゃったり...といった感じですね。

高級品だからこそ、たくさん着て1回使う辺りの金額を安くしたいのに、デリケートゆえにたくさん着るとすぐに傷んでしまう。

そんなジレンマを追っているのが高級品なのです。

小物こそお金をかけるべきアイテム

たくさん着て、1回使う辺りの金額を安くしたいのに、デリケートゆえにたくさん着れないのが高級品。

「やっぱり貧乏人には、高級品は無理なのかな...」

そこで小物です。

小物...つまりお財布や靴、カバン、腕時計が代表的ですね。

お財布や靴、カバンに使われることが多いレザーは、高級品でも比較的丈夫であることがほとんど。

レザーは丈夫なだけでなく、使い込むことでエイジングつまり経年変化で味わいが増す特性があります。

photo by https://www.herz-bag.jp/material/aging/

さらにカバンや靴、加えて腕時計は修理できることも多い。

しかも小物って流行に左右されにくい。

私のような流行を追う立場にあるショップスタッフですら、小物は5年選手、場合によっては10年選手なんてこともざらなのが小物なのです。

丈夫だし、場合によっては修理できるも多く、たくさん使うと魅力が増す上に流行に左右されにくい。

「買った金額÷使った回数」で考えた時に、これだけたくさん使うことに向いているアイテムはほかにありません。

小物こそお金をかけるべき。高級品を買うなら、小物なのです。

高級品なら、万が一途中でいらなくなっても、高く売ること出来るでしょう。

新しい高級品を手に入れる軍資金にもなるはず。

しかも、靴は例外ですが、小物ならサイズも関係ないため、メルカリでも買い手が付きやすい。

メルカリで検索して、気に入ったものがあったけどサイズが自分のサイズじゃない...なんてケース結構あるでしょ?

小物は、サイズがないため、販売の機会ロスも少ないのです。

売るにしても、長くたくさん使うにしても、小物にはお金をかけることをおすすめします。

財布はお金を払う時しか見えない

小物は丈夫・修理が効く・流行に左右されにくい。

だからたくさん使える。

たくさん使えるからこそ「買った金額÷使った回数」で考えた時に高級品でも1回使う辺りの金額は安上がりになる。

.....わけですが、小物の代表格である「財布」には、お金をかけすぎないのをおすすめします。

だって、お財布ってお金を払う時しか見えないでしょ?

いくら毎日使うお財布でも、お会計の時しか見えない、つまり外見に影響を与える時間が短いアイテムにはお金をかけるべきではありません。

お金をかけるなら、常に見える部分もしくは目立つ部分に身に着ける小物にお金をかけることをおすすめします。

「買った金額÷使った回数」で考えた時に1回使う辺りが安上がり、かつオシャレに影響を与える時間が長い物を、選ぶことで費用対効果が最大化するのです。

財布にお金をかけるなら、ネックウォレットがおすすめ

お会計の時しか使わない・見えない財布には、お金をかけるべきではありません。

...とはいえ、「お財布こそお金をかける」みたいな文化があるのも事実。

接客業という仕事柄、お客様の財布を見る機会が多いのですが、お財布の「ハイブランド率」はかなり高いのです。

ヴィトンの財布を持っている高校生も結構見かけますもんね。

お財布にお金をかけるなら、「常に見えるお財布」をおすすめします。

「常に見える財布?なんじゃそりゃ」

最近は、キャッシュレスの文化が広まっています。

それに伴いお財布が小型化。小さくなってきたことで、「ネックウォレット」という首にぶら下げるタイプの財布がトレンドになってきています。

photo by https://aucfree.com/items/e332422106

画像の財布はスマホケースも兼ねているのでちょっと大きめ。

もう少し小さめのサイズがネックウォレットの場合、主流ですね。

首からぶら下げる故に、常に人目に触れ、オシャレに影響を与える時間も長いのがネックウォレット。

お財布ゆえに、使う回数はほぼ毎日。

毎日使って、常に人目に触れる...「買った金額÷使った回数」で考えた時に、これほど元を取れるアイテムはなかなかないはず。

高級品でも、1回使う辺りはかなり割安になり、お金のかからないオシャレになることでしょう。

しかもネックウォレットは、小振りゆえにお値段も手ごろ。

国内ブランドなら1万円、ハイブランドでも5万円ほど手に入ります。

「財布に5万円って高くない?」

確かに一時に出費としては5万円は大きいですが、長財布だとハイブランドの場合7~10万円くらいが相場。

相場の最大半額位の出費で極上品が手に入り、毎日使うゆえに「買った金額÷使った回数」で考えると、1回使う辺りの金額は割安。

しかも、通常のサイズよりもオシャレに影響を与える時間が圧倒的に長い...となれば、かなりお得な買い物。

中長期的に考えると、お金のかからないオシャレであることは理解できるはず。

お財布にお金をかけたい派の人は、ぜひネックウォレットを。

極上の素材感が着こなしの「格」をあげてくれることでしょう。

今夏はここまで最後まで読んでいただきありがとうございます。