財布を辞めてマネークリップにしてみました。コンパクトで手ぶら派におすすめ。ちょっと使いにくいけど節約になるかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

思い切ってお財布を辞めてマネークリップにしてみました。そこでマネークリップを選んだ理由と使ってみた感想を記事にしてみましたので「マネークリップにするかどうか悩んでいる」人は参考にしてみてください。

 

マネークリップ代わりに使っているのはネクタイピン。
f:id:hij20120525:20180405113435j:image

 

これにSuicaと保険証・免許証・図書館の利用券・長男がくれた手作りプレゼントカード、これに少しばかりのお札を挟むことにしました。

 

もともとはブランド物の長財布を利用していたのですが...。

 

手ぶら主義の僕には長財布は大きすぎる。かといって二つ折りの財布の財布をお尻のポケットに入れると後姿がパンパンで不格好。

 

アッ...そうそう、男性の腰痛の原因の大半は、お尻のポケットに財布を入れた状態で座ることにあるみたいですね。なんでも、お尻の左右の高さが違ってしまうのがいけないのだとか...。

 

今の財布と同じくらい、もしくはちょっと劣るくらいの収納力でかさばらない小さい財布を一生懸命探していましたが

  • デザインがいまいちだったり
  • 小さいんだけど三つ折りで厚みがあったり
  • 収納力が低かったり
  • そもそも高かったり

なかなかいいものが見つかりませんでした。

 

 ちなみに5万円台ですが「ミニ財布」で今ファッション関係者に人気なのはこれですね。

 

これも十分コンパクトですが、「もっと薄くなきゃいやだ」というわがままっぷりを僕は発揮してしまっております。

 

 

理想のモノが見つからないときは発想の転換をしてみる

理想をアレコレ言って「もっとここが○○だったら」・「ここが△△だったら買ったのに」

 

ショップスタッフの僕から言わせれば、これって「理想が高すぎてそんなものなんてない」パターンですね。一から作るオーダーメイドじゃないと無理なパターンですよ。

 

いや、オーダーだと今度は「高い」なんて言って買わないパターンですね。

 

そう、僕の財布もこのパターンでございます。

 

薄々感じてたんですよ。「収納力が高いのに、ものすごい小さい財布なんて無い」なんてことは。だって物理的に無理ですからね、そんなこと。

 

モノをたくさん入れるには大きいスペースが必要なのは当たり前。当然、収納力を求めれば財布は大きくなってしまいます。

 

そこで発想の転換をしてみました

 

「高い収納力の財布ってホントにいるの?」と自問自答してみたんですね。

 

僕の財布のスペースの大半を占めるのはカード類。TSUTAYAのカードに、スーパーのカード、洋服屋の会員カードにクレジットカードに診察券といった感じ。

 

まずはスーパーのカード。スーパーで買うのは大半は食材なわけですが、我が家は食材のほとんどをネットスーパーで購入しています。スーパーを使うなんて、時々。ポイントカードを持っていたところでポイントなんて全然貯まらないわけです...よって不要。

 

次にTSUTAYAのカード。ここ1年近くDVDのレンタルなんてしないし、コンビニもたいして使わないからTポイントを貯めても、たいして貯まらない...よって不要。

 

洋服屋の会員カード。洋服屋だけど僕はめったに服を買いません。しかもたいていの洋服屋の会員カードはアプリと統合できるものがほとんど。カード現物を持つ必要はありません...よって不要。

 

クレジットカード。僕のクレジットカードはキャッシュ一体型で我が家のお金の管理は妻がしてくれています。僕がカードを持つとお金の管理を妻がしにくくなり、我が家の効率・生産性が低くなってしまいます。よって僕が持つ必要なし。

 

診察券。家においておけばいい話です。万が一忘れてしまっても、名前を伝えれば支障なく診てもらえることがほとんど。よって不要。

 

な~んだ。収納力の高い財布なんていらないじゃん。

 

本当に必要なものはちょっとしかないのです。精査した結果、僕に必要なカードはSuicaと保険証と免許証だけ。

 

こんなに携帯する必要のあるものが少ないなら、「極限まで小さい財布にしよう」と思いマネークリップに行きつきました。

 

財布に入れるより、現物そのままでもったほうがコンパクトですからね。マネークリップを買うのも癪だったので、手持ちのネクタイピンで代用。こっちのほうが洋服屋っぽい...気がする。

 

あえてコインケースを持たないでみる

せっかくここまでコンパクトにしたなら、コインケースは持たないでいようと思います。

 

「それって不便じゃない?」

 

そう、不便です。でも、この不便さが良い。

 

僕は根っからのめんどくさがり。

 

めんどくさくて、

  • 小銭がジャラジャラ出る買い物はめんどくさくなってしなくなるはず
  • クリップからお札を抜くのが面倒でそもそも買い物自体しなくなるはず

 

マネークリップに束ねている順番は一番上がお札・その下に免許証・それより下は適当です。

 

お札がなくなってしまうと、今と全然違う髪形で写っている免許証が露わになります。免許証が露わになるのが恥ずかしくてお札を消費するのを避けるようになるでしょう

 

不便だからこそ、なるべくお金を使わないように節約できるはず。

 

でも念のためSuicaに500円くらいはチャージしておくかな(笑)

 

小さい買い物はSuicaが使えるお店、近くになければ探す必要が出てきます。それがめんどくさければ、買い物はあきらめて節約になるはず。

 

クレジットカードも持っていませんから、基本は目的買い。目的の物を「小銭が出ないようなギリギリの金額」だけ持って出かけることになるでしょう。

 

これなら余分な物も買わない・買えない。目的買いをするには下調べも必要だから買い物の失敗も減るでしょう。うん、これも節約になる。

 

ちょっとした不便で収まるような物欲は、「大して欲しくない」からでしょう。お金周りを不便にして「本当に欲しいもの・必要なもの」に囲まれた生活をしていこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。


コメント

Comments are closed.