マネークリップのメリット・デメリット。財布からマネークリップに変えて約一種間の感想報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

約一週間前にふと、財布からマネークリップに変えてみました。

 

その辺の経緯はこちらを読んでみてください。

※参考記事

財布を辞めてマネークリップにしてみました。コンパクトで手ぶら派におすすめ。ちょっと使いにくいけど節約になるかも。

 

こちらの記事を書いたところドドッとブログの読者登録をしていただいた人が増えたわけで...ありがたい限りです。そんなこともあったので「マネークリップ&小銭入れはあえて持たず」な生活もそろそろ一週間を迎えたので使い勝手の感想をつづってみます。

 

マネークリップのココがメリット①圧倒的な軽さ・コンパクトさ

とにかくコレですよ、マネークリップの最大のメリットは。

 

下には他のメリット・デメリット書いてますけど、そんなの吹き飛んじゃうくらいコレがメリット。

 

もうムチャクチャ軽いですよ。試しにカードを数枚とお札を数枚、裸でポケットに入れてみてください。

 

メチャメチャ軽いし、コンパクトでしょ?

 

これでお出かけできちゃんだから、手ぶら派の僕はもうウッキウキですよ。バッグ派の人もバッグを1ランク小振りにしても問題ないはず。圧倒的に身軽になれますよ。

 

洋服屋の僕としてはジャケットの胸ポケットやパンツのお尻のポケットに入れてもシルエットが崩れないのも嬉しいところです。

 

これから暑くなって、トップスはTシャツ・パンツはスキニーパンツ...なんて人はスキニーパンツのポケットにお財布を入れるのはなんとも大変。ポケットがモコッとして膨らんでシルエットも崩れちゃいますからね。

 

薄着になる夏も手ぶらでいたい人にもマネークリップはおすすめですね。

 

 

マネークリップのココがメリット②支払いがスムーズ

お財布の場合、支払いの時は

  1. ポケットから取り出す
  2. パカッと財布を開く
  3. 財布の札入れを確認
  4. お金を取り出す

という動作をするわけですが。

 

マネークリップの場合、ポケットから取り出したらすでに裸のお札があるわけですからね。財布でいうところの動作2&3を省略できちゃうわけから支払いがものすごくスムーズ。

 

特にスムーズなのがSuicaとか電子マネーを使うとき。お財布にSuicaを入れておくと、改札で「ピロ~ン」「バッターン」な感じでちゃんと読み取ってくれなくて改札に捕まっちゃうことありません?

 

マネークリップの場合、Suicaがむき出しだから、読み込みがスムーズ。以前はSuicaでジュースを買うときに財布の中だと読み取ってくれず、いちいち財布から出していたんですが。

 

マネークリップの場合そんな必要なし。

 

もうほんとにワンタッチですよ。マネークリップに変えたとたん、電子マネーでの支払いストレスが一気にゼロになりましたね。

 

マネークリップのココがデメリット①軽すぎて最初のうちはヒヤッとする

サイフをマネークリップにしたら、あまりのコンパクトさ・かさ張らなさに「サイフ忘れた!?」とヒヤヒヤ。このヒヤッと感を今日だけでもう5回くらい味わっております 苦笑

 

これは1番上に書いたメリットの裏返し。マネークリップに変えてから初めての外出は何回もヒヤッとしさせられました...。

 

軽すぎて「持っている」感が全然ないんですよ苦笑

 

「持っている感」が全然ないもんだから、ふと財布のことを意識した時に「アレっ!?家に財布忘れた??」→「あ~、マネークリップにしたんだったわー。ちゃんと胸ポケットに入ってるわー」

 

出かけて30分くらいしかたってないのに、このループを5回くらい繰り返しましたね。

 

いや~、財布忘れたときのヒヤッと感。あれは嫌なものですよ。

 

でも人間やっぱり慣れてくるもので、昨日出かけたときは「ヒヤッとループ」ゼロでした。多分ヒヤッとするのはマネークリップに変えた初日位ですね。

 

マネークリップのココがデメリット②やっぱり小銭入れがあったほうがいいかも...

僕はあえて小銭入れを持っていません。

 

小銭入れを持たなければ

  • 小銭がジャラジャラ出る買い物を避けるようになって節約できる
  • 少額の買い物は電子マネーが使えるお店しか行かなくなる→ 近くになければあきらめて節約になる

こんな節約効果が出ると思ったんですね。

 

実際、小銭が出るような買い物を避けるようになって節約になっているんですが...。

 

問題は小銭が出てしまった時。しかも大量に。

 

もうね、ポケットでジャラジャラうるさいわけですよ。ジャラジャラうるさいから「この小銭をなんとかせねば」な欲求が沸々と湧いてくるんですね。

 

小銭を減らすために「小銭消費の買い物」をしたくなっちゃうわけです。小銭を減らすために買い物するなんて、ビンボーな我が家じゃありえませんよ。

 

節約のために「あえて」小銭入れを持っていないのに、小銭入れがないから、小銭を使いたくなっちゃう...なんて本末転倒ですよ。

 

小銭が大量に出ても、ストレスを感じないように小銭入れを持つのもいいかな~なんて思い始めています。

 

 

 

今回はこんな感じで。マネークリップに変えて一週間経過のレポートでした。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。