スーツに合う時計のデザインはどんなの?クールビズもオシャレ度ランクアップの時計選び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スーツに合う腕時計

現役販売員の鶴田です

 

腕時計は、クールビズをオシャレにしてくれる重要アイテムです。ビジネススタイルに相性抜群の腕時計選び指南です。

 

時計屋さんでは教えてくれない必見の内容ですよ。

 

 

スマホの影響?腕時計をしないサラリーマンが増えている

通勤途中に電車の中のサラリーマンの手元を観察してみたら、5人中1人くらいしか腕時計をしていないことに気づきました。

 

しかも、腕時計を付けているサラリーマンは、大抵50代以上の人がほとんど。40代以下のサラリーマンに、限れば腕時計の着用率はさらに下がることになります。

 

これって、完全にスマホの影響ですね。スマホの方が、腕時計よりも時間は正確。電池交換や修理など面倒なメンテナンスもいらない。

 

「時間を確認する」という機能性においては、圧倒的にスマホに負けてしまうのが腕時計。サラリーマンが腕時計をしなくなったのも、納得です。

 

 

なんですが...腕時計をしない人が増えた今だからこそ、腕時計をすることで、周りとオシャレの差別化をすることが出来るのです。

 

 

クールビズは、手首周りが寂しくなりがち

クールビズは、何かと寂しく見えがちです。ネクタイもしないし、ジャケットも着ませんからね。

 

特に寂しくなるのが、手首周り。

 

暑さ対策で袖まくりなり、半袖を着るなり、クールビズの手首周りには、なにも装飾がありません。

クールビズ失敗例

phot by http://item.shopping.c.yimg.jp/i/j/qwerty_30664

 

ただでさえ、ネクタイやジャケットがなくて、寂しく見えてしまうクールビズ。手首周りがガラ空きになることで、余計に寂しく見えてしまいます。

 

「手首なんて、たいして目立たないでしょ?」

 

首や手首、足首など末端は、視線が止まるところです。富士山もスカイツリーも一番印象に残るのは、頂上=末端ですよね。一番目立つところだからこそ、面積は小さくとも末端はファッションにおいて、印象を決める重要なパーツなのです。

 

ちなみに「間違った寂しさ解消方」は、かえってクールビズをダサくしてしまいます。詳しくは【オシャレなクールビズ】デザインしすぎなシャツは着ないのがコツ!物足りないときはベスト・ネクタイ着用解説しています。

 

 

自然と手首にアクセントを加えてくれるのが腕時計

身に着けるアイテム数が少ないため、寂しく見えるクールビズ。半袖なり、袖まくりなりで、手首がガラ空きになり余計寂しく見えてしまう。

 

その寂しさを解消してくれるのが、腕時計です。

 

画像を見比べても、腕時計をした方が、着こなしの寂しさが解消されているのがわかるはず。

クールビズ失敗例

phot by http://item.shopping.c.yimg.jp/i/j/qwerty_30664

スリーピーススーツ着回し例

phot by http://www.district.jp/blog/2017/05/-at-kyoto.htmly

 

「腕時計じゃなくて、ブレスレットじゃダメなの?」

 

男性のファッションは、「自然・着飾ってない」方が良しとされています。

 

実用性・機能性のないブレスレットは、どうしても「オシャレのためだけに着けている」感が出て、着飾った印象が出てしまいます。それに比べて、「時間を確認する」という機能性のある腕時計は、付けていてもごく自然。

 

夏にスカーフを巻くのは恥ずかしいけど、冬にマフラーは全然恥ずかしくありませんよね?機能性のないブレスレットよりも、機能性のある腕時計の方が、ごく自然に着こなしに装飾を加えることが出来るのです。

 

じゃあ、腕時計なら、何でもありか?っていうと...。スーツでの着こなしで大事なのは、「統一感」です。詳しくは、スーツをオシャレに着こなすために必要なのは、立体感、高級感、統一感の「3つの感」解説しています。

 

ビジネススタイルと、「統一感」を出せる時計を解説していきます。

 

 

ビジネスの基本はアナログ時計

ビジネススタイルは、「カジュアル」か「フォーマル」かと言われれば...「フォーマル」ですね。

 

となれば、ビジネススタイルと統一感が出るのは、当然「フォーマル」な時計。

 

腕時計のフォーマル度は

  1. アナログ>デジタル
  2. 文字盤が薄い・小さい>大きい・厚い
  3. デザインがシンプル>複雑
  4. 文字盤の配色は色の数が少ない>多い

という構図になります。

 

ファッションはぱっと見です。腕時計でぱっと見で判別できるのは、「デジタル」か「アナログ」か?ということ。文字盤がボンヤリとしか見えない下の画像でも、なんとなく「アナログ時計なんだろうな~」というのは、見分けがつくはず。

スリーピーススーツ着回し例

phot by http://www.district.jp/blog/2017/05/-at-kyoto.htmly

phot http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/polo/men/by

 

ぱっと見でフォーマル度の高さが伝わる「アナログ時計」がビジネスの基本です。アナログ時計の場合、他の2~4のうち一つを満たせば、スーツとの統一感が生まれます。

 

これ位が「文字盤が薄い」の目安。

スーツにあう腕時計

photo by https://www.google.co.jp/search?q=%E8%85%95%E6%99%82%E8%A8%88+%E8%96%84%E3%81%84&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi8ybfq-N7cAhUe9bwKHZDSC5AQ_AUICigB&biw=1366&bih=631#imgrc=Bh_F2yuOH2_2JM:

 

で、「デザインがシンプル」というのは、こんな感じ。

スーツに合う腕時計

photo by http://zozo.jp/shop/beams/goods/23037721/?did=43079776

 

逆にこんな感じなのが「複雑なデザイン」。ストップウォッチ機能がついていたり、文字盤に文字や目盛りが多くついているデザインですね。

スーツに合う腕時計

photo by http://zozo.jp/shop/echelleliberte/goods/8397696/?did=21949498

 

「色の数が少ない」の目安は、画像のように針以外の全体を1色で統一した配色。

スーツに合う腕時計

photo by http://zozo.jp/shop/rawlife/goods/11486817/?did=26813101

 

スーツの場合、全体の色の数を「1~3色に抑える」のが鉄則です。腕時計もどんなに色数が多くても2~3色以内にまとめるのが良いでしょう。画像のような色数の時計だと、ビジネス用としてはカラフルすぎですね。

スーツに合う腕時計

photo by http://zozo.jp/shop/lhp/goods/5027174/?did=15645963

 

 

デジタルもデザイン次第でアリ

ビジネスの基本はアナログ時計なわけですが...時間だけでなく、日付や曜日も確認できるデジタル時計が便利なのも事実。

 

デジタル時計もデザイン次第では、ビジネスで使うこともできるのです。

 

アナログ時計とは、逆にデジタル時計はパッと見の「カジュアル度」が高い時計。

 

スーツとの相性のいいデジタル時計のポイントは

  1. フォーマル要素を2個以上押さえる
  2. 小さい液晶画面

の二つ。

 

液晶画面が小さいと、デジタル時計特有のカジュアル感を押さえられます。おすすめは、CASIOの「データバンク」。下の画像と比べると、文字盤の大きさに対して、液晶画面が小さいのに気づくはず。しかも値段は、1万円程度で敷居も低い。

スーツに合うデジタル時計

photo by http://zozo.jp/shop/thecase/goods/24176422/?did=44690349

スーツに合う腕時計

photo by http://zozo.jp/shop/freaksstore/goods-sale/12353290/?did=28093503&rid=1203

 

 

 

それに加えて、データバンクは

  1. 薄めの文字盤。
  2. 色数が少ない配色

とフォーマル要素を二つ押さえたデザイン。

 

デジタル時計ながら、フォーマル要素が高くスーツとも統一感が出るのです。

 

 

今回はここまで。最後までよんでいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。


コメント

Comments are closed.