オシャレな靴下を履きたいなら、白ソックス一択の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
白ソックスコーディネートの好例

現役販売員の鶴田です。

 

春夏にユニクロでも大きく打ち出されていた踝が見えるアンクル丈パンツ。

ユニクロくるぶし

photo by http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/easyanklepants/men/?utm_medium=social&utm_source=twitter&utm_term=170315&utm_campaign=M_easyanklepants170315_01

 

春夏に買ったアンクル丈パンツを秋冬も延命するには、ソックス見せファッションが最適...なのは巷で実践している人も多く、ご存知の方もいるでしょう。

 

でも、こんな風に思ったことありませんか?

 

「どんなソックスを履けばオシャレに見えるの?」

 

そう。靴下を見せるのがオシャレなのは分かっているけど、どんな靴下を履けばオシャレに見えるか分からないのです。わずか数百円で手に入るソックスがそんな疑問を吹き飛ばしてくれる。今回はそんな内容です。

 

見せソックスなら白ソックスがおすすめ

当ブログで、かねてからおすすめしている「カジュアルでもスラックスを履きましょう」という提案。

 

スラックスは足の凹凸を拾わないシルエット。センタープレスと相まって人間の足を最もまっすぐ長く見せてくれるパンツ。胴長短足の我々日本人ならスラックスを仕事専用にしておくのは、あまりにもったいない。休日も履かない手はないでしょう。

 

でもスラックスを休日も履くとなると必ず付きまとうのが「仕事っぽくならないかな?」という不安。

 

スラックスを仕事っぽく見せないコツは、仕事用の逆張りコーディネートでスラックスの仕事っぽさを払しょくすること。スラックス単品では仕事っぽいから、仕事っぽくないアイテムをコーディネートして着崩しましょう。

 

で、靴下の話。スラックスに合わせる靴下の定番は無地の黒ソックス。それの逆張りとなると...。そう、白いソックス。

 

仕事では本来タブーとされている白いソックス。ビジネスシーンでは、禁じ手の白ソックスをあえてカジュアルシーンで使うことによってスラックスの仕事っぽさを払しょくしてくれるのです。

 

白いソックスを使った着崩しで最も代表的なのが「マイケル・ジャクソン」。

白ソックスコーディネートの好例

photo by https://i.ytimg.com/vi/6iKyQUi8HVs/maxresdefault.jpg

キメキメのタキシードスタイルは十分かっこいいけど、世界屈指のエンターテイナーであるマイケルジャクソンにはちょっと普通すぎる。本来、カジュアルな印象が強くタキシードにはタブーとされている白ソックスを合わせることで、遊び心溢れるスタイルに昇華しています。

 

ビジネスシーンやフォーマルシーンでは「間抜けっぽく」見える白ソックスも、カジュアルシーンとなるとその「間抜けっぽさ」が良い着崩しになる。

 

この白ソックス、ユニクロや無印では3足1000円程度で手に入るアイテム。

格安良品ソックス

photo by http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/401577-16

「2足は決まったけどあと1足が...」なんて時や「年末の出費が多すぎて当分服は買えないかな(-_-;)」なんて人は試しに1足購入してみては?

 

「ちょっとキメすぎかな?」・「ちょっと仕事っぽいかな?」なんて時、スラックスを履く時に足元に白ソックスを合わせてみてください。白ソックスのある種の間抜けさが、着こなしに絶妙な着崩しをもたらすことに気づくはず。

ローファー白ソックス

photo by https://vox.nevnum.com/wp-content/uploads/tumblr_ng400ox9qm1rsaahao1_1280.jpg

 

短足必見!足長効果をもたらすソックス

我々日本人は、残念ながら短足。

 

見せソックスは足元にアクセントを与えてくれると引き換えに基本的にパンツ~ソックス~靴までのラインを分断する着こなし。なかには「見せソックス」をすると短足に見てしまう...という人もいるでしょう。

 

足が長く見えるソックスの選び方は、パンツや靴と同系色のソックスを選ぶこと。

足が長く見えるソックス選び

photo by http://i7.wimg.jp/coordinate/7knj1e/20160225133600608/20160225133600608_276.jpg

同系色でまとめることでパンツ~ソックス~靴の境目があいまいになり、足が長く見えるのです。試しにクロップドパンツに黒靴を素足で履いた状態と黒いソックスを履いた状態で見比べてみてください。黒いソックスを履いた状態の方が足が長く見えるのを実感できるでしょう。

 

ただこのコーディネート。ちょっと地味なのが難点。白ソックスはアクセントになるけど、足が短く見える場合もある。同系色ソックスは、足が長く見えるけど地味。

 

白ソックスはじめ、足元のアクセントとなるソックスを合わす時は短すぎないパンツを合わせ、少しだけ見えるようにする。地味なソックスを合わす時は、足元以外にアクセントなる部分(柄物着たり、アクセサリーを付けたり)を作り、地味さを補ってあげるとバランスが取れる。

 

この画像はソックスの見える分量を少なくして、なるべくパンツ~ソックス~靴のラインを分断しないようにした好例。これくらいのちょい見せで十分ソックスがアクセントになっているのがお分かりいただけるはず。

ローファー白ソックス

photo by https://vox.nevnum.com/wp-content/uploads/tumblr_ng400ox9qm1rsaahao1_1280.jpg

 

こっちの画像は足長効果は十分あるものの足元は地味。袖にラインの入ったスウェットを合わせたり、サングラスをかける事で地味さを補っているのです。

足が長く見えるソックス選び

photo by http://i7.wimg.jp/coordinate/7knj1e/20160225133600608/20160225133600608_276.jpg

 

コーディネートによって「派手ソックス」が良いか「地味ソックス」が良いかは分かれるもの。個別のケーススタディは無料メール相談をしていますのでページ下部からお気軽にメールください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。