無印良品のオーガニックコットンクルーネック半袖シャツ・2枚組は、コスパ優秀の1枚でも肌着でも着れるTシャツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
1枚でも、下着でも着れるTシャツ

現役販売員の鶴田です。

 

無印良品の無地Tは、1枚でも着れて、肌着としても使える良品。

 

仕事の時はシャツの下に肌着として、休日は1枚で着れるTシャツが1枚わずか600円で手に入ります。

 

 

Tシャツの生地は、薄手が下着向き。厚手の生地は1枚で着る用

「肌着なのか、Tシャツなのか、見分けがつかん!!」なんて言う人も多いはず。

 

基本的に薄手のTシャツは下着専用。厚手のTシャツが1枚で着てもオッケー、と覚えておけば間違いありません。

 

お店で触ってみると、わかりやすいですが...。例えば、ユニクロの「エアリズムクルーネックT(半袖)」。これ位の生地感が「薄手」と思ってください。

Tシャツと、下着の違い

photo by http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/403523-00

薄い生地はカラダの線が目立ってしまいます。

 

例えば

  • ポッチャリ体型は、カラダのムチムチ感を拾ってしまう
  • やせ体型は、カラダの線を強調しすぎてガリガリに見えてしまう

 

あと、チクビがポチッと目立っちゃうのも難点。

 

その代わり、薄手だから重ね着しても通気性がよく、かさばらない。だから、薄手のTシャツは下着専用なのです。

 

逆に厚手のTシャツは、カラダの線を拾うことなく体型カバーしてくれます。だから、1枚で着てもサマになります。その分、厚手だから、どうしても通気性が悪く、重ね着すると着ぶくれしてしまう。下着として使うには、向いていません。

 

厚手の目安の一つは、ユニクロだと「クルーネックT(半袖)」。ユニクロのコラボライン「ユニクロU」のTシャツですね。

Tシャツと下着の違い

photo by http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409642-69

 

触ってみると、ガシッとした肉厚な質感なのがわかるはず。

 

1枚できるなら厚手、下着専用で着るなら薄手がいいわけですね。

 

となると、休日は1枚で。仕事ではシャツの下に肌着として着るなら「薄すぎず、厚すぎず」の生地感が理想となるのです。

 

 

オーガニックコットンクルーネック半袖シャツ・2枚組は、薄すぎず、厚すぎずの絶妙の生地感

無印良品の「オーガニックコットンクルーネック半袖シャツ・2枚組」。

1枚でも、下着でも着れるTシャツ

photo by https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4549738834311?searchno=4&sectionCode=S10218#&gid=1&pid=2

 

このTシャツ。ユニクロの「エアリズムクルーネックT(半袖)」よりも厚手で、「クルーネックT(半袖)」よりも薄手。

 

まさに1枚でも着れて、肌着としても着れる絶妙な生地感なんです。

 

 

1枚できるなら、色は黒一択!

1枚で着れるとはいえ、無印良品では肌着として販売されているのが「オーガニックコットンクルーネック半袖シャツ・2枚組」。

 

肌着として作られているため、1枚着専用のTシャツと比べると、どうしても透けてしまう。

 

1枚で着るなら、透けにくい黒がおすすめですね。

 

実は黒いTシャツって1枚で着ても透けないだけじゃなくて、下着としても優秀なんです。詳しくは無地のTシャツは「黒」が最強説!一枚でも着れて、シャツの下に着ても透けないで解説しています。

 

 

丸胴編みで、着心地の良い立体的なシルエット

ここまで語っておきながら、なんですが...。

 

実は、1枚で着れて、肌着としても着れるTシャツってそんなに珍しいモノじゃないんです(^-^;

 

ユニクロだったら、「ドライカラークルーネックT(半袖)」も、1枚で着れて、肌着としても着れる生地感のTシャツ。

1枚でも着れて、肌着としても使えるTシャツ

photo by http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/404132

 

このTシャツ、これはこれで、良いモノですが...シルエット・着心地ともに、より優れているのは無印の「オーガニックコットンクルーネック半袖シャツ・2枚組」。

 

抜群のシルエットと着心地を実現しているワケの一つが「丸胴編み」で作られたシルエット。

 

ほとんどのTシャツは前の生地と後ろの生地を、脇で縫い合わせた作り。自宅にあるTシャツのほとんどは、脇に縫い目=つなぎ目があるはず。ユニクロの「ドライカラークルーネックT(半袖)」も、この作り。

 

脇で生地を縫い合わせると、上から見た時に楕円形のような、やや平面的なシルエットになってしまいます。

無印良品の無地Tシャツはシルエット抜群

photo by https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A5%95%E5%86%86%E5%BD%A2&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiju4fN9pXcAhUOPrwKHde4C_EQ_AUICigB&biw=1366&bih=586#imgrc=Kp0DTUHIoDfJLM:

楕円形で横に広がってしまう分、どうしても太って見えてしまう。

 

「丸胴編み」は、脇で縫い合わせずに、最初から筒状に服を作る方法。

 

上から見ると、円形に近いシルエットのため、横幅が目立たず、すっきりとしたシルエットになります。しかも、生地のユトリが360度あらゆる方向に分散されるため、スッキリ見せつつ、ユトリのある着心地が実現できるわけです。

無印良品の無地Tシャツは抜群のシルエット

photo by https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E5%86%86%E5%BD%A2#mode%3Ddetail%26index%3D0%26st%3D0

 

 

オーガニックコットン=肌触りがいいではないけど...

無印良品の「オーガニックコットンクルーネック半袖シャツ・2枚組」。

 

商品名の通り、オーガニックコットンを使っているわけですが...。

 

収穫されるコットンそのものには、オーガニック綿でも普通の綿でも変わりはありません。
普通に栽培された綿でも、残留農薬はとても少ない

text by NPO法人 日本オーガニックコットン協会HP

 

農薬を使わないから、環境や農家の人にとって優しいコットンという側面が強いのが、オーガニックコットンなんです。オーガニックコットンだから肌に優しいとか、肌触りがいい...というものではありません。

 

なんですが...、この「オーガニックコットンクルーネック半袖シャツ・2枚組」。メチャメチャ肌触り良いです(笑)

 

着た時に、スッと肌になじむ着心地は、良質な肌着そのもの。着ているのは忘れるほどっていうのは言い過ぎですが、ずっと着ていたい抜群の肌触りですね。

 

無印良品には、試着用のサンプルが置いてあるので、ぜひ試着だけでもしてみてください。抜群の肌触りと、スッキリと見えるシルエットに驚くはず。

 

 

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。


コメント

Comments are closed.