1枚足すだけでオシャレになるニットを体型別に解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
モックネックストレートタイプ

現役販売員の鶴田です。

 

人間は面倒くさがりなものです。オシャレになるにしてもなるべく簡単に、なるべく手っ取り早く、なるべく気軽に...なんて思ったりしませんか?

 

今回はカジュアルスタイルをたった1枚のニットでぐっとオシャレになる方法を体型別に解説します。

 

手っ取り早くオシャレになるには

カジュアルにおいてもなるべく「スーツスタイルを保つこと」。当サイトでは服飾文化の歴史を紐解き、スーツが最も男性をオシャレに見せる服だと提唱してきました。まだ未見の方はこちらの記事を。スーツの歴史的背景とその役割から、メンズファッションの大原則まで理解できる内容を5分で読めるボリュームでまとめています。

 

スーツがそんなに素晴らしい服なら、休日も着ちゃいましょうよというのが当サイトの提案。

 

そんな話をすると必ず出るのが「休日もスーツ着たら変でしょ?」という意見。だからスーツをなるべく、スーツの状態を保ったまま着崩す。正確にはスーツスタイルを日常使いできるアイテムとスーツの状態を出来るだけ保ちながら入れ替える。

 

スーツスタイルの基本はスーツにシャツタイ、革靴。休日にこの着こなしをすれば「仕事?」・「休みなのにどうしたの?」なんて突っ込まれるのは明白。なので突っ込まれない程度にアイテムを入れ替える。

 

例えばシャツをTシャツに。革靴をスニーカーに入れ替えるとたちまちオシャレなカジュアルスタイルに変身。

guおすすめセットアップ

photo by http://www.gu-global.com/jp/lookbook/pc/style/17207001

でも何か忘れてません?そうネクタイを入れ替えていない。ネクタイもスカーフも巻物。

 

ビジネスにおいてノータイのスーツスタイルがいまいちイケてないのは長~いクールビズ期間で十分理解できているハズ。

 
同様に巻物のないカジュアルスタイルは「オシャレだけど、もう一声」な状態なのです。巻物で完成するのがスーツスタイル。ネクタイをスカーフに入れ替えることでオシャレさが格段に増すのです。

タケ先生スカーフ

photo by https://scontent-lga3-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/19623096_755697417944174_2184680225151909888_n.jpg

 

 

とはいえ巻物をするのはなんだか恥ずかしい...なんて人が大半でしょう。そこでおすすめなのがタートルネックやモックネックのような首に高さのあるニット。

タートルネック

photo by http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400624-00

タートルネックは上の画像のように首を覆うデザインのニット。モックネックは別名ハイネック。タートルネックよりも首が低く、のどぼとけ付近に届くかどうかくらいの襟の高さが特徴。

モックネック

photo by http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400335

首回りに生地を纏うことで装飾性を加えてくれて、スカーフの代わりを果たしてくれるのがこれらのニット。防寒目的で着用する人がほとんどのため、スカーフと比べて着るハードルが圧倒的低いのがなんともうれしいところでしょう。

 

「でも、試着してもなんかしっくりこなくて買えないんだような...」という人の為に今回は体型別で似合うタートルorモックネックを解説します。

 

これに用いるのは骨格診断。骨格診断とは人間の体型を3タイプに分類し、各体型の特徴を踏まえ似合うアイテム、着こなしを導き理論。骨格診断士の私の妻のブログで各タイプの解説、自己診断記事がありますのでまずは自己診断を。

 

ストレートタイプに似合うのはモックネック

ストレートタイプの特徴を前後に厚みのある胸板。この胸板の厚さを活かせれば、男らしい頼りがいのあるスタイルに。生かせなければ厚みのある上半身が窮屈に見え太って見えることも。

 

同じ幅なら、長いほうがすっきり見える。この目の錯覚を利用して、胸板を活かしつつスタイルアップする。

 

そのコツは

  1. 上半身に長さを出すこと。
  2. 首回りを窮屈にしないこと。

 

上半身の厚みを活かせるのはタートルネックではなくモックネック。

モックネックストレートタイプ

photo by https://i.pinimg.com/736x/12/c4/3e/12c43ec917d703213d791c3f8113a83e–mens-fashion-suits.jpg

タートルネックはでは上方向に上半身に長さを出せる...けど胸板が厚いストレートタイプは首を全部覆うと窮屈そうに見える。モックネックの首を覆う面積は首の半分以下。モックネックは上半身に長さを作りつつ、窮屈さを感じさずストレートタイプに似合う。

 

ウェーブタイプは着こなしが肝

ウェーブタイプは細ければくびれが現れ、太ればおなかだけポッコリ。どちらにせよ正面から見ると緩やかに曲線を描くウエストラインを持つのがウェーブタイプの特徴。

 

緩やかな曲線は上半身を長く見せる。故に短足に見える(私もウェーブタイプ( ノД`)シクシク…)

 

ウェーブタイプを足長に見せるコツは

  1. 着丈を短くコンパクトにする
  2. 上半身に重ね着で細かくリズムを作る

 

モックネックにせよ、タートルネックにせよ上半身を1枚の生地で大きく覆うデザインは上半身の長さを強調してしまう。ウェーブタイプ場合、スカーフを巻いてリズムを作ったほうが上半身が間延びせずオシャレに見える...なんていうと元も子もないですね。

 

骨格診断は似合わない物を排除する診断ではありません。着たいものを「似合う」に導くテクニックを提示するのが骨格診断の神髄。

 

上半身を1枚で覆うと単調でスタイルダウンする。だったら2枚、3枚、重ね着をしてリズムを作る。リズムを作ることで長い上半身が細かく分断されコンパクトに見える。

 

タートルネックは首を大きく覆うので間延びする。首を覆う面積の小さいモックネックを使う。これにクルーネックのセーターを重ねて上半身にリズムを作る。

モックネックプラスニット

photo by http://i7.wimg.jp/coordinate/0ojqez/20150930122909125/20150930122909125_500.jpg

首回りが緩いモックネックなら中にシャツを着たり、スカーフを巻いてシャツの襟やスカーフをチラ見せするのも〇。

モックネックプラススカーフ

https://i.pinimg.com/736x/91/64/9c/91649c31c92bd60e01c95e25ac4c652d.jpg

「ずいぶんスカーフ推しだなぁ...」なんて思う方もいるのでは?

 

スカーフの代替え品になるモックネックやタートル。これを使えるのは寒い冬のうちだけ。チラ見せでも良いからスカーフを巻くことへの抵抗をなくしてしまったほうが季節が変わっても楽にオシャレが出来る...というものです。

 

胸板が薄いのもウェーブタイプの特徴。重ね着しても着ぶくれないのはウェーブタイプの強み。モックネックを使ったインナー重ね着コーデははウェーブタイプだこらこそできる着こなしなのです。

 

ナチュラルタイプはタートルネック

ナチュラルタイプは骨太だったり、関節周りに等に骨のゴツゴツ感を強く感じるタイプ。体型も首や手足の長いことも多いスタイリッシュな体型。

 

元々スタイルが良い骨格タイプでナチュラルタイプ。それを活かしつつ、骨格との統一感を作るのが重要大人のオシャレの秘訣は「リッチでマッチョでスマートな男性像」を着こなしで表現すること。スマートな男性像を表現してくれるのが統一感。統一感は服と服との間だけでなく、着る人と服の間にも作ることが出来ます。

 

ナチュラルタイプの特徴は骨のゴツゴツ感。これに調和する服を選ぶことで統一感が生まれます。ナチュラルタイプに調和するのがローゲージのタートルネック。

ローゲージタートル

photo by https://i.pinimg.com/736x/01/68/d6/0168d6ba9bafe9ba2e54e926c7760741–man-clothes-real-man.jpg

ローゲージとは太い糸でざっくり編んだニットの事。逆はハイゲージ。

 

ローゲージニットのざっくり感がナチュラルタイプの骨のゴツゴツ感との間に統一感を作ります。モックネックよりも首を大きく覆うタートルネックにすることで、首の長いスタイリッシュなナチュラルタイプの良さを生かすことが出来ます。

 

 

モックネックもタートルネックもファストファッションで気軽に手に入るアイテム。今回の記事を参考に試着だけでもしてみてください。「たった1枚でこんなにオシャレに変わるの」と驚きを覚えるはず。

 

 

無料メール相談やっています。骨格診断の自己診断に自信のない方、「モックネックorタートルネック欲しいんだけどおすすめは?」なんて方を自己診断で構いませんので骨格タイプ明記の上、ページ下部ののメールフォーマットからご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。