UNIQLOのエクストラファインメリノウールセーターレビュー!ロンTやスウェットより100倍オシャレ&大人っぽくなれるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ユニクロのメリノウールカーディガンはアパレル店員も驚きのクオリティ

家庭を持ったり、子供が生まれたり、30代になると「大人っぽく」見えるような服装を意識しだすものです。

 

僕だけ?いやいや、僕だけじゃないはず。

 

大人なのに子供っぽい。子供がいるのにお父さんなのに子供っぽい…っていうのも違和感ですよね。

 

 

大人っぽくなるコツはセーターを着るだけ

そう。大人っぽい見た目にするのは簡単なんです。

 

カットソーとかスウェットとかロンT着る代わりにニットを着るだけ。

 

「たったそれだけ?本当?」

 

 

ニットって歴史を遡ると…「カットソーの高級版」っていう歴史があるんですね。

 カットソーは「ニットの廉価版」っていうのが正しいかな。

 

世界史の授業を思い出して見てください…赤点ギリギリのめちゃくちゃ苦手科目だったけど。ヨーロッパで産業革命ってもありましたよね?

 

色んな産業に機械が導入されて大量生産が始まったわけですね。その時に手間暇がかかるセーターを沢山作る為に、産み出されたのがカットソー。

 

カットソーって簡単に言うと切って縫っただけの服。糸を複雑に編んで作り出すセーターと比べると簡易的な作り。

 

カットソーよりも複雑な作りだからこそセーターは「高級感」を感じる。

 

高級感は財力は感じさせて、財力は社会的地位を感じさせます。よって高級感は大人っぽさを出してくれるんですね。

 

f:id:hij20120525:20180320130754j:plain

photo by https://www.google.co.jp/search?biw=1821&bih=868&tbm=isch&sa=1&ei=ooiwWoDrNsGY0gSYlYLoAQ&q=%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%80%E3%80%80%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%97+%E3%80%80%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA&oq=%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%80%E3%80%80%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%97+%E3%80%80%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA&gs_l=psy-ab.3…28960.31092.0.31670.8.8.0.0.0.0.162.699.0j5.5.0….0…1c.1j4.64.psy-ab..3.0.0….0.Es6lM0461EY#imgrc=JrdJBxAJigf0vM:

これがカットソーでだとちょっと若くなる。

f:id:hij20120525:20180320131222j:plain

 

もちろん、カットソーが悪いというわけではなく、手っ取り早く大人っぽくするには服の歴史的にも高級感を感じさせるニットを着ちゃいましょうという話。

 

うんちく好きな僕はこんな洋服の歴史から見るファッション術が大好物なんですが...。

 

「歴史を語られても…」という人もいるでしょう。

 

服の歴史なんて知らなくても、ニットは見る人に高級感を感じさせるものです。

 

カットソーの代わりにハイゲージニット

ニットの「高級感」を1番感じるのがハイゲージニット。

 

ハイゲージニットっていうのは細い糸でコマ角編んだツルッとした表面のニット。

f:id:hij20120525:20180320125424j:plain

 

で、反対に太い糸でザックリ編んだのがローゲージニット。

f:id:hij20120525:20180320125502j:plain

 

画像を見るとハイゲージニットの方がツヤツヤしてるのがわかりますよね?

 

このツヤが「高級感」を感じさせるのです。ツヤ・輝きが強いほど高級である宝石と一緒ですね。

 

UNIQLOのエクストラファイン メリノウールセーターはアパレル店員も驚きのクオリティ

ユニクロのメリノウールセーターはハイゲージなのはもちろんですが、使われている素材が上質。

f:id:hij20120525:20180320125910j:plain

 

 

 

 

 

ユニクロのセーターに使われているウールは「メリノウール」という羊毛。

 

メリノってのは羊の品種。羊のなかでも「細く」「艶やかな」質感を持つのが特徴ですね。

 

細いく艶のある繊維だからこそ、なめらかで艶やかな高級感のあるニットを作ることが出来るわけですね。

 

このメリノウール高級素材故に1~2万のニットや6万以上のスーツでも「メリノウールを使っている」のを売りにするくらい。

 

そんなメリノウールセーターがユニクロだと2990円+税ですよ。しかも毛玉ができにくい加工・自宅洗出来る加工がしてある優れものなんですね。

 

セーターって毛玉が出来るし、自宅で洗えないからどうしても着るのに気を使いがち。子育て世帯となると買ったはいいものの、デリケート素材だから結局着て行くタイミングを逃してしまいがち。

 

毛玉&ウォッシャブル加工はうれしい限りです。値段の安さもプラスして子供と公園だろうが何だろうとガシガシ着れるのがうれしいですね。

 

ウールは暑ければ湿度を放出してくれて、寒ければ体温を閉じ込めて保温してくれる天然の機能素材。春のこの時期に買ってもまだまだ着れますよ。

 

試着だけでも試してみてください。滑らかな肌触りに、艶やかな質感でいつもより大人に見えるのを実感出来ますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。


コメント

Comments are closed.