お父さん必見!1600円で出来る七五三向けVゾーンコーデ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現役スーツ販売員の鶴田です。

七五三は本来11月15日に行われる行事。つまりそろそろ七五三のピーク。

 

家族の晴れの日はオシャレに迎えたいのが世のお父さんの気持ちではないでしょうか?...とはいっても、家庭におけるお父さんの地位は低いもの( ノД`)シクシク…

 

七五三衣装の予算のかけ方もまずは子供たち、次にお母さん、最後がお父さん 苦笑

 

奥様から「金掛けんじゃねーぞ! でもそれなりの格好しろよな!!」という難題を課されているお父さん方も多いのでは?

 

そんなお父さんに向けてわずか3000円で出来る七五三にふさわしいシャツタイコーデを解説します。

七五三のドレスコードとは?

七五三は日本特有の文化。にもかかわらず西洋の文化であるスーツで臨むというのが七五三コーデの難しいところ。

 

じゃあ和装を...となるとレンタル代も相当な金額。やはり手持ちのスーツを使うというのが手堅い選択でしょう。

 

ぶっちゃけ、七五三のコーディネートに絶対的な決まりはありません。だって七五三は日本特有の文化。西洋の文化であるスーツとは文脈が異なります。服は文化とともに発展します。スーツの本場である西洋に七五三という行事がない以上、ドレスコードは曖昧。

 

だって海外で行われる外国人の結婚式に和装のドレスコードはないでしょ?七五三はいわばその逆バージョン。

 

洋服屋で提案されるあるあるコーデが

「おめでたいからネクタイは鮮やかにしましょう」とか「奥様や子供たちの衣装と統一感がある色のネクタイをしましょう」

というもの。

 

コレがお父さんの七五三コーデがダサくなる遠因。せっかくの晴れの日。記念写真も撮ることでしょう。せっかくならかっこいいお父さんとして写真に納まりたくはありませんか?

 

予算もあんまりかけれないから仕事用の手持ちのスーツを流用するのが世のお父さん。仕事用のスーツとなると黒や紺・グレーの暗いトーンのダークスーツがメイン。柄も手持ちのスーツではストライプや無地などフォーマル度が高いものがほとんどでしょう。これに明るい色のネクタイ...というのが実にダサい。

 

ダークスーツが持つ雰囲気は「真面目」「落着き」といったところ。無地やストライプといった柄も同様の雰囲気。堅実イメージを作り出してくれるのがダークスーツ。だからこそ信頼が求められるビジネスシーンで重宝される。

 

そこに「華やかさ」や「華麗さ」を感じる色鮮やかなネクタイを合わせてしまっては統一感が出ない。

 

もちろん、色は華やかだけど、柄はフォーマルなネクタイ選ぶ...といったテイストの微調整をすることで統一感を作ることが出来ますが...。そういうネクタイはお値段もそこそこするものです。

 

スーツにおけるオシャレとは「リッチでマッチョでスマートな男性像」を表現すること。知的でスマートな男性像を表現するのが統一感。ダークスーツが持っている「真面目さ」「落着き」を補うのではなく、活かすことで統一感を生むことが出来ます。

 

実は、テイストの微調節をしたヒネリのあるコーデよりも王道を行くコーデのほうが予算的にも安く収めることがしやすい。

 

「せっかくだしひねってみたい!!」という方は無料コーディネート診断してるので個別にご相談いただければアドバイスしますのでページ下部からメールください。

 

さて、話を戻すと...ダークスーツと同じ「真面目さ」を感じるのがダークカラーのネクタイ。これを締めて「真面目さ」を活かした統一感のあるコーディネートにするのが一つの手段...ではあるもののせっかくの晴れの日。オシャレではあるもののこのコーディネートでは地味さは否めない。

グレーワントーン

photo by https://otokomaeken.com/wp-content/uploads/2016/04/5095905878_602b72d17a_b.jpg

七五三コーデは礼装をヒントにする

ここでヒントになるのがフォーマルウェア。フォーマルウェアとはいわゆる黒無地のスーツの事ではありません。タキシードや燕尾服など公なフォーマルシーンで用いられる正式な礼装の事。

タキシード

phot by http://thegents.tokyo/wp-content/uploads/2016/01/s_THEGENTS-TUXEDO-IMAGE-4.jpg

 

礼装は時間帯によって変化します。夕方以降ならタキシードがフォーマルで日中ならモーニングがフォーマル...といった具合ですね。七五三の参拝は日中。時間的にはモーニングが正式な礼装です。モーニングとは着丈の長いジャケットにコールストライプと呼ばれる柄のグレーパンツ、白のレギュラーもしくはウィングカラーのシャツにグレータイを合わせたコーデ。

 

結婚式で新郎新婦のお父さんが着ているスーツと言えば、伝わるでしょうか?

モーニングコート

phot by https://www.azuma-dress.co.jp/upload/collection/guest_img/30/resize_m30_236_n1SRw04p.jpg

「確かにおめでたいけど...これはちょっとやりすぎ」

 

確かにこれでは「張り切りすぎ」感が出てしまったり。そもそもモーニングは買うはもちろん、借りるにしても高くつくものです。

 

そこでおすすめのテクニックが礼装のVゾーンだけ真似をするというコーデ。

 

モーニングのVゾーンは白のレギュラーカラーもしくはウィングカラーにグレーのネクタイというコーデ。これをダークスーツにそのまま移植する。

ダークスーツ&シルバータイ

photo by http://www.district.jp/report/130404.html

ダークスーツの持つ「真面目さ」「堅実さ」は白シャツやグレータイの「フォーマルさ」と親和性が高く統一感を作り出せるのです。しかもフォーマルウェア特有のハレな雰囲気も獲得できてします。

 

ちなみに奥様やお子様が色鮮やかな衣装だったとしても、このコーディネートで問題なし。フォーマルシーンにおいて男性は女性のエスコート役。行動はもちろん服装も色鮮やかな女性を引き立てるべく、控え目なコーディネートが良しとされます。

 

これはレッドカーペットにおけるハリウッド俳優の装いからも明らか。色鮮やかにドレスアップした女性を引き立てるべく、男性はひたすらフォーマル&シックに徹するのです。

レッドカーペット

photo by http://www.elle.co.jp/var/ellejp/storage/images/fashion/pick/cannes_1605_dresses0512/node_993717/13318830-1-jpn-JP/George-Clooney-and-Amal-Clooney_image_size_900_x.jpg

 

モーニング風コーデにかかるコストはわずか1600円

モーニング風コーデに使われているのは白いシャツ、グレーのネクタイ、白いチーフ。

 

白いシャツは1枚くらい手持ちにあるでしょう。節約するならそれで十分。当日までに洗濯、アイロンかけを済ませて準備には抜かりなく。

 

チーフも手持ちのハンカチで十分。チーフ=シルクでなければいけない...ということはありません。綿100%、麻100%でも構いません。綿100%の白いハンカチなら100円ショップでも調達できるものです。

 

ハンカチはチーフと比べるとやや大判。フワッと指すと大判故に胸ポケットがパンパンになってしまいます。

パフド

photo by https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%91%E3%83%95%E3%83%89%E3%80%80%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%95&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjlg6iT3vbWAhWDNJQKHSPsAsMQ_AUICigB&biw=1607&bih=766#imgrc=N6qVojNqGe6JjM:

TVホールドいわゆるハンカチ畳み。胸ポケットに収まるように四角く折ってボリュームを押さえて胸ポケットに指しましょう。

タキシードクロスブレザー

photo by http://www.district.jp/report/130404.html

シャツ、チーフが揃えば、残すはネクタイのみ。このネクタイをいかに手ごろに済ますかで奥様のご機嫌も変わるところ(笑)。

 

困ったときのユニクロ。そのプライスわずか1500円。

ユニクロシルバータイ

photo by http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/belt/men/

「ユニクロのネクタイなんて...安かろう、悪かろうだよ」なんて思う方にこそ、一度お店に実物を見に行っていただきたい。

 

使われている素材はもちろんシルク100%。このプライスになってくればポリエステル素材のいかにも安物...なんてモノもあることを考えるとかなり優秀。私は日ごろ1万円オーバーのネクタイを商品として扱っていますが、それと比べてもシルクの質は遜色なし。

 

もちろん結びやすさやトレンド感、長期使用を考えたときの作りは1万円代のネクタイには劣ります。ただその値段と「ハレの日専用」という使用頻度を考えれば納得のクオリティ。

 

モーニングにはグレーの柄物のネクタイを使うのが普通。ストライプ柄も安心して使うことが出来ます。ネクタイは結び目の美しさも重要。結び方ひとつで一気にオシャレになるこちらの記事も合わせてご覧ください。→ネクタイの結び方を変えるだけ!タダでオシャレになれる方法

 

もちろん、ユニクロのネクタイじゃないとオシャレじゃない...という話ではありません。予算が限れれていても、理論と審美眼があれば十分オシャレが出来る...という事。ぶっちゃけ、ロジックもなく1万円代のネクタイに手を出すよりも、ファッションの原理・原則から導き出された格安コーデのほうが圧倒的にオシャレ。

 

差額で家族写真をプロカメラマンに撮ってもらったり、参拝後に家族で外食に出かけたほうが人生有意義というもの。有意義な人生を送るための生活の知恵をファッションという分野から提供する。そんな側面もあるのがSuitLaboなのです。

 

最後は若干ブログの宣伝になりましたが(笑)本日はここまで。

 

無料のファッションメール相談を行っています。手持ちのアイテムの写メ送っていただければ、コーデ相談も対応いたします。超ピンポイントですが、大宮やさいたま新都心でしたらオフラインでのご相談も可能です。本業との兼ね合いもありますのでまずはメールでご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。