結婚式2次会にオススメ!格安でいつものスーツをパーティ仕様にする方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スカーフは、結婚式の2次会に最適アイテム

現役販売員の鶴田です。

 

いつもスーツもわずか数百円の巻物で、カンタンにパーティ仕様にすることが出来ます。

パーティだけに留まらない巻物の着回し解説です。安くオシャレをしたい人必見ですよ。

 

結婚式2次会はネクタイだと堅い。ノータイだとラフすぎる

スーツの着こなしで、一番困るのが「結婚式」という人も多いでしょう。

 

お店で接客をしていても、一番ご相談が多いのが結婚式の服装。

 

中でも一番困っている人が多いのが、結婚式の2次会。

 

スーツの着こなしで大切なのは、「統一感」。詳しくはスーツをオシャレに着こなすために必要なのは、立体感、高級感、統一感の「3つの感」で解説しています。

 

カジュアルなシチュエーションには、カジュアルな服装。フォーマルなシチュエーションには、フォーマルな服装。場所と服装の「統一感」が、重要なのです。

 

タキシードでバッチリキメても、出かける先がコンビニ...だったら、「どうしたの?」って思われちゃいますよね。タキシードは、結婚式だったり、レッドカーペットだったり、フォーマルなシチュエーションで着るから初めてオシャレに見えます。

タキシード

phot by http://thegents.tokyo/wp-content/uploads/2016/01/s_THEGENTS-TUXEDO-IMAGE-4.jpg

 

で、服装と場所の「統一感」ということになると、一番難しいのが結婚式の2次会。

 

2次会だから、披露宴や結婚式みたいなネクタイ締めて、「ザ・フォーマル」みたいなコーディネートは、ちょっとお堅い。披露宴から、そのまま2次会もなら、ありですけど...。2次会から参加するなら、もうちょっとカジュアルな方が、シチュエーション的には〇。

 

かといって、ノータイとなると...。そこは、2次会とはいえ、結婚のお祝いの席。もう少し華やかさや、フォーマルさがあったほうが良いでしょう。

 

ネクタイだと堅いし、ノータイだとちょっとラフ。そんなフォーマル~カジュアルのバランスが難しいのが、結婚式の2次会。

 

でも、結婚式の2次会特有の難しさをわずか数百円程度で、解決してくれる万能アイテムがあるのです。

 

 

スカーフは、着こなしを華やかにする便利アイテム

ネクタイだと、ちょっと堅い場合もあるし、ノータイだとラフすぎる。コーディネートのさじ加減が難しいのが、結婚式の2次会。

 

結婚式の2次会以外でも、いわゆる「ちょっとしたパーティー」も、似たような難しさがありますね。

 

それを解決してくれるのが、「スカーフ」。

スカーフは、結婚式の2次会に最適アイテム

photo by http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1539395952/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9tYXRvbWUubmF2ZXIuanAvb2RhaS8yMTQ5NjY2NzI4OTg2OTA0ODAxLzIxNDk2NjY4NzIwODc3MDEwMDM-/RS=%5EADBuP_nTL4AhLmqcgOYBB3NSDmaMXE-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMD9yPTMmbD1yaQRpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUVVMQnh1NE83eGZUcllfa0tJUUVqcmppbWdMRFZCZ2hlTmpEYVRVUGJwTkgzYXl6b0JFSWNkTnlQTwRwAzQ0SzU0NE84NDRPRUlPT0FnT09EamVPRGcuT0NxLk9EZ2VPRHZPT0RsU0RtdGJmbHBKYmpncm5qZzRyamc0UGpnNWMtBHBvcwMzBHNlYwNzaHcEc2xrA3Jp

 

顔は、人間のカラダで一番目立つパーツです。顔に繋がっている「首」も、当然目立つパーツ。

 

そこに「スカーフ」という装飾が加わることで、ノータイと比べると、結婚式らしい華やかさが出ます。

 

この「装飾」が、ネクタイになると、グッとフォーマルな印象になってしまいますが...。そこは、スカーフ。ノータイ以上ネクタイ未満の適度なフォーマルさを着こなしに加えてくれます。

 

カジュアルすぎても、フォーマルすぎても浮いてしまうのが、結婚式の2次会やちょっとしたパーティー。

 

「ノータイよりもフォーマル」・「ネクタイよりもカジュアル」なスカーフを、加えることで、シチュエーションと着こなしに「統一感」を作り出し、適度な華やかさを持ったコーディネートになります。

結婚式の2次会は、ネクタイじゃなくてスカーフがおすすめ

photo by http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1539395952/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9vdG9rb21hZWtlbi5jb20vbWVuc2Zhc2hpb24vMjAzMTM-/RS=%5EADBLFhEQEhmY6.4EuzUP7q_3DkU1qE-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMD9yPTYmbD1yaQRpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUnBuM18wa3JWblJnRXJTQVV1MUlNMlN0d0JfZFVpc0xjTzBDdUFQczdhdWhLNV9NM3FNb09aNk4xNARwAzQ0SzU0NE84NDRPRUlPT0FnT09EamVPRGcuT0NxLk9EZ2VPRHZPT0RsU0RtdGJmbHBKYmpncm5qZzRyamc0UGpnNWMtBHBvcwM2BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jp

 

 

使うのは、格安のバンダナでオッケー

「スカーフって...なんとなく高そう」

「着けたことないから、恥ずかしい」

 

スカーフって、実は格安で手に入るアイテム。

 

GUの「バンダナ(KJ)」は、わずか990円。結婚式用にネクタイを買うより、ずっと格安。

いつものスーツを、格安でパーティ仕様にする方法

photo by https://im.uniqlo.com/images/jp/sp/goods/311552/item/73_311552_mb.jpg

 

首に巻ければ、ハンカチでもバンダナでもOKです。大体50×50のサイズ以上であれば、首に巻けてしまいます。

 

ハンカチやバンダナなら、近所の雑貨屋さんなどでも手に入ります。気に入った色や柄のハンカチやバンダナを揃えても、1000円前後で収まるはず。

 

巻き方はとても簡単。こんな風に細く畳んで...。

スカーフ巻き方

photo by https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kazokutukuruzo/20160912/20160912181850.jpg

 

あとは、画像右側のように結ぶだけ。

スカーフ巻き方

photo by https://i.pinimg.com/originals/0a/9f/39/0a9f3910675a0cf80242174a6101b22f.jpg

 

スカーフが恥ずかしければ、前端をシャツの中にしまうと、さりげなくて良いですよ。

ちょっとしたパーティならネクタイじゃなくて、スカーフがおすすめ

photo by https://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1539395953/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL2Jsb2cuZ2xvYmVyLmpwL3dvcmRwcmVzcy93cC1jb250ZW50L3VwbG9hZHMvMjAxMzA3MDktNS5qcGc-/RS=%5EADB87eVQvLfu7N3I8QRpp3M19SPd74-;_ylt=A2RCA5Tx_79b9loAUB6U3uV7;_ylu=X3oDMTAyN3Vldmc1BDAD;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVE9oaG8tRjJ0SGdxY2hpNi1aWnkxQklPM2h3anppVDhXbGJ3Zy1aMDRBTXlNdjlpaVhmblRKSWdzBHADNDRLNTQ0Tzg0NE9FSU9PQWdPT0RqZU9EZy5PQ3EuT0RnZU9Edk9PRGxTRG10YmZscEpiamdybmpnNHJqZzRQamc1Yy0EcG9zAzI4BHNlYwNzaHcEc2xrA3Nmc3QEdHVybAM-

 

上の画像の着こなしは、ストライプスーツに無地の白シャツ。ここだけ見れば、普通のビジネスコーディネート。スカーフは、いつもスーツに加えるだけで、着こなしをグッと華やかにしてくれるのです。

 

 

スカーフは、カジュアルパーティ~大人のデートまで使えるドレスアップアイテム

「スカーフって使いまわしは効くの?」

 

いくら格安でスカーフが手に入るといっても、1回だけの結婚式の2次会のために出費するのは、もったいないというもの。

 

コスパは、「買った金額÷使った回数=1回使うあたりの金額」で決まる。使いまわしがきいて、使用頻度が上がる方が賢い買い物になります。

 

実はスカーフは格安で手に入りつつ、カジュアルパーティ~大人のデート~こじゃれた防寒カジュアルまで使えるコスパ優秀アイテム。

 

セットアップ・シャツ・革靴に合わせれば、結婚式2次会をはじめとした、カジュアルパーティに最適なコーディネートに。

結婚式の2次会は、ネクタイじゃなくてスカーフがおすすめ

photo by http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1539395952/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9vdG9rb21hZWtlbi5jb20vbWVuc2Zhc2hpb24vMjAzMTM-/RS=%5EADBLFhEQEhmY6.4EuzUP7q_3DkU1qE-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMD9yPTYmbD1yaQRpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUnBuM18wa3JWblJnRXJTQVV1MUlNMlN0d0JfZFVpc0xjTzBDdUFQczdhdWhLNV9NM3FNb09aNk4xNARwAzQ0SzU0NE84NDRPRUlPT0FnT09EamVPRGcuT0NxLk9EZ2VPRHZPT0RsU0RtdGJmbHBKYmpncm5qZzRyamc0UGpnNWMtBHBvcwM2BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jp

 

インナーをシャツよりカジュアルに見えるカットソーに、変えれば、もう少し砕けた雰囲気になり、大人のデート仕様に。

  • 銀座で買い物デート
  • 美術館やコンサートデート
  • オシャレなレストランで食事

なんてシチュエーションにピッタリでしょう。

大人のデートに使える格安オシャレアイテム

photo by http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1539401570/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9vdG9rb21hZWtlbi5jb20vbWVuc2Zhc2hpb24vMjAzMTMvMg–/RS=%5EADBHQcQkWfkDWyAGsJr2hEh9pA7tQY-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMD9yPTUmbD1yaQRpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVFJpZmpKUWlZOW5DbnBPUjI2M1UxQm92SzRIU0xLdzRJNVk1SnVHaEEyVFVWcld1bmczX3V6UzF6ZARwAzQ0SzU0NE84NDRPRUlPT0FnT09EamVPRGcuT0NxLk9EZ2VPRHZPT0RsU0RtdGJmbHBKYmpncm5qZzRyamc0UGpnNWMtBHBvcwM1BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jp

 

首に巻くだけあって、スカーフはマフラーほど、じゃないですが防寒力があります。夏にスカーフはキザですが...少し肌寒い11月前後は、スカーフを巻いても自然に見えるもの。

 

マフラーはいらないけど、ちょっと首元が寒い...そんなシチュエーションでカジュアルなアウターに合わせれば、オシャレな防寒カジュアルスタイルになります。

少しだけ寒いときに使える、格安防寒アイテム

photo by http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1539401875/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9ubC5waW50ZXJlc3QuY29tL3Bpbi80NTAwMDgxODc3NTk3NjgzMjIv/RS=%5EADBUtxOh9YxZhbdgRzGd3wF05Px1ZY-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMD9yPTE5Jmw9cmkEaWR4AzAEb2lkA0FOZDlHY1NidFV4WGtYakR2NDF0RGVrenBsTzVfZ3pQTjVxQlRpaGhZSWJJY0dWdXNyZE9faEMyNURQR0MyTQRwAzQ0T040NE9ENDRLcjQ0T0I0NE84NDRPVklPYTF0LldrbHVPQ3VlT0RpdU9EZy5PRGx3LS0EcG9zAzM5BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jp

 

ちなみに画像では、レザーライダースに合わせていますが...ダウンベストもおすすめ。ダウンベストってカジュアルでもビジネスでも使えるオンオフ兼用アイテムなんです。詳しくはダウンベストは秋~真冬・オン~オフまで使えるコスパ最強アウター!ダウンベストがあれば、冬用のコートは不要!?で解説しています。

 

スカーフは、TPO(季節や場所)を選べば、意外と使い道も多く、元を取れるアイテムなのです。

 

 

バンダナなら、ハンカチとしても使えて、コスパ〇

「でも...普段からスカーフを巻くのは、抵抗があるな」

 

そんな人は、綿素材のスカーフ、いわゆるバンダナを選ぶのがオススメ。

 

バンダナってようは、大判のハンカチですからね。結婚式の2次会の時は首に巻いてスカーフに。ふだんはハンカチとして、お尻のポケットに入れておけば、使用頻度も高くなり、元の取れる買い物になるはず。

 

お尻のポケットから、バンダナがちょっとのぞくのもオシャレですからね。

ハンカチを使ったオシャレ術

photo by http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1539402641/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9tZW5zLnRhc2NsYXAuanAvYTE1MjU-/RS=%5EADBLZVUFSTKa8HGwArHUkwvUo7BdJg-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMD9yPTEwJmw9cmkEaWR4AzAEb2lkA0FOZDlHY1JDUzBXVmdvUDNuWXUwbDdyVjZpQ2pWbWVDUlhuMXVhX09FcFMxcDB4TzdSVWVRMmttaEl5VWFmSnYEcAM0NE9RNDRPejQ0T0E0NE9LSU9PRGt1T0RnLk9EbC5PRG5lT0NzZU9EZy5PRGlBLS0EcG9zAzEwBHNlYwNzaHcEc2xrA3Jp

 

ビジネスの時や、ジャケットを着るときは、このバンダナを胸ポケットに突っ込んでポケットチーフにするのも良いでしょう。

周りに差をつける青いシャツの選び方

photo by http://www.district.jp/blog/DSCF2358.JPG

詳しくはビジネスで使っても、キザにならないチーフとは?綿素材のハンカチを胸ポケットに入れようで解説しています。

 

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。


コメントを残す

*