【シャツの袖丈解説】意外と知らないシャツの正しい袖丈の選び方

現役販売員の鶴田です。

 

ドレスシャツの正しい袖の長さを「親指の付け根に触れるくらい」が正解。

 

少し長い気がする人もいるでしょうが、読めば納得のシャツの正しい袖丈選び講座です。

 

いつも長文の当サイトですが、今回は短めです(笑)

 

 

ドレスシャツ(ワイシャツ)の袖丈は、「親指の付け根に袖先が触れるくらい」が目安

スーツのジャケットの長さを指南してくれるコンテンツやショップスタッフは、たくさんいます。スーツを買う時にアドバイスしてもらった経験がある人も多いでしょう。

 

でも、問題はシャツの袖丈。

 

シャツの、正しいネックサイズ・着丈の選び方を知っているスタッフは、数多くいますが...。

 

実は、プロであるはずのショップスタッフすら、正しいシャツの袖丈の目安を知らないことがほとんど。

 

私が、お店で接客するときに、「正しい袖丈の目安」と「その理由」をお話しすると、「全然知らなかった」と驚くお客様ばかりなのです。

 

 

で、さっそく本題。

 

ドレスシャツ、つまりワイシャツの正しい袖の長さは、「袖のボタンを外した状態で、親指の付け根に触れるくらい」が目安です。

正しいシャツの袖丈
photo by https://supremo.jp/blog/wp-content/uploads/2016/06/13161780_1018363331546718_2100378699383250581_o.jpg

 

「エッ!!それじゃ長くない?」と思う人もいるでしょうが...。これから解説する2つの理由を読めば、納得することでしょう。

 

 

長めがいい理由① ジャケットが汚れない

シャツは、本来下着でした。

 

下着は、その上に着る服を、汚さないための物。つまり、ジャケットを汚さないために生まれたのがシャツです。

 

シャツの襟が高いのも、首周りの皮膚が直接ジャケットに触れて、皮脂が付くのを防ぐため。

 

となれば、シャツの袖丈も一緒。

 

ジャケットの袖先が、皮膚に直接触れないように、ジャケットよりも長めにした方がジャケットに皮脂が付くこともありません。

 

シャツは綿素材ゆえに、汚れれば、自宅で簡単に洗濯できますが...。

 

ウール素材でできたスーツのジャケットが汚れたら大変。クリーニング屋さんに持っていかなければ、ならず手間もお金もかかってしまいます。

 

シャツの袖丈は、ジャケットよりも長くなくてはいけません。

 

 

長めがいい理由② 腕が動かしやすい

上の解説を読むと...。

 

「長めが良いのは、わかったけど、親指の付け根までは、長すぎでしょ!!」と思うハズ。

 

シャツを着たまま、腕を上に伸ばすと、わかりますが...。

 

ピーンと、生地が突っ張って動きにくくなるのが、わかるはず。これは袖丈が、足りない証拠。

 

腕を動かしたときのユトリがないわけです。

 

で、このユトリを確保できる長さが、「袖のボタンを外した状態で、親指の付け根に触れるくらい」ということ。

 

袖のボタンを外したままでは、確かに野暮ったい長さですが...。

 

袖のボタンを留めれば、自然と手首でシャツの袖先は、止まります。野暮ったく見えることはないでしょう。

正しいシャツの袖丈
photo by https://supremo.jp/blog/wp-content/uploads/2016/06/13131219_1018363404880044_7454786548245148299_o.jpg

 

しかも、シャツは綿素材。ゆえに洗濯をすると、どうしても縮んでしまいがち。

 

一般的に、洗濯の時の縮み幅は、

  • 自宅洗いで、2~3センチ
  • クリーニングで、3~4センチ

と言われています。

 

縮んだ後も、

  1. ジャケットよりも長く、皮脂がジャケットに触れないように
  2. 手を動かすときのユトリ分が、確保できるように

シャツの袖丈は、「袖のボタンを外した状態で、親指の付け根に触れるくらい」の長さを選びましょう。

 

 

カジュアルシャツは短めがおすすめ

上で解説したのは、あくまでドレスシャツの場合。

 

ドレスシャツの場合、袖先のボタンは必ず占めるものです。

 

必ず占めるからこそ、それを前提として、かなり長めの袖丈を選んでも問題ありませんが...。

 

カジュアルシャツもしくは、オンオフ兼用のシャツの場合は、袖先のボタンをはずして着ることもあるでしょう。

 

その場合、「袖のボタンを外した状態で、親指の付け根に触れるくらい」の袖丈を選んでしまうと、さすがに野暮ったい。

正しいシャツの袖丈
photo by https://supremo.jp/blog/wp-content/uploads/2016/06/13161780_1018363331546718_2100378699383250581_o.jpg

 

カジュアルシャツの場合、洗濯後の縮み分を踏まえつつ...。袖先のボタンを外した状態で着ても、野暮ったく見えないように、「袖のボタンを外した状態で、腕時計が隠れるくらい」の長さにしましょう。

 

この長さの袖丈にすると、洗濯後に縮んでも、

  1. ジャケットよりも長い袖丈で、ジャケットの汚れ防止
  2. 腕を動かしたときのユトリ確保(ドレスシャツと比べると多少、突っ張りますが)
  3. シャツの袖先のボタンを外しても着れる

というメリットがあります。

 

 

ドレスシャツの袖丈は、「袖のボタンを外した状態で、親指の付け根に触れるくらい」の長さ。

カジュアルシャツ、もしくはオンオフ兼用のシャツの袖丈は、「袖のボタンを外した状態で、腕時計が隠れるくらい」の長さ。

 

ぜひご参考に!

 

今回はここまで。思ったより長文になりましたが、いつもよりはコンパクトな内容でお届けしました(笑)

 

最後まで読んでいただきあありがとうございます。