何が一番暖かい?コート素材の防寒力を解説【2018年秋冬最新版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
羽毛ダウン

現役販売員の鶴田です。

 

コートの暖かさは、「繊維の長さ」で決まります。

 

お店での試着だけではわからない、「本当の暖かさ」を解説します。

 

寒がりな人・暑がりな人必見の内容です。

 

 

素材のバリエーションが豊富すぎて、何が暖かいかわからない

寒くなってくるとお店にずらっと並ぶコート。素材もダウンにメルトン、カシミヤ、ウールにダブルフェイス...天然素材だけでもこんなに。機能素材もサーモライトにポリウレタンボンディング、ストームシステム等など。

 

どれがどれだか、もはや一般消費者には判別不可能なくらい防寒素材は豊富なのです。

 

そうなってくると必ずお客様から質問されるのが「どれが暖かいの?」・「コレって暖かいの?」というフレーズ。

 

冬のコートに求められるのは何より防寒力。それにもかかわらず試着するのは屋内。どれだけ暖かいか正確に判断できないままコートを買うのは不安になるというもの。

 

そもそも暖かい服とそうではない服の違いはなんでしょう?

 

 

暖かさの決め手は、繊維の長さ

洋服の素材技術が進歩した今でも、素材自体が発熱する...という素材は現時点では存在しません。正確に言うとヒートテックなど肌着の分野では発熱する素材はあるものの、アウター素材では発熱素材というものはありません(あったとしても、一般市場への流通量は極少)。

 

ではどうやって暖かくなるのか?洋服を着るうえで最大の熱源は人体。自分そのものの体温なのです。

 

この熱をいかに下げず、いかに服に熱を移すかが暖かい服を作る上での重要要素。

 

体温を洋服に取り込むのに優れているのが起毛素材をはじめとしたふわふわな素材。ふわふわな素材には無数の長い繊維で構成されており、この繊維が人体で暖められた空気を捕まえ、空気の層を作るのです。

 

つまりカラダの近くに接するコートの内側に毛足の長い素材が使われていると暖かいという事。

 

 

もっとも暖かいアウターはダウン

それはダウンコート。エベレスト登山や南極探検など極寒の環境にさらされる人々がダウンを着ていることからもそれは明らか。

極寒ダウン

photo by http://antrois.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2013/11/03654597e4108230a532198a58001acd.jpg

ダウンコートの中には無数の羽毛が詰め込まれています。羽毛は洋服に使われる素材の中でも最も毛足の長い繊維の一つ。しかも軽い。

羽毛ダウン

photo by http://www.goodon.co.jp/images/sub_379a.jpg

この長ーい繊維が体温をしっかりと捕まえ暖かい空気の層を作ってくれるのです。ダウンは羽毛布団にも使われる素材。ダウンコートは羽毛布団にくるまれながら外を歩けるようなもの。冷え込んだ朝に、暖かい布団から出たくないあの気持ち。そんな気持ちを満たしてくれるのがダウンコート。

 

「だから寒い冬はダウンコートを着て暖かく過ごそうぜ!」...とは一筋縄にはいかないのがファッションの難しいところ。

 

現代では暖房環境が整い通勤も車や電車がほとんど。意外と現代人は屋外にいる時間は短いのです。本来、暖かければ暖かいほど良しとされた防寒具。現代では暖かすぎると暖房が効いた電車の中では、かえって暑すぎてのぼせてしまう。

 

自宅から駅が近い、駅から職場が近い。電車の待ち時間もそこまで長くない...例を挙げればキリがありませんが屋外にいる時間が短い、そんな人にはダウンコートは向かないのです。

 

逆に屋外にいる時間が短いとはいえ、屋外がめちゃめちゃ寒い地方。長時間を屋外で過ごす方。真冬にディズニーランドでデート。そんな人にはダウンコートはうってつけ。

 

ダウンベストなら真冬以外も使える

「暖かすぎるのは、困るけどダウンの軽さが好きなんだよね~」

 

そう。暖かいだけでなく、軽いのもダウンの魅力。暖かすぎず、軽い着心地を望むならダウンベストがオススメ。

 

ダウンベストは、秋ならニットやシャツの上に。袖がない分、秋口から着ることが出来ます。

少ない服で春をオシャレに過ごす方法

photo by http://kurumani.com/wp-content/uploads/2013/01/35.jpg

 

冬になったら、ジャケットやブルゾンなど秋アウターの上に着る。袖がない分の防寒力をカバー出来ます。こんな風に着れば、実は真冬でも暖かいのです。

ダウンベストはコスパ最強アウター

photo by https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88+%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%97&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj57PjHy9DdAhWDwLwKHbKGDykQ_AUICigB&biw=1366&bih=631#imgrc=LvIHY7Lsw4FZ_M:

 

しかも、スーツの上に着てもオシャレ。

スーツ+ダウンベスト

photo by https://otokomaeken.com/wp-content/uploads/2015/01/tumblr_mhvhhgbxhc1qkp9t6o1_1280-1.jpg

 

個人的には、ファッション面・コスパ面ともに最強アウターと思っているのが「ダウンベスト」。詳しくはダウンベストは秋~真冬・オン~オフまで使えるコスパ最強アウター!ダウンベストがあれば、冬用のコートは不要!?で解説しています。

 

 

2番目に暖かいのはウールコート

真冬は、外は寒いけど、屋内や電車内の暖房温度も高い。

 

人によってはダウンコートは屋外だと暖かくていいけど、屋内は暑くてのぼせてしまう。コートを脱ごうとしてもダウンコートはかさばるもの。いちいち屋内に入るたび脱ぐのもめんどくさいのです。

 

真冬に着用できる程度に暖かく、屋内に入ってものぼせにくいコート。

 

そんなわがままリクエストに応えてくれるのがウール素材。ウールはいわば、天然の機能素材。ダウン程ではないものの寒ければ体温を閉じこめ保温してくれる。暑かったら、湿度を放出して快適にしてくれる。そんな温度調節機能を持ったウールは一年中スーツの素材に用いられるのです。

 

一口にウールと言っても様々。分かりやすいところだとセーターでおなじみのカシミヤやメリノウール、ラムウールにシェットランドウール。セーターと違ってコートは毎日同じものを着るのが基本。

 

どんなに暖かくても、耐久性の低いウールはガシガシ着るコートには向かないのです。だからデリケートなカシミヤはどんなに暖かくても真冬用にガシガシ着るにはちょっと頼りない。

 

カシミヤに限定せずとも、ウールのコートは素材の上質さを謡いがち。上質なウールは柔らかく艶やかで、高級感に溢れ見栄えする。しかも暖かい。でも高級であればあるほどウールはデリケートなのです。

 

ウール特有の保温性や湿度調節機能を持ちつつ、ガシガシ着れる耐久性を併せ持つ素材。それがメルトン。メルトンとはウールを圧縮して作った素材。ピーコートやダッフルコートにも使われている素材と言えば、わかる人もいるでしょう。

メルトン

photo by http://pds.exblog.jp/pds/1/201112/12/10/f0226010_17253383.jpg

ピーコートやダッフルコートは水兵や漁師が船上で作業する際に着ていた、いわば労働着。寒波に晒されながら、作業するための服に求められるのは暖かさと丈夫さ。その条件を満たしてくれるのがメルトン。

 

ピーコート

photo by http://www.district.jp/information/2017/10/scye-pea-2017.html

 

メルトンはウールを使われているからこそ保温性が高く、蒸れたときは湿度を放出してくれのぼせにくい。高密度で繊維が圧縮されているから丈夫。しかも隙間なく繊維が絡み合っている為風が入ってきにくい。

 

ガシガシ着こんでも、作業着をルーツに持つが故にちょっとくらいの毛玉やダメージも様に(アジに)なってくれる。

 

 

...とはいえ、ダウンよりは防寒力が劣るのも事実。真冬になったら、厚手のニットやインナーダウンで温度調節するのが良いでしょう。

 

 

3番目は綿やナイロン製のコート

綿やナイロン素材のコート。いわゆる「ビジネスコート」と言えば、この素材を連想する人も多いでしょう。

 

綿やナイロンは、繊維も短く、保温性はダウン・ウールに次いで3番目の素材。

 

...なんだけど、耐久性がダウンやウールよりも高いのが魅力。そんなコットンやナイロンの耐久性はそのままに、防寒力を補っているのが「ボンディング加工」。

 

ボンディング加工&ライナーがあれば、綿やナイロンコートも暖かくなる

ボンディング、英語にするとbonding。ボンド=接着剤+進行形のing。要はくっついているという意味。

 

コートにおいてのボンディングとは裏と表の2層、もしくは裏と表と中間の3層の生地を接着剤でくっつける加工の事を指します。そのほとんどが裏側に防風機能や撥水機能の高いフィルムを張り付けています。

 

表側はコットンや化学繊維・薄手のウールの事が多く保温力は低め。裏側もフィルムなので毛足は皆無。よって服に体温を閉じ込めることは出来ません。前述しましたが防寒において最大にして唯一の熱源は体温。ボンディング加工は体温を服に閉じ込める事は出来ずとも、体温を下げる要因である雨風をシャットダウンしくれるのが特徴。

 

特に暖かくはないけど、ピューっと風が吹いても、雨がザーザー降ってもスースーしない。ボンディングのアウターの防寒力はそんな感じ。

 

いくら暖房環境が整っている現代とはいえ、ボンディング加工だけでは心細い。そこでほとんどのボンディングコートに付属しているのがライナー。ライナーとはコートに内側に付属している中綿入りの裏地の事。基本的に取り外し可能で、最近ではライナー単独でインナーダウンとして使えるものも増えてきています。

ダウンライナー

photo by http://blog.uktsc.com/data/original/0/62/38fb7c7dc871b7f957aa5000be1ca837bdc4a91a.jpg?1453610459

コートに付属しているライナーはポリエステルの綿を詰め込んでいるものがほとんど。ポリステルもダウン同様、繊維の中に体温を閉じ込め保温することが出来る素材。ダウンのほうが繊維が長いため、保温効果はポリエステルのほうが劣る。

 

とはいえ、都心部ではこれで十分なことも多い。ライナー付きのボンディングコートはライナー付きで冬。ライナーを外して春や秋、一着でスリーシーズン着ることが出来ます。しかも丈夫。

 

ビジネス用のコートを持っていない新社会人やコートを何着も買う予算なんてない...という人にはライナー付きのボンディングコートがおすすめ。

 

ボンディング加工の見分け方

ボンディングは生地の裏側に施してある加工。ボンディング加工は一見して見分けがつかないものです。

 

「見分ける自信がないし、いちいち店員に聞くのも面倒...なんて方もご安心を。

 

ボンディング加工は値札なり、品質表記なり、クリーニング表記なりと一緒にこんなタグが一緒についているので見分けは簡単。

ボンディング表記

photo by http://rinavis.com/blog/wp-content/uploads/2015/11/t02200165_0400030012877034908.jpg

 

ちなみにボンディング加工は接着剤で生地を張り合わせた加工。接着剤は劣化するもの。3年前後で生地が剥離し始めて水膨れのような劣化が生地の表面に起きてきます。

 

一生モノのつもりで買うと2~3年後に劣化して痛い目に合うのがボンディング加工。3年くらいで元が取れる金額内で検討するのが妥当でしょう。

 

 

こんな人には、こんな素材がオススメ

この辺でまとめますね。

 

  • 寒がり・とにかく暖かいコートが欲しい人→ダウン
  • 3シーズン着たい・防寒力は中くらい・軽いのが良い人→ダウンベスト
  • 防寒力は中くらい・大人っぽい見た目がいい→ウールコート
  • 防寒力はそこそこでオッケー・丈夫・3シーズン着たい→ボンディング&ライナー付きコート

といったイメージですね

 

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。


コメント

コメントを残す

*