ダウンベストは秋~真冬・オン~オフまで使えるコスパ最強アウター!ダウンベストがあれば、冬用のコートは不要!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スーツ+ダウンベスト

現役販売員の鶴田です。

 

最もコスパの高いアウターはダウンベストです。

秋~真冬・カジュアル~ビジネスまで1着のダウンベストで過ごすことが出来てしまう驚きの着こなし術解説です。

 

 

ダウンベストは中途半端...でもそこがメリット

「袖がないのにダウンで、暑いのか寒いのか中途半端」

「着る季節がわからなくて、使いにくそう」

 

ダウンベストについて、こんな風に思う人も多いでしょう。

 

でも、これって言い換えれば

  • 袖がない分、かさばりにくく動きやすい・着やすい
  • ダウンが入っているから、暖かい
  • コーディネートによって、3シーズン使うことが出来る

ということ。

 

袖なしのダウンジャケットという、一見中途半端な印象のダウンベストも、実はその中途半端さが最大のメリットなのです。

 

とはいえ、着回し術を知らないと、ダウンベストは「中途半端で使いにくい」アウターになってしまうのも事実。「寿命を延ばす」...これをキーワードにダウンベストを使えば、ダウンベストのポテンシャルを最大限引き出すことが出来ます。

 

 

ダウンベストを重ね着すれば、2か月近く服の寿命を延ばせる

ダウンベスト=秋に着るアウター...というのが一般的なイメージのはず。でも、これが実は間違い。

 

ダウンベストは、「アウターやトップスの防寒力を補って、着れる季節を伸ばすためのアウター」というのが、正しい使い方なのです。

 

例えば、カーディガンやセーター。これをコーディネートの一番外側で着れるのはせいぜい10月まででしょう。

ユニクロのメリノウールカーディガンはアパレル店員も驚きのクオリティ

 

それが、ダウンベストを上に重ねれば、11月下旬、都内なら12月頭くらいまで、着れてしまいます。

少ない服で春をオシャレに過ごす方法

photo by http://kurumani.com/wp-content/uploads/2013/01/35.jpg

 

他にも、テーラードジャケットなどの薄手の秋アウター。ダウンベストを重ねることで、都内なら真冬の2月まで、秋アウターの寿命を伸ばすことが出来てしまいます。画像では、Gジャンの上にダウンベストを着ていますね。

ダウンベストはコスパ最強アウター

photo by https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88+%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%97&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj57PjHy9DdAhWDwLwKHbKGDykQ_AUICigB&biw=1366&bih=631#imgrc=LvIHY7Lsw4FZ_M:

 

秋アウター×ダウンベストの組み合わせ=真冬も着れる...これを知らない人が多いのが非常にもったいない。

 

「アウターの上に着ているとはいえ...さすがに真冬は無理でしょ?」

 

さすがに、「雪国」や「真冬にディズニーランド」なんてシチュエーションでは、厳しいですが...。

 

でも、袖がないとは言え、もっとも暖かい防寒素材であるダウン。詳しくは、何が一番暖かい?コート素材の防寒力を解説解説しています。

 

インナーにニット、手にグローブをはめてしまえば、都心の真冬くらいなら秋アウター+ダウンベストの重ね着で十分暖かく過ごせてしまいます。実際、僕もここ2年ほどは、このコーディネートで冬を越してしまっています。

 

コスパは「買った金額÷着た回数=1回着るあたりの金額」で決まります。トップスに重ねて春&秋、アウターに重ねて真冬も使えるダウンベストは着る回数が抜群に高く、コスパ優秀。

 

しかも、ダウンベストは、耐久性に優れたポリエステルやナイロンで作られていることがほとんど。その耐久性の高さゆえに、気兼ねなくたくさん着れるのも嬉しいところです。

 

スーツの上にダウンベストを合わせれば、コート不要

ダウンベストのコスパ=着る回数を、さらに増やしてくれるのがスーツ×ダウンベストのコーディネート。つまりダウンベストはオンオフ兼用で着れてしまうんですね。オンオフ兼用で着れるから、着用頻度も高くなり、さらにコスパがよくなります。

 

しかも、コートが要らなくなるわけですから、その費用対効果は抜群です。冬物のコートって高いですからね(^-^;

 

防寒性は上で解説した通り!ニットやグローブ・マフラーを組み合わせれば、都心の真冬くらいなら余裕で過ごせてしまいます。

スーツ+ダウンベスト

photo by https://staticx.antenna.jp/article_images/2035654_1_full_79d9216a-e9a6-445d-beb0-4fb515240228_cWiW5y0gzrmhDLVaaOVP7nGEsFLErRMm.jpg

 

「暖かいのは分かったけど、ビジネスでダウンベストってあり?」

「スーツにダウンベストって、奇抜にならないかな?」

 

商談や会議など、ビジネスでのシリアスなシーンのほとんどは屋内。コートを着て、仕事をするわけではありません。ダウンベストをビジネスコート代わりに使っても、仕事に支障はないでしょう。

 

 

コーディネート面においても、スーツ×ダウンベストは、実は相性抜群。スーツのコーディネートにおいて、大切なのは「統一感」。詳しくは、スーツをオシャレに着こなすために必要なのは、立体感、高級感、統一感の「3つの感」で解説しています。

 

スーツのルーツは乗馬服です。つまり「スポーツ」。同じくスポーティなアイテムであるダウンベストとは、好相性なのです。

 

試しに、仕事帰りにGUの「中綿ベスト」をスーツの上に着てみてください。

photo by http://www.uniqlo.com/jp/gu/item/289754

 

アイテム的には

  • フードが付いていて、スーツに合わせるにはカジュアル過ぎる
  • ダウンじゃなくて、中綿だから寒い

と、購入をおすすめ出来るアイテムではありませんが...。試着でスーツ×ダウンベストの相性の良さを感じること位は出来ます。

 

スーツに合わせてみると「アレッ?意外といけてるじゃん」と感じるはず。

 

スーツと同系色のダウンベストを選べば、スーツとダウンベストの境目が曖昧になって、1つのアウターのように見えるのでチャレンジしやすくなるでしょう。スーツ×ダウンベストに抵抗感がある方は、ぜひお試しを!

スーツ+ダウンベスト

photo by https://otokomaeken.com/wp-content/uploads/2015/01/tumblr_mhvhhgbxhc1qkp9t6o1_1280-1.jpg

 

買うべきダウンベストは、インナーダウンではなくて、アウター用のダウンベスト

最後にとっても重要&基本的なことを一つ。

 

上で解説したダウンベストは、インナーダウン...ではなく、アウター用として作られたダウンベストのことです。

 

ユニクロでいうなら「ウルトラライトダウンベスト」は、インナーダウン。

コスパのいいダウンベストの見極め方

photo by https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400502-57

 

「ライトダウンベスト」がアウター用のダウンベストですね。

コスパのいいダウンベストの見極め方

photo by https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/409329-58

 

画像を見比べるとわかりますが。

 

インナーダウンは、インナー用ゆえに薄手で、中に入っているダウン量が少な目。秋用のアウターを真冬まで寿命を延ばすのには、防寒力が足りない。

 

インナーダウンゆえに秋アウターの中に着るわけですから、見た目も真冬にはちょっと寒々しい。

スーツに合わせるダウンは、インナーダウンじゃなくてアウターダウン

photo by https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%80%80%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj3jYDV3NDdAhUS57wKHYZCAbIQ_AUICigB&biw=1366&bih=582#imgrc=SmDzfEBStqJO7M:

 

コスパ最高なのは、あくまでアウター用ダウンベスト。インナーダウンよりも、中に入っているダウン量が多いため、防寒力は高い。秋アウターの寿命を延ばすには最適なのです。中に入っているダウン量が多いため、ボリュームがあり、見た目も真冬らしい装いになります。

スーツ+ダウンベスト

photo by https://otokomaeken.com/wp-content/uploads/2015/01/tumblr_mhvhhgbxhc1qkp9t6o1_1280-1.jpg

 

 

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたの「似合う」・「オシャレ」を、マンツーマンサポート!!ファッションカウンセリングメニュー

過去にブログで何度か触れましたが、我が家は夫婦そろってファッションブロガー。しかも、二人合わせてのアパレル業界歴は、27年に及ぶキャリアを誇ります。

 

私は「スーツ」「オンオフ兼用」「ミニマリスト」をコンセプトとした、当サイト「SuitLabo」を運営。

 

妻は、似合う服を導き出す理論である「骨格診断」「パーソナルカラー」に加えて、「ドレス」「ミニマリスト」をコンセプトとしたブログ、「モードスタイル研究所」を運営しています。

 

この度、「SuitLabo」と「モードスタイル研究所」の共同サービスとして、新たにファッションカウンセリングサービス「骨格診断 for men」を始動いたします。

 

「似合う服がわからない」

「いつも服の色選びで迷う」

「身近にファッションの相談をできるプロフェッショナルがいない」

 

そんな方にお勧めのサービスです。

 

 

骨格診断 for men メニュー内容

内容は3つ。

 

  1. 似合う洋服
  2. 似合う色
  3. 質問し放題(1か月無料)

 

3メニューとも私の監修になりますが、①・②に関しては妻の専門分野。妻が主導となったサービスとなります。

 

そして③。

 

質問の窓口こそ妻ですが、当サイト「SuitLabo」ならではの、「切り口」「ロジック満載」であなたの質問に1か月何度でも、無料でお答えいたします。

 

1.似合う洋服について

カッコいいおしゃれには、似合う素材と着こなしを知れば十分です。オンオフ(仕事・休日)それぞれに分けてご提案します。

 

≪骨格診断をして伝授する内容≫

  • お似合いになる素材について
  • 着こなしのポイント(サイズ感やスタイリングのしかたなど)について

※画像に説明文を加えてわかりやすく伝授。

 

上記内容は妻のサイトからの引用ですが、私からもお話しすると...。

 

男性服の服は、女性服と比べると、とにかくバリエーションが少ない。

 

女性の服の場合、「シルク」「レーヨン」なども多用されますが、これらの素材は、男性服ならほとんど使われません。

 

男性服は

  • 綿
  • ウール
  • ポリエステルやナイロンなどの化繊

がほとんど。

 

でも、一口に綿といっても「薄く滑らかなコットン」・「厚くガサガサしたコットン」など、実にさまざま。

 

同じ綿素材でも、モノによって明らかに質感が違うのです。

 

同じ素材のはずなのに、全然違う。だから男性服は難しいのです。迷うのです。

 

そんな迷いを断ち切る指標となるのが、当サービスの「似合う洋服診断」。

 

あなたには、

  • しなやかなブロードのコットンシャツが似合うのか?
  • ガサガサしたタフな、オックスフォード素材のコットンシャツの方が似合うのか?

そんな疑問にお答えします。

 

 

2.似合う色について

男性服の着こなしに、カラフルな色彩はさほど必要ありません。このことからも、ベーシックカラーをおされば十分と考えます。

 

パーソナルカラーの4シーズン(春・夏・秋・冬)の分類法により、どんな色味の黒が似合うのか(赤っぽい黒?緑っぽい黒?)、どんな色味のネイビーが似合うのか(鮮やかな紺?深みのある紺?)、といったことをご提案します。

 

≪パーソナルカラーを診断して伝授する内容≫

  • お似合いになるベーシックカラー(黒・グレー・ネイビー・白)について

※ご希望によってほかの色をご案内することも可能です。

 

こちらも、妻のサイトからの引用(^-^;

 

男性服のワードローブの8~9割は、白・紺・グレー・黒の4色。

 

8~9割を占めるからこそ、4色の診断に特化したのが、こちらのサービス。他の色については、あえて情報をカットしているので、圧倒的に理解・実践がしやすいのです。

 

3.質問し放題

ご利用後1か月間は、どのようなご質問も無料でお受けします。また、監修はスーツマスターの夫が行います。

※ご質問は即座にお答えしますが、こちらの諸事情により送れることもありますので、予めご了承ください。

 

マニアックな質問・「こんなことで質問してもいいのかな?」のような些細な質問でも、なんでもオッケー。

 

「SuitLabo」ならではの、切り口・ロジック満載であなたの質問にお答えいたします。

 

 

プライス・納期

¥22,000(税込)

結果のお届けまでに、1週間~10日ほどいただきます。(お申込者様の混雑具合により、遅れることもあります)

 

何の知識もなく洋服を買うと、これ位の金額は無駄使いになってしまいがち。

 

当サービスの診断内容を元に洋服を選べば、無駄買いもなくなり、これ位の金額はあっという間に元を取れてしまうのです。

 

服選びに迷ったときは、「無料質問サービス」もありますからね。無駄買いは、しなくなるでしょう。

 

新メニュー【同行ショッピングサービス】

さて、メンズのメニューをオープンして以来、お申込者様のお声より、あらたなメニューが生まれました。

 

夫婦共同のメンズメニューですが、

 

  • 妻(わたくし)が、パーソナルカラーと骨格をチェックし、
  • 夫が、ショッピングに付き添う

 

という、メニューです。

 

先日、3万円で、アウターとトップスと、パンツをトータルコーディネートしたいというお客さまがいらっしゃいました。

 

私たち夫婦で、即答です。

 

「可能だよね。」

「うん、コートと、セットアップ(ジャケット&スラックス)、トップス2枚におつりがくるね」

 

そのお客さまは、職場のの人に言われたある言葉が気になり、わたくしたちにご依頼いただきました。

 

その言葉は、

 

「顔色が悪いね」

「顔がくすんで見える」

 

だったそうです。

 

こちらのお客さまはわたくしが、カラーを見て、骨格を見ます。お似合いになる色、ようは、顔色がくすまない色を選びます。骨格診断で、お似合いになる素材を選びます。そして、サイズ感、きこなしを夫と相談します。

 

日時、場所を指定して、(今回のお客さまは、新宿です)夫とショッピングします。場所は、都内近郊(ご相談)をご指定ください。

 

当メニューも、同額(22,000)で行います

 

さて、診断+お買い物で、計5万円ほどかかったわけですが...。

 

百貨店やら、セレクトショップで、ヘタに5万円費やすよりも、今回の同行ショッピングの方が断然お得。

 

当たり前の話ですが、ショップスタッフは、お客様が服を買ってくれて、初めて売り上げが発生します。

 

善良なショップスタッフの方もいますが...。

 

似合ってもないのに、「似合ってますよ」。全然オススメじゃないのに「オススメですよ」。

 

売り上げのために思ってもないことを言ってしまうショップスタッフもいるわけです。

 

販売員の目的は「売る」こと。お客様が求めることは、「オシャレになる」こと。

 

このギャップがあっては、いつまでもお客様はオシャレになれません。(もちろん、この矛盾を解消する方法もあるのですが...)

 

でも、同行ショッピングは違います。ご依頼いただいた時点で売り上げが発生します。

 

つまり、われわれ夫婦は「お客様をオシャレにすること」に全力を注ぐことが出来るわけです。

 

「先に売り上げが発生しちゃうと、手を抜いちゃうんじゃない?」

 

長いショップスタッフキャリアで、実感したのは、「口コミ」の力。

 

いい仕事をすればするほど、口コミが広がり、新しいお客様が足を運んでくださいます。(上司の方が、部下の方に紹介してくださったり、その部下の方がご友人を...なんて感じに)

 

悪い仕事もしかりですね。つまり、手を抜いても、われわれ夫婦に良いことなんて、全然ないわけです。

 

むしろ、いい仕事をすることが、自分たちのため、お客様のため。いわゆる「win win」の関係ですね。

 

押し売りすることもありませんし、手を抜くことも致しません。

 

ただ純粋にあなたをオシャレにします。

 

 

ちなみに、今回はguとユニクロ中心のお買い上げでしたが...。

 

今のgu・ユニクロは、ヘタなセレクトショップオリジナルよりも高品質なのです。

 

正しい目利きで選んだ7000円のguのセットアップの方が、ヘタな1.5万のセットアップよりも、高品質。

正しい目利きで選んだ1.2万円のユニクロのコートの方が、ヘタな3万のコートよりも、高品質。

 

何の知識もない状態で、5万を洋服につぎ込むよりも、「2万の同行ショッピング代+3万の買い物」の方が、高品質でオシャレなモノを身に着けることが出来るのです。

 

 

お申込み方法

お申込み窓口は、妻が運営するサイト「モードスタイル研究所」となります。

 

下記お申込みボタンより、以下の流れでお申し込みください。

 

STEP① 下記お申し込みフォームより、まずはお申込みください。

STEP② 即日、ご案内メールが届きます。顔のアップと全身のお写真、ご相談内容をご案内メールまでご返信ください。

STEP③ お支払い方法はご案内メールある振込先まで、1週間以内にお振込みください。(※振込手数料はお客さま負担)

~その後、診断結果をメールにてお届けいたします。~

 

あなたからのお申込みをお待ちしております。

 

 


お申し込みはこちら

SNSでもご購読できます。


コメント

  1. oyux より:

    いつも読ませてもらってます!
    ようやく着るものに気持ちが向いてきた30代男性の私には、参考になる記事ばかりです。
    ありがとうございます!

    影響を受けてダウンベストをスーツオンして合わせてみました。自分的にはいい感じと思っていたのですが、会社で笑われてしまいました。
    こちらの着こなしの市民権はどうなんでしょうか?
    自分はふつうにオシャレだと思うのですが。

    ちょっと自信がなくなってしまったのでアドバイス、返信もらえれば嬉しいです!

    1. Tsuruta より:

      oyux様

      コメント及び、ファッションのご参考にしてくださってありがとうございます。

      自分では「イケてる」って思っているファッションを、人に笑われてしまうのは、ちょっとショックですよね。ぼくも何度かそんな経験があります。

      さて、ダウベスト×スーツのコーディネートの市民権ていうご質問ですが...。ぶっちゃけありません(笑)

      でも、oyux様ご自身が感じているように、この組み合わせがオシャレなのは事実。ぼくも冬は、いっつもこのコーディネートです。

      とはいえ、周りに理解されないのは、ちょっと悔しいし、悲しい。

      と、いうことで、ダウンベスト×スーツの組み合わせを、オシャレとして周りの人にも理解できるように、「最適化」するのがおススメです。

      「最適化」のコツは、ダウンベストの主張を弱くすることに尽きます。ダウンが目立つと、市民権がないゆえに「アレッ」と思われてしまう。

      ダウンの主張を弱くするには、まずは「ダウンとスーツの色を同色にして、同化してしまう事」ですね。

      遠目に見ると、スーツとベストの境目が曖昧になり、ベストの主張が弱くなります。

      もう一つは、「中に着ているスーツの着丈」にこだわってみましょう。

      ダウンベストは、着丈が短いゆえに、中にスーツを着るとどうしてもスーツがはみ出してしまいます。

      はみ出しすぎると「スーツの上にダウンを着ているのね」...といった感じにダウンが目立ってしまう。

      そこで、着丈短めのスーツなら、はみ出す分量も少なく、ダウンが目立ちにくくなります。
      ※着丈は、あくまでビジネススーツとして常識的な範囲で短く...で構いません。

      最後に「ダウンベストの素材」。これもスーツと同化しやすい素材を選んでみましょう。

      スーツは、基本的にウール素材。ダウンベストは、ポリエステルが多いのが一般的です。

      素材が違うので、色をスーツと同色にしても、スーツとダウンの境目が多少目立ちやすい。

      ウール素材のダウンを選ぶと、「スーツとの素材の差」が出にくいので、ダウンとスーツの境目を、よりあいまいにすることが出来ます。

      ご参考になれば、幸いです。

Comments are closed.