似合うコートを体型別に解説~チェスターコート編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
チェスタービジネスコーデ

現役スーツ販売員の鶴田です。

 

地域によっては雪も降り出した今の時期。コート探しに本腰を入れ始めた人も多いのでは?

 

今回はコートの中でも定番化しつつあるチェスターコートの解説。定番化しつつあるだけあって一口にチェスターコートと言ってもバリエーションは多様。せっかくだったら着こなし術だけじゃなくて、「どんな体型の人にどんなデザインが似合うか」までまとめて理解しちゃいましょうというのが今回の記事です。

 

当ブログで言う「体型」とは骨格診断3タイプの事。骨格診断とは人間の体型を3タイプに分類し、各体型の特性を踏まえ似合うアイテム、着こなしを導き出す理論。

 

骨格診断士の私の妻のブログで骨格3タイプの自己診断が手軽にできるコンテンツを用意しています。まずは自己診断を。

 

ビジネスでは「真面目」に合わすのがポイント

正式名称チェスターフィールドコート。スーツのジャケットの着丈をそのまま長くしたようなデザインが特徴。ここ数年で一気にメジャーになったアイテムですね。

チェスターコート

photo by http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400518-69

 

数年前なら「チェスターコートって何?」だったくらいの認知度も、今ならチェスターコートを知らいない人はいないんじゃないかな...というくらいの世間に浸透したアイテム。実はここまでブレイクしたのも納得の使いやすさを誇るのがチェスターコート。

 

一般的なコートのほとんどが軍服やスポーツウェアをルーツに持つのに対し、チェスターコートはフォーマルウェアがルーツ。よってフォーマル度が高い。冠婚葬祭で使えるコートでもあるのがチェスターコート。大人のオシャレに必要なのは「立体感・高級感・統一感の3つの感」を作り出すこと。

 

フォーマル度が高いチェスターコート。ビジネスコーディネートにおいては、フォーマル度の高いスーツを合わせることが重要。フォーマル度の高いコートに同じくフォーマル度の高いスーツを合わせる事で統一感が生まれ知的な男性像を作り出せる。

 

フォーマル度の高いビジネススーツは「ダークスーツ」の事。ダークスーツとはグレー・ネイビーからなる暗い色目のスーツの事。

 

年がら年中スーツを着ていたその昔、英国貴族に仕事用のスーツとして愛用されたのがダークスーツ。そんな歴史からもダークスーツがフォーマル度が高いことを物語っています。

 

「ダークスーツ?そんなのみんな持ってるよ」

 

そう。その通り。誰しもが持っているダークスーツと抜群の相性を持つのがチェスターコート。手持ちのアイテムと抜群の相性を生み出すからこそ、チェスターコートはここまで世に浸透したのです。

 

試しに仕事帰りにユニクロのチェスターコートでも試着しに行ってみてください。「オレって結構イケてるかも」なんて実感すること請け合いです。ダークスーツにチェスターコートは抜群に合うのです。

 

チェスターコートのビジネスにおいての着こなし術は、「とことん真面目にまとめる」事。フォーマルさが特徴のチェスターコート。合わせるアイテムもとことんフォーマルにすることで統一感を作り、着こなしに知的な男性像を生み出すのです。

 

一番やっちゃいがちなNGコーデが子供っぽいマフラーを合わせてしまう事。やけにカラフルだったり、ガラガラしていたり。

ストライプマフラー

photo by http://img01.gunmablog.net/usr/enzel/20091208.JPG

この手のマフラー、特にストライプ柄のモノは英国のスクールマフラーがルーツ。スクールマフラー、つまりは学校指定のマフラーが起源。チェスターコートの持つフォーマルさとは対極をなすドカジュアルなものがこの手のマフラー。

 

フォーマルさが特徴のチェスターコートと合わせてしまってはカラフルなマフラーのカジュアルさが悪目立ちして子供っぽく見えてしまう。子供っぽくなってしまう例は他にも。例えば尖がり靴や茶色い革靴。

 

尖がった靴は先端が長い分、足が大きく見えミッ○ーマウスのような可愛らしいシルエットになり子供っぽくなってしまう。茶色い靴は英国貴族が中で休日やレジャーを楽しむ際に履いた靴。黒い靴と比べるとリラックスして見え、フォーマルなチェスターコートの持つ緊張感とはギャップが生まれてしまう。

 

ダークスーツに色合いがシックなマフラー、黒い革靴。全身を真面目に合わせるのがチェスターコートのビジネスコーデの基本形

チェスタービジネスコーデ

photo by https://leon-jp.s3.amazonaws.com/production/uploads/2017/10/hc_141016_tie6_22232954956541_og.jpg

 

カジュアルでも便利なのがチェスターコート

カジュアルでもチェスターコートの使いやすさは抜群。カジュアルにおけるオシャレは「突っ込まれない程度にスーツスタイルを保つこと」。スーツは男性を最も魅力的に見せる服。ならば「休日もスーツを着ましょうよ」というのがこの理論。

 

とはいえ休日に仕事そのままにスーツを着れば、「これから仕事?」になってしまう。スーツの基本コーディネートはスーツにシャツ・ネクタイに革靴。これを「仕事?」と突っ込まれないように崩す...というか基本コーディネートからいくつかアイテムを取り換える。

 

例えばシャツをカットソーに。革靴もスニーカーに取り換える。すると「これから仕事感」は一掃され、オシャレなカジュアルスタイルに大変身。

guおすすめセットアップ

photo by http://www.gu-global.com/jp/lookbook/pc/style/17207001

スーツスタイルの肝は上下同色のジャケットとスラックス、要はセットアップ。セットアップスタイルをキープしつつインナーや小物を取り換えることで休日感を作るのが大人のオシャレのコツ。

 

この取り換え理論で苦労するのが冬。スーツスタイルを保つうえで最適なアウターはジャケット。でも、真冬にジャケットはいくら何でも寒いのです。

 

そこで便利なのがチェスターコート。スーツのジャケットをそのまま長くしたようなデザインのチェスターコートは、スーツスタイルを保つのに最適なのです。

 

チェスターコートと同色のスラックスを合わせるとぱっと見セットアップを着ているように見て、よりスーツスタイルを保てる。インナーをシャツにするとに仕事風に見えやすいインナーはニットやカットソーがおすすめですね。

チェスターコートセットアップ風コーデ

photo by https://leon-jp.s3.amazonaws.com/production/uploads/2015/12/IMG_00230.jpg

合わせるパンツのシルエットは細身がおすすめ。チェスターコートは丈も長くボリュームが出がち。上半身にボリュームがあるときは、下半身を細くしてアルファベットのYのようなシルエットを作るのがバランスが良い。

 

高級ブランドの「クリスチャンディオール」創業デザイナーのクリスチャンディオール氏。かつて彼が人間の身体を美しく見せる為に考案したシルエットの一つがこのYライン。

 

チェスターにスキニーパンツを合わせてYラインを作っている若い人も多いけれど...。

 

スキニーパンツの横ジワが入ったムチムチ感は大人にはしんどいのも事実。大人は細身のスラックスを合わせたほうがムチムチした横ジワができにくく、Yラインを作りつつエレガントな雰囲気を作ることが出来ます。

 

 

デザインさえ気を付ければチェスターコートは誰でも似合う

このチェスターコート。骨格診断3タイプで言うと誰が似合うかというと...実は全タイプに似合う。誰が羽織ってもサマになるからこそ、チェスターコートはここまで市民権を得たのです。

 

とはいえ、各タイプが似合うチェスターコートは微妙にデザインが異なる。

 

ストレートタイプに似合うチェスターコート

  • 肩パッドあり
  • Vゾーン深め(2つボタン位が目安)
  • ウエストの絞り強め
  • 上質素材で凹凸のないもの
  • 着丈は膝上~膝ジャストくらいまで

 

人間の体を構成するのは筋肉・脂肪・骨の3要素。ストレートタイプは筋肉の要素を1番強く感じる体型。太っていてもポッチャリというよりは固太り。痩せていても華奢に見えない。筋肉質ゆえに胸板が厚く、上腕二頭筋にもハリがあるのが特徴。

 

肩パッドのないコートを着ると上腕二頭筋のハリが服のラインに出てしまい、ムチムチ感が出る。肩パッド有の直線的な肩のラインのほうがムチムチ感を出すことなくすっきりした印象を作ることが出来ます。

 

Vゾーンが浅いと胸板が厚いため詰まって、窮屈そうに見えてしまう。深めにVゾーンを切り取ることで胸の厚さを縦に逃がすことが出来ます。そして腰の絞りが強いものを選ぶこと。腰の絞りが強いと暑い胸板とのコントラストで男らしい雰囲気に仕上がります。

 

筋肉は肉体的な豊かさの象徴。上質な素材を纏うことでその豊かさがより強調されます。凹凸のない素材は艶がある為、より上質さが際立ちストレートタイプの持つ「豊かさ」と調和します

 

胸板の厚い体型のため、縦のラインを作ってすっきり見せるのがストレートタイプのスタイルアップ術。着丈も標準~長めの物を選べば縦のラインを作ることが出来ます。

 

ウェーブタイプに似合うチェスターコート

  • 肩パッドなしor薄めの肩パッド
  • タイトシルエット
  • Vゾーン狭め(3つボタン位が目安)
  • 身体のラインに沿った自然な絞り
  • 柔らかく、防寒面で許せる範囲内で薄め
  • 着丈は短め(ジャケットがギリギリ隠れるくらいorジャケットより少し長め位が最高)

 

ストレートタイプと対極をなすのがウェーブタイプ。筋肉のストレートタイプに対し、脂肪のソフトさを感じるのがこのタイプの特徴。痩せれば緩やかにお腹がくびれる。太ればおなかだけポッコリ。

 

痩せようが、太ろうが緩やかに曲線を描くお腹周りと薄い胸板を持つのがウェーブタイプの特徴

 

薄い胸板を持つために重厚なデザインをウェーブタイプには合わない。軽やかでソフトなデザインがウェーブタイプには調和する。よって肩は丸みのあるノーパッドの作り。

 

素材も柔らかく、薄手。薄すぎると防寒力に支障が出るのである程度厚くなってしまうのは妥協点。柔らかい素材であるのは譲れませんね。

 

薄い胸板を隠す為にVゾーンは狭めの物を選ぶと寂しい印象になりにくいのがウェーブタイプ。また、緩やかな曲線を描く上半身はどうしても長く見える。私もウェーブタイプなのですが...要は胴長なのです。

 

胴長のウェーブタイプがスタイルアップするのに欠かせないのが上半身をコンパクトに見せる事。

 

着丈も出来るだけ短くモノを選ぶことで上半身をコンパクトに見せることが出来ます。華奢な人の多いウェーブタイプはオーバーサイズだと着せられている感が出て貧相に。タイトフィットを選ぶことで華奢さがかえって目立たず、軽やかな雰囲気になります。

 

ナチュラルタイプが似合うチェスターコート

  • 肩はラグランスリーブやドロップショルダー
  • Vゾーンは普通~深め
  • ゆったりとしたオーバーシルエット
  • ガサゴソとした武骨な素材
  • 着丈は長め

 

ナチュラルタイプは骨の要素を一番強く感じる体型。手足が長い・大きい、彫が深かったり、顔が大きかったり、随所に骨の発達を感じるのがナチュラルタイプ。身体の関節も大きいので、身体の随所に骨のゴツゴツ感を感じるのがその特徴。

 

骨のゴツゴツさから生まれる陰影はどこかな粋な雰囲気を感じさせるもの

 

肩回りもラグラン袖や肩が落ちているような作りのドロップショルダーでゆったりとした肩回りが粋になるのは、このタイプだけ。体の枠組みである骨がしっかりしている為、オーバーシルエットで着ても着せられている感が出ずに着こなすことが出来る。

 

逆にタイトフィットだと骨の凸凹感が服のラインに出てしまい、無理して細く着ている感が出てしまいます。

 

骨格の凸凹感に調和するように、コートの素材もガサゴソとした武骨な表情の物を。着丈もラフな雰囲気が出るように長めの物を選べば、粋な雰囲気が似合うナチュラルタイプに調和します。

 

「着こなしも似合うモノも分かった。でもどこに売ってるか分からん」・「コーディネート術は分かったけど具体的に何を買えばいいのやら」なんて方は無料メール相談やっています。買い物の予算と合わせてお悩みを明記していただければお答えします。

 

お気軽にページ下部からご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。


コメント

  1. 野口朝大 より:

    はじめまして21歳男性です。
    記事を拝見しました。

    チェスターコートを1着買おうと考えています。
    自分は胸板が厚く短足のため、ミドルサイズのものがいいと思うのですが、どこのブランドさんのものを買えばいいでしょうか。
    価格は1万〜1万5千円前後で考えています。

    1. Tsuruta より:

      野口朝大 様

      コメントありがとうございます。

      当記事から、骨格タイプの自己診断はお済でしょうか?

      ご体型の特徴から、「ストレートタイプ」なのでは...という仮説に基づいてご返信させていただきます。

      ストレートタイプの方は、カラダの厚みから、「豊さ」を感じさせるご体型です。

      「豊かさ」を感じる体型だからこそ、上質な素材のアイテムが体型から感じる雰囲気とマッチします。

      ご予算の範囲内で、出来る限り上質な素材のチェスタコート...となると、ユニクロの「ウールカシミヤチェスターコート」がおすすめです。

      「え~、ユニクロ??」と思うかもしれませんが、高級素材である、「カシミヤ」を10%混紡してあるのが、このチェスター。ちなみにカシミヤって数%混紡するだけで、素材の風合いがガラッと変わるので、10%って結構大きいですよ。

      正直、値札さえ見せなければ、「アローズで4万円した」って言っても、誰も疑わないくらいの素材感です。

      シルエットも適度にトレンドを取りえれた、ウエストの絞りを弱くした、リラックスシルエット。21歳というご年齢を考えれば、適度にトレンドを取り入れたシルエットの方が周りからのウケもいいでしょう。

      プライスは、定価で1.5万。今は期間限定プライスで、1万だそうです。このプライスでは、あり得ないくらいの極上素材。しかもシルエットもキレイ...非常におすすめです。

      ぜひ試着だけでも試してみてください。

      野口朝大様のご参考になれば、幸いです。

Comments are closed.