初心者必見!オシャレカジュアルの秘伝「取り換えの法則」を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
オシャレカジュアルの簡単方程式

現役販売員の鶴田です。

 

スーツスタイルは男性を最も魅力的見せる着こなしです。

 

ジャケットのVゾーンは胸板を厚く見せ、ネクタイでさらに立体感が増し、男らしい印象を作り出す。シャツも張りのある生地で体型の凹凸を隠し、体型カバーに。スラックスの足の凹凸を拾わないシルエットは、センタープレスも相まって足を長くまっすぐ見せる。磨けが磨くほど輝きを放つ革靴は、高級感を演出してくれる。

 

これほどのスタイルアップ術諸々、男性を魅力的に見せる事に特化した着こなしは存在しません。カジュアルスタイルでもスーツをベースにした着こなしをすることで男性を魅力的に見せる事が出来るのです。

 

でも、まんまスーツタイルではどんなにオシャレでも休日シーンでは「これから仕事?」と突っ込まれるのは目に見えている。だから「突っ込まれない程度にスーツスタイルを着崩しましょう」というのが当ブログが提案する理論。

 

こんな話をすると多いのが「突っ込まれない程度?その塩梅が分からないんだよ!」という質問。

 

ファッション以外の分野にも言える事ですが、万能な理論ほどどうしても抽象的になってしまう。「売り上げを上げるためには顧客満足を上げる事」なんて理論はその好例。どこの会社でも通用しそうな話でしょ?

 

そこから値下げや品質の向上やサービスの充実...どんな具体的な行動が適しているかは企業によってさまざま。理論は抽象的であれば万人に通用するけど具体的行動が分からない。具体的であればあるほど、行動は分かりやすいものの、適してるかどうかは人それぞれ。

 

抽象論である「突っ込まれない手度にスーツスタイル」。今回はこの理論を限りなく具体化。かつ限りなく万人に通用するファッションテクニック「取り換えの法則」を解説します。

 

スーツスタイルから取り替えていく

スーツスタイルの基本は

  • ジャケット
  • ジャケットと共生地のスラックス
  • シャツ
  • ネクタイ
  • 革靴

の計5点のアイテムで構成されています。このままだとカジュアルスタイルではキメすぎ。「休みなのにどうしたの?」と突っ込まれてしまう。

 

スーツスタイルをベースに5点を適度に取り換えるのが突っ込まれないコツ。ではどんな塩梅で入れ替えるのが丁度いいか?

 

試しに5点すべてカジュアルアイテムに入れ替えてみると

  • ジャケット→パーカー
  • スラックス→チノパン
  • シャツ→Tシャツ
  • ネクタイ→ネックレス
  • 革靴→スニーカー

こんな感じ。

アメカジ

phot by http://fsimg.mensfashion.cc/fs2cabinet/C28/C2862/C2862-m-01-dl.jpg

モデルの顔を指で隠してみてください。一般的な男性のスタイルやルックスでは、「すっごい普通」なカジュアルスタイルになるのを感じるはず。30代に差し掛かれば「子供っぽい」と評価されてもおかしくないでしょう。

 

一般男性かつどの年代でもオシャレに見える「取り換え」の塩梅は「5点中3点をカジュアルアイテムに取り換え」かつ「ジャケットかスラックスを必ず残す」こと。

 

例えば

  • ジャケット→そのまま
  • スラックス→そのまま
  • シャツ→そのまま
  • ネクタイ→メガネ
  • 革靴→スニーカー

 

例えば

  • ジャケット→そのまま
  • スラックス→デニム
  • シャツ→Tシャツ
  • ネクタイ→スカーフ
  • 革靴→そのまま
上級者スカーフ

photo by http://www.mensclub.jp/var/mensclubjp/storage/images/fashion/snap/tokyo_11_0418/01/119299-1-jpn-JP/01_rect980.jpg

 

例えば

  • ジャケット→ライダース
  • スラックス→そのまま
  • シャツ→ノーカラーシャツ
  • ネクタイ→メガネ
  • 革靴→そのまま
オシャレカジュアルの簡単方程式

photo by https://otokomaeken.com/wp-content/uploads/2015/08/20150730114708134_500.jpg

 

例えば

  • ジャケット→そのまま
  • スラックス→そのまま
  • シャツ→ノーカラーシャツ
  • ネクタイ→サングラス
  • 革靴→スリッポンシューズ
大人セットアップ

photo by http://kurumani.com/wp-content/uploads/2016/02/52.jpg

 

どれも滅茶滅茶オシャレでしょ?もう一度モデルの顔を指で隠すとわかりやすい。モデルの顔に左右されず、かつ大人っぽいオシャレなのに気づくはず。

 

シチュエーションによってアレンジ

なぜ「3点取り換え」なのか?なぜ「ジャケットかスラックス必須」なのか?

アウターとパンツは全身の中でも大きな分量を占めるアイテム。大きな分量を占める部分に「スーツスタイル」を残す。そうすることで男性を最も魅力的に見せるスーツスタイルの恩恵を最大限受けることが出来るのです。だから「ジャケットかスラックス必須」なのです。

「3点取り替え」はあくまで目安。シチュエーションに応じて入れ替える点数を変えるのがベストです。「小さい子供を連れて公園にお出かけ」だったら3点取り替えではキメすぎ。4点入れ替えるくらいが最適でしょう

 

「パートナーと記念日ディナー」だったら、2点だけ入れ替えて華やかにするのも良いでしょう。

 

もちろんジャケットもスラックスも着用せず、「取り換えの法則」を成立させる方法なんていうのもあります。それに加えて、季節によって着用アイテムが5点から増減した場合のケーススタディも網羅するファイルを作成して配布することも計画しています。

 

「早く教えて!」なんていう方は無料メール相談していますので、ページ下部からご連絡いただければ個別にお悩み相談いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。


コメント

Comments are closed.