大人のメンズファッションに最も必要なのは「上品」であること。スーツスタイルを参考に上品なオシャレをしよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

男性のファッションでも最も大事なのはなんだと思いますか?

 

「オシャレさ?」

「清潔感?」

「場の雰囲気に合ったファッション?」

 

 

答えは「上品」であること。

 

「上品」であればあるほど、自然と清潔にもオシャレにも見えてしまうのがメンズファッションなのです。

 

今回は

  • なぜメンズファッションに上品さが必要なのか?
  • 上品なファッションの作り方

この二つについて解説しますね。

 

[:contents]

 

 

オシャレはチャラく見られがち。チャラく見られないために「上品さ」が必要

オシャレな人って「いいな~」って思う反面、チャラく見えませんか?

 

学生時代にオシャレだったグループってチャラく見えませんでしたか?

 

ちょっと洒落っ気を出すと、会社の上司や学校の先生から「チャラチャラしてる」って注意されませんでしたか?

 

オシャレって、どうしてもチャラく見られがち。学生時代ってオシャレな子は大抵不良グループでしたからね。そのイメージを引きずってオシャレ=悪いこと...みたいに思われてしまいがちです。

 

そもそも今の世の中、品のないオシャレをする人が多い...っていうのもありますが。

 

「オシャレ=チャラい、悪いこと」なんてイメージがあるせいで、オシャレをするのに抵抗がある人も多いのも事実。

 

でも「外見は内面のもっとも外側」なんて言葉があるように、外見だって人となりを表す大切な要素です。

 

 外見を磨いて自分の世界が広がるチャンスを無駄にしてしまうのはもったいないですよね?

 

せっかくオシャレして外見を磨いているのに「チャラい」なんて思われるのは嫌ですよね?

 

チャラいの真逆をいく「上品」なファッションでオシャレをすれば、

  • 「チャラい」なんて後ろ指さされることもなく、オシャレが出来ます
  • オシャレを周りの人に好意的に受け取ってもらえます
  • 周りに評価されるオシャレなら自信もつきます
  • 外見を上品に装うことで、内面も品格のある人に近づけます

...っていう話です。

 

ちなみに僕は学生時代、全く目立たないグループにいました 苦笑

 

そのせいか、目立つグループ・チャラチャラしたグループの人たちはちょっと苦手だし、話も趣味も合わない...。

 

それは今でも変わりません。

 

へッ!チャラいファッションなんてクソくらえだぜ!!アンタ達みたいなファッションをするのはごめんだぜ!!!

 

 

という、チャラいファッションに対する僕の思いを元に「チャラい」・「品のない」オシャレのデメリット、上品なオシャレのメリットをつらつらと書いたのが上の内容になります(笑)

 

カジュアルでも「スーツスタイル」をアレンジすることで「上品さ」が生まれる

男性が最も魅力的に・上品に見えるファッションは「スーツスタイル」。これに異論のある人はいないはず。

 

イケメン芸能人や彼氏のスーツ姿にキュンッとくる女性が多い様に。

私服がダサい男性でも、仕事でスーツを着るときはそれなりに見えたり。

 

 

スーツスタイルは「イケメンをよりかっこよく、そうでない人も雰囲気イケメンくらいに見せてくれる」究極のコーディネートです。

 

しかも、スーツを着れば高級レストランも老舗ホテルにも簡単に出入りできちゃう品格も持っているのがスーツスタイル。

 

そんなに素敵で、品よく見えるなら「休日もスーツを着ちゃいましょうよ」という話。

 

「でも休日もスーツなんて変じゃない?」

 

ごもっとも!!

 

どんなにオシャレでも休日にスーツを着れば「仕事帰り?」なんて突っ込まれるのは目に見えていますよね。

 

「仕事帰り?」と思われない程度にスーツスタイルを適度に崩すことがカジュアルスタイルのコツです。

 

  • スーツスタイルを崩せば、休日らしさが生まれて「仕事帰り」に見られずに済む
  • スーツスタイルを崩すと、「男性が最も魅力的に・上品に見えるファッション」であるスーツスタイルの完成形から離れてしまう

 

このシーソーのような「こっちを取れば、アッチが立たない」というカジュアルファッションのバランスの取り方は、ファッション関係者がいろいろなロジックで指南をしていますが...。

 

手前味噌ですが、僕の提案は「スーツスタイルの完成形」をもっとも崩していないと自負しています。

 

「仕事帰り」に見られないスーツスタイルのアレンジ方

スーツスタイルで使われるのは

  • スーツ(セットアップ)
  • シャツ
  • ニット
  • コート
  • 革靴

の5アイテムです。これこそが「大人の5アイテム」です。

 

僕が提案するカジュアルスタイルで使うのはこの5アイテムだけ!!

 

Tシャツもデニムもスニーカーもブルゾンも使いません。この辺のアイテムは「スーツスタイルを崩す」には最適なんですが、その反面スーツスタイルの完成度も下げてしまう。

 

僕が目指すのは、スーツスタイルを崩しつつ、できるだけスーツスタイルの完成度を下げないスタイル。だから僕の提案するスタイルでは、カジュアルでも「スーツスタイルに使われている5アイテム」しか使いません。

 

しかもどれもスーツスタイルに使われるアイテムだからオンオフ兼用が出来ちゃう。オンオフ兼用の服が多いから、少ない服でオシャレが出来ちゃう。

 

10から13,4着あれば十分かな。

 

この5アイテムだけを使いながら、「組み合わせの妙で」「アイテムの選び方で」でスーツスタイルを崩すことで「あなたをもっとも魅力的に 」「もっとも上品に」見せてくれるカジュアルコーディネートの出来上がり~♪ってわけです。

 

例えばこんな感じですね。このスタイルも使われているのはセットアップ(ジャケット・スラックス)ニット・革靴のみ。

f:id:hij20120525:20180507102330j:plain

 

スーツスタイルで使われる5アイテムだけを使うとこんなにもオシャレなカジュアルスタイルが出来上がるんですね。

 

「理屈は分かったけど、結局何をすればいいの?」

 

手始めにいつものコーディネートから1アイテムだけでも上に書いてある5アイテムのどれかに入れ替えてみてください。

 

例えば

Tシャツにジーンズ、スニーカーのコーディネートだったら、

  1. Tシャツを半袖ニットにしてみる→半袖ニットについては こちら。※参考記事半袖ニットはいつ着るの?ユニクロの「ウォッシャブルクルーネックセーター(半袖)」は夏の着こなしを大人っぽく見せてくれる良品ニット
  2. ジーンズをスラックス(セットアップの組下)に変えてみる→スラックスについてはこちらの記事を読んでみてください。※参考記事たった7000円で仕事も休日もオシャレになれるGUのセットアップのクオリティが凄すぎる件

     

  3. スニーカーを革靴に入れ替えてみる→革靴についてはこちらの記事を読んでみてください。※参考記事ローファーはイクメンこそ履くべき革靴。保育園の送り迎えで脱ぎ履きが便利な上に超オシャレ!

たったこれだけの事でも驚くくらいオシャレに、しかも大人ぽくなっているのに気づくはずです。

 

今回はこんな感じ!。これから「大人の着こなし術」を発信していきますので今後ともよろしくお願いいたします。 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。


コメント

Comments are closed.