服装を考えるのがめんどくさい男性は「ファッションデザイナー」の服装を参考にしよう!オシャレなメンズファッションデザイナー3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
カーディガンはスーツを劇的にオシャレに見せる便利アイテム

洋服のコーディネートにお手本にしている人っていますか?

 

モデル?芸能人?スタイリスト?友達?同僚?

 

実は一番おすすめなお手本は「ファッションデザイナー」なのです。

 

忙しい人・めんどくさがりな人ほど「デザイナー」をお手本にしよう

「デザイナーなんて...オシャレすぎて参考になんないよ」

 

なんて風にデザイナーって超ファッショナブル...なイメージを持つ人も多いでしょう。

 

確かに彼らはオシャレなんですけど、実はすごくシンプルなファッションを好む人が多い。

 

デザイナーの仕事ってすごい大変なんですね。春夏・秋冬の年2回100点以上の膨大な商品をデザイン・生地選び・シルエット作り等のたくさんの工程を経て作らなければいけないちょ~忙しい仕事。

 

さらにファッションショーをするようなブランドになるとショーのモデル選びや演出。着こなしのコーディネートもしなきゃいけない殺人的スケジュールに追われているのがデザイナーなんですね。

 

「俺だって忙しいわい!」

 

それ、それ!!

 

デザイナーもあなたも職種こそ違えど、自分の服装の事に長々時間をかけていられないのは一緒なんですね。

 

だからこそ参考になる。

 

デザイナーは一分一秒でも多く服作りに時間をかけたいから、時間のかかる複雑なコーディネートは一切無し。

 

だからデザイナーにはシンプルなファッションの人が多いんですね。しかもほぼワンパターン。パターンは少ない方が迷いませんからね。

 

逆にモデルや芸能人・スタイリストは着飾ること自体が仕事の一つ。だから時間をかけてでも複雑なコーディネートをして少しでも際立つように着飾るんですね。

 

洋服の事ばかり考えていられない我々一般人が真似すべきなのは当然デザイナーのファッションですよね。

 

もちろん着飾る・あれこれコーディネートを考えるのが何よりの楽しみ...なんて人は芸能人やスタイリスト・モデルの服装を参考にするのも良いと思います。

 

 

オシャレなメンズファッションデザイナー①ドリス・ヴァン・ノッテン

ファッション好きの人以外にはなじみのない名前かもしれませんが。

 

新宿伊勢丹やユナイテッドアローズの原宿本店で扱われていたり、単独店舗を青山に構えていたり...な敷居高めオシャレブランドがドリスヴァンノッテン。パリコレ常連ブランドのデザイナーですね。

 

 

f:id:hij20120525:20180322154323j:plain

photo by https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%8E%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%B3+%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiH6fiWqf_ZAhWqgFQKHT_cCC0Q_AUICigB&biw=1821&bih=868#imgrc=yq2sbaM-QXSFiM:

第2ボタンまで開けて中のTシャツをチラ見せして、肘が見えるまで裾まくり。シャツの裾はスラックスorスラックスの裾にインするのが彼の定番ですね。

 

チョット間違えると仕事帰りみたいなファッションですが...。

  • 第2ボタンまで胸を開ける
  • 中のTシャツをわざと見せる
  • 袖を綺麗に細く捲る
  • カジュアルなリボンベルトをする

 

 

どれもビジネスではあまりしない着方ですよね?

 

こういったいわゆる「崩し」と言われる小技を入れる事で「仕事帰り感」を払しょくしているんですね。

 

小技こそ使っていても身に着けているのは白シャツにネイビーの綿スラックスと実にシンプルなんですね。

 

ポイントは仕事に着て行けそうな「キチンと」した服、彼の場合白シャツとコットンスラックスがそれですね。

 

で、それを小技で着崩すこと。特に袖の捲り方・カジュアルなデザインのベルト使いなんてのはマネしやすいはずです。

 

参考になるメンズファッションデザイナー②チャーリー・ケイスリー・ヘイフォード

f:id:hij20120525:20180322155533j:plain

photo by https://www.google.co.jp/search?biw=1821&bih=868&tbm=isch&sa=1&ei=W1KzWqm8L4SO0gKRp7KgDg&q=charlie+casely+hayford&oq=chaily+casely+&gs_l=psy-ab.1.1.0i19k1l2j0i13i30i19k1.70398.82314.0.85820.31.20.0.0.0.0.549.4300.0j2j6j6j0j1.15.0….0…1c.1.64.psy-ab..17.8.2718…0j0i4k1j0i30k1.0.YKQqLLapEus#imgrc=wm8SWGvFQjX4xM:

 

左がチャーリーで右がお父さんのジョーですね。

 

親子で「ケイスリーヘイフォード」というブランドをやっているロンドンのデザイナーコンビですね。

 

チャーリーはデザイナーのなる前から、「メンズノンノ」で度々登場していた根っからのオシャレさんです。僕が高校~大学生くらいの時だから10~15年前くらいかな。

 

若いころは尖ったファッションもしていたチャーリーですが、最近は上の画像のようなセットアップ+カットソーに足元は映ってませんがちょっとゴツ目なブーツが定番化しています。

 

 

 

ちなみにセットアップはコーディネートをに使う時間を短縮&最速でオシャレにしてくれる服。詳しくはこちらの記事で解説しています。

※参考記事

服のコーディネートを簡単にするコツ。カーディガンやパーカーみたいな中間着は省略しちゃいましょう。

 

セットアップ=スーツゆえに一つ間違うと「仕事帰り」に見えてしまうのは、ドリスのファッションと同じですね。

 

なので

  • シャツではなくカットソーを着る 
  • 革靴ではなくてブーツを合わせる

こうすることで「仕事帰り」感を消してオシャレなカジュアルスタイルにしているんですね。

 

ちなみに僕の定番コーディネートも、ほぼチャーリーと一緒。セットアップは超楽ちんですよ。

 

参考になるメンズファッションデザイナー③トムブラウン

昨年位からユニクロが「くるぶし出していきましょう」のフレーズでくるぶし丈のパンツを大プッシュしていますが...。

f:id:hij20120525:20180322161109j:plain

 

実はくるぶし丈の元祖&トレンドを作ったデザイナーが「トムブラウン」、この人なんですね。

f:id:hij20120525:20180322161225j:plain

 

この方の定番はグレーのスーツ&ネクタイ&カーディガンに白シャツに黒い革靴のスタイル。

 

字面だけで見ると「ザ・ビジネススタイル」な着こなしですが、実際に着こなしを見るとどこかカジュアル感を感じませんか?

 

その秘密はパンツ丈。ぜっったいにビジネスではやらない短さですよね?

 

だからこそ、「ビジネス」感が消されくスーツなのにどことなくカジュアル感を感じるのです。

 

実際この絶妙なバランスが大ウケして「カジュアルシーンでスーツを着る文化」がファッション好きの間に生まれたほど。

 

「カジュアルでこれを真似するのはちょっと...」

 

なんて人にも「グレーと白の2色のみ・柄は無地」でもここまでスーツがオシャレに見えるのは理解できるはず。

 

スーツって実はコーディネートの色の数が減るほど・コーディネートの柄が弱くなるほど印象が「大人っぽく」なるのです。

 

スーツのコーディネートに悩んでいる人は、「柄は無地」・「色はシャツの白ともう一色だけ」に絞ってしまうと朝悩まずにオシャレなコーディネートを組むことが出来ますよ。

 

 

 

...今回の内容、ちょっと長くなってますけどもうちょっといいですか?結構大事な内容なんで(笑)

 

デザイナーのファッションの共通点

 

それは

「ドレスライクな服を絶妙に着崩している事」

何です。

 

ドレスライクっていうのは言い換えればスーツスタイルに使われるアイテムの事。

 

ドリスで言えば白シャツにスラックス。

チャーリーで言えばセットアップ。

トムブラウンで言えば、スーツ・白シャツ・ネクタイ・革靴・カーディガン。

 

この辺のアイテムはすべてスーツスタイルに用いられるアイテムですよね?

 

スーツスタイルは男性を最も魅力的に見せるアイテムです。「大好きな芸能人のスーツ姿にキュンとする」なんて女性が多いことからもそれは分かるはず。

 

たとえは悪いですが、カジュアルファッションがものすご~くダサい人でもスーツ姿は「何とか見れる」程度の人が多いのもそのため。

 

魅力的に見えるなら休日もスーツを着たほうが手っ取り早く素敵に見せれますよね?

 

でも休日もスーツを着るとどうしても「仕事帰り」にしか見えません。

 

だから着崩して、「仕事帰り」感を消しているのがデザイナーのファッションなんですね。

 

崩すっていうのは言い方を変えれば「仕事では絶対にしない着方」の事。

 

ドリスで言うところの

  • 白シャツを第2ボタンまで開ける
  • シャツの中のTシャツを見せる
  • リボンベルトを合わせる

 

チャーリーで言うところの

  • セットアップにカットソーを合わせる
  • ブーツを合わせる

トムで言うところの

  • くるぶしが見えるパンツ丈

何かがそれですね。

 

「コーディネートをあれこれ考えるのがめんどくさい」

 

なんて人はカジュアルウェアをあれこれ組み合わせてコーディネートするのはしんどいはず。

 

ドレスウェアをデザイナーの着崩し方を参考にしたほうがシンプルでしかもオシャレなファッションが出来ますよ。

 

コメント欄ありますので、「どうやっておしゃれをすればいいのか分からない」「うちの旦那をオシャレにしたい」なんて方はお気軽にコメントください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。


コメント

Comments are closed.