アクセサリーが恥ずかしい人へ!さりげないアクセントの付け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
シャツとニットの重ね着の仕方

現役販売員の鶴田です。

 

「なんか物足りないんだよな~」というファッションを打破するのに手っ取り早いのがアクセサリーでアクセントをつける方法。当ブログでスカーフを推奨しているのもその一環。アクセサリーはうまく使えば、着こなしを差別化することが出来ますが、「色気づいちゃって(笑)」と陰口を言われるのが不安なのも事実。

 

色気のある大人は魅力的ですが、色気づいている大人はなんとも滑稽に映るものです。

 

アクセサリーのような装飾のためだけの実用性のないアイテムは、周りに「色気づいている」という印象を与え安いモノ。まぶしくないのにサングラス。寒くないのにストール。仕事でもないのにネクタイ。実用性・機能性のないオシャレは「俺オシャレやってま~す」っていうマインドが見え隠れするのがなんともダサいのです。

 

アクセサリーを使わなくても、着こなしやアイテム選びをちょっと工夫するだけでアクセントなんていくらでも付けられるんだぜ...というのが今回の内容です。

 

シャツの襟を活かしてスカーフ風にする

当ブログでごり押ししているスカーフ。アクセサリー同様、着こなしにアクセントを加えてくれる小物です。

キツネセットアップ

photo by https://shop.kitsune.fr/man/fall-winter-collection/fw-17-lookbook.html

とはいえ、機能性・実用性は皆無。うまく着こなしになじませなければ、「俺オシャレやってま~す」感が出てしまうのも事実。でもちょっとした着こなしのコツを押さえれば簡単にスカーフを使わなくても「スカーフ風」のアクセントを首回りに加えることが出来るのです。

 

例えば丸首のセーターの下にタートルネックカットソーを着るスタイリング。

着こなしにアクセントをつける方法

photo by http://i7.wimg.jp/coordinate/xk2yh4/20150928025616290/20150928025616290_500.jpg

セーターとカットソーの色を違う入りで組み合わせるのが有効。こうすると首元で色が切り替わり、ぱっとスカーフを巻いたようなアクセントを加えることが出来る。しかも周りにはあくまで「寒いから重ね着をしてる」だけに見え自然なオシャレに見せることが出来るのです。

 

もう一つ、重ね着をするだけでスカーフ風のアクセントを首回りに着ける方法を。

 

それは丸首セーターとシャツの重ね着。

 

 

「エッ?普通じゃね!?」

 

普通、シャツの上に丸首のセーターを着る場合、こんな風にセーターの上にシャツの襟を出しませんか?

シャツとニットのオシャレな合わせ方

photo by http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/production.bsm/system/shop_items/pictures/31898/small.jpg?1427705676

 

これではスカーフ風もへったくれもありません。ただ単にセーターの下にシャツを着ている...というごくごく自然の着方。シャツの襟をセーターから出さずに隠すと見え方は一変。

シャツとニットの重ね着の仕方

photo by http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/production.bsm/system/shop_items/pictures/31898/small.jpg?1427705676

 

襟が隠れることで、下にシャツを着ていると分かりにくくぱっと見スカーフを巻いているような装飾性を得ることが出来ます。シャツが柄物なら、その装飾性はさらに増します。ポイントは襟をしっかり隠してくれる首の開きが狭いニットを使う事。

 

とても簡単なテクニックなので、自宅の鏡の前で試してみてください。シャツの襟を出すのと隠すのでは、オシャレさが格段に変わるのを実感できるはず。

 

ジップがネックレスに早変わり

アクセサリーと聞いてネックレスをイメージする人も多いでしょう。うまく使うと、一気に着こなしが格上げされますが、「ナルシスト」っぽく見えてしまうのが心配でつけるには勇気がいるのも事実。

 

そもそもアクセサリーは女性と比べて男性は縁遠いアイテム。「買おうにもどこで買えば分からん」という人も多いはず。

 

実はネックレスなんて付けなくても、ネックレス風の装飾なんて簡単に得ることが出来るんです。それはジップ、要はファスナー。

 

一口にファスナーと言っても施されている加工は様々。シルバーメッキだったり、ゴールドメッキだったり。アンティーク風のつや消し加工がしてあったり。

オシャレに見えるファスナー

photo by http://itoyasan-bobin.com/pic-labo/ykk-5m-kaban-3.jpg

 

ネックレスのような装飾性を出してくれるのはズバリ、ピカピカに磨かれたファスナー。

オシャレに見えるファスナー選び

photo by https://www.leathercraft.jp/thumb/img/goods/21441/excella_sample01.jpg

画像はファスナーの大手YKKの最上級ラインの「エクセラ」と呼ばれるファスナー。めっちゃピカピカでしょ?持ち手なんてペンダントに着けてもいいくらい美しい光沢を放っている。

 

「ジップを締める」というごく自然な着こなしでも、ファスナーの光沢感がまるでネックレスのような装飾性を加えてくれるのです。

1枚で装飾性抜群のオシャレアイテム

photo by http://store.tomorrowland.co.jp/shop/tomorrowland/item/view/shop_product_id/22491

 

しかもファスナーは当然首元からウエストにかけて長く持ち入られる付属品。アクセサリー初心者が、控え目なネックレスを付けるよりもずっとアクセントとして目立つ。それに加えて、ファスナーを閉めるのは防寒上とても自然な行為。下手のネックレスよりも目立って、尚且つごくごく自然い取り入れられるのが光沢のあるジップを持つアイテムなのです。

 

ちなみに上記のアイテムはトゥモローランドの「メリノベーシックス ジップアップブルゾン」。妻からクリスマスプレゼントで10月にもらって以来、私自身非常に重宝しているアイテムです。ジップはYKKのエクセラを使用して上品な光沢感。デザインはスタジャンをベースにしている為、秋口はアウターとして。スウェット位の厚さのニット素材のため、冬はアウターの下に着て長い季節着ることが出来ます。

 

素材も極上のメリノウールを使っていて、仄かな光沢感が高級感を感じさせ、大人が着ることが出来る逸品です。定価はほぼ3万円と下手なアウターよりも高額ですが(奥さんありがとう( ;∀;))、今なら30%オフの¥19656だそうです。

 

オンラインストアでは軒並み完売でしたが、この前覗いた店舗では在庫がちらほら。近場の店舗で在庫があった際は試着だけでもぜひ。「たかがジップでここまで変わるのか...」と驚くこと必見です。

 

当ブログではファッション無料相談を受け付けています。セールが開催されているこの時期、何を買えばいいのかなんていう買い物相談も現役販売員ならではの裏情報も質問いただければこっそり伝授しちゃいます。相談はページ下部からお気軽にメールください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。