西野亮廣著書から学ぶ、失敗しない買い物術【新・魔法のコンパス編】

現役ショップスタッフの鶴田です

今回は「失敗しない買い物術」の連載シリーズパート②。

パート1を未見の方はこちらをぜひ。

西野亮廣著書から学ぶ、失敗しない服の買い物術【革命のファンファーレ編】

当記事は良質なビジネス書から、ファッションにも応用できる知見を抽出。実際にファッションロジックに落とし込んで解説しています。

これ一つ読めばビジネスにもファッションにも応用出来る知見を得ることができてしまう。

つまり見た目も中身もカッコいいオトコになれちゃう…という一石二鳥な内容となっております。

 

今回のビジネス書も西野亮廣著作。「新・魔法のコンパス」でございます。

 

限られた予算を賢く使いたい・無駄な買い物はしたくない...そんな方には役立つ情報となっております。

 

時間を持て余す=お出かけの失敗

西野亮廣氏はお笑いコンビ、キングコングのツッコミ担当。

 

定期的にお笑いライブを開催しています。

 

で、吉本興業は全国に10ヶ所ほど劇場を持っているそう。

 

テレビに出ている有名芸人のライブは当然、東京会場で行われることが多いのですが…。

 

客入りは実は不安定なのだとか。

 

客入りが安定して高水準なのは大阪の「なんばグランド花月」のみ。

 

有名芸人が出演する東京会場の客入りが不安定で、東京会場よりも知名度の踊る芸人が出演する「なんばグランド花月」が安定した動員数を誇るのか?

 

それは「お客さんの1日をコーディネート出来ているか否か」。

 

「なんばグランド花月」があるのは大阪。

 

ぶっちゃけ、お笑いライブのためだけに大阪に行くのは相当なお笑いファンでもない限り二の足を踏んでしまうものです。

 

でも、大阪にはUSJがあって、タコ焼きがあって、お好み焼きがあって、ミナミがあって、そして「吉本新喜劇」がある。

 

これだけ行楽スポットがあれば、「じゃあ大阪に行こう!」となるわけです。

 

時間を持て余す心配もないし、仮に一つの行楽スポットが「ハズレ」だったとしても、他にも行楽スポットがあるからリスクヘッジにもなる。

 

要は「時間を持て余す」心配がないから、お客様は安心して遊びに来れる。

 

だから客入りも安定している…というわけです。

 

集客をするには「一つのイベントのパワー」だけでは不十分。

 

それを踏まえて西野氏は東京会場のライブの際は

①ライブのチケット

②ライブ+終演後の交流会のチケット

の2タイプのチケットを販売したところ、売れ行きスピードは圧倒的に後者のほうが早かったそう。

お客さんの「一日をコーディネート」して上げたわけですね。

 

複数のイベントで「時間を持て余す心配」を払拭することで集客力がアップする…ということが本著から学ぶ事ができます。

現役ショップスタッフである私の場合、「新作の服が入荷しましたよ~」だけでは集客が難しい。

だから「新作の服の入荷日には上のイベントフロアで北海道物産展もやってるし、地下の食品フロアにタピオカミルクティー屋さんもオープンするので遊びに来てくださいね~」と訴求するとレスポンスが上がる...ということですね。

今度やってみよ!!

 

服を持て余す=買い物の失敗

人は「持て余してしまう」と失敗と感じるもの。

集客のコツが時間を持て余す心配を払拭するべく、「1日のスケジュールをコーディネートする」こと。

これを服に置き換えるなら、「服の1週間のスケジュールをコーディネートする」ことにあります。

1週間に1度しか着ない服って1か月に換算しても、その着用回数はわずか4回。

「購入した回数÷使った回数」で考えてみると、結構持ったいないお金の使い方でしょ?

買っても後悔しない・失敗しない服を1週間に何度も使える服です。
これに連載パート①で解説した「生活必需品を買う」を掛け合わせると...。

スーツがヨレてきたから新調する必要が出てきたからスーツを買う。

そして「スーツの1週間のスケジュールをコーディネート」してあげる。

例えば
・月曜日は上下セットでビジネススーツスタイル

View this post on Instagram

お金のかからないオシャレの原則は「購入金額÷使った回数」つまり一回使うあたりいくらなのか? 今日のコーディネート ジャケット→約6000円÷50回=120円 スラックス→約2000円÷40回=50円 シャツ→約2000円÷30回=66円 ネクタイ→0円 スカーフ→約2000円÷100回=20円 ベルト→約12000円÷815回=15円 サングラス→約28000円÷115回=243円 バッグ→約90000円÷115回=782円 時計→約70000円÷115回=608円 シューズ→約40000円÷200回=200円 1回辺り2104円コーディネート #メンズファッション#ファッション#ユニクロ #uniqlo #gu #ジーユー #チープシック #cheapchic #お金をかけないオシャレ #お金のかからないオシャレ

A post shared by Hajime Tsuruta (@_hajime_tsuruta) on

・火・水曜日は休憩させてあげる...服は休み休み着ると長持ちするのです。

・木曜日はジャケットだけ使ってビジネスカジュアル

View this post on Instagram

お金のかからないオシャレの原則は「購入金額÷使った回数」つまり一回使うあたりいくらなのか? ジャケット→約6000円÷50回=120円 スラックス→約2000円÷100回=20円 シャツ→約2000円÷80回=25円 ネクタイ→約1000円÷50回=20円 ベルト→約12000円÷800回=15円 ネックウォレット→約50000円÷60回=833円 サングラス→約2800円÷100回=280円 バッグ→約90000円÷100回=900円 時計→約70000円÷100回=700円 シューズ→約30000÷100回=300円 1回あたり3213円コーディネート なぜか傾いている体……(苦笑) #mensfashion #mensoutfits #メンズファッション #cheapchic #お金のかからないオシャレ #ビジネスカジュアル#ジャケパン

A post shared by Hajime Tsuruta (@_hajime_tsuruta) on

・金土曜日は休憩

 

・日曜日にスラックスだけ使ってカジュアルスタイル

生活必需品を週3回、出番が来るように「服の1週間のスケジュールをデザイン」してあげると服を持て余すことがありません。

週1回しか着ない服は1か月換算でも4回しか着ないけれど...。

服の1週間のスケジュールをデザインしてあげると、わずか1週間で3回も使える。

どちらが賢い買い物かは、もちろん後者でしょう。

で、週3回の使用となると

  • 休日でも着られるスーツ
  • スポーツでも部屋着でも街着でも着られるスウェット

といった感じに本来の用途とは別のTPOで使える服の方が「服の1週間のスケジュール」をデザインしやすい。

「そんな服どこで売っているの?」

という話ですが、例えば

  • 街着用のカジュアルセットアップの中から仕事でも使えるスーツを探す
  • 街着用のスウェットの中からスポーツでも使えるスウェットを探す

というのがおすすめ。

ちなみにブランドはユニクロ・GUでも全然オッケー。

スーツとかスポーツの専門店で取り扱っているものは、「スーツならビジネス」「スウェットならスポーツ」に特化しすぎたデザイン・シルエットのことが多く、カジュアルシーンでも使用が難しいものが多いのが事実。

街着用にデザインされているとはいえ、そこはスーツはスーツ。スウェットはスウェット。

よほど選び方を間違えないかぎり、街着用のスーツはビジネスでも通用するし、街着用のスウェットでスポーツをしても何ら支障はありません。

まとめ

「生活必需品」を「1週間で3回使えるようにスケジュールをデザイン」して「街着用として作られたもの」を買う。

こうすれば買い物の失敗をなくせる...というのが今回もまとめ。

今回はここまで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。