Vゾーンって何?Vゾーンをオシャレに見せるコーディネート術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ツルツル素材同士のVゾーン

現役販売員の鶴田です。

 

Vゾーンは「統一感」と「寂しく見せない」ことがポイントです。

実はドレスだけでなく、カジュアルにも存在するVゾーン。


オンもオフも、オシャレしたい人必見の内容です。

 

 

Vゾーンとは、V字に開いた胸の開き

テーラードジャケットの前のボタンを閉じると、胸の開きがV字になります。これがVゾーン。

ツルツル素材同士のVゾーン

phto by http://www.asahi.com/fashion/column/images/TKY201008040149.jpg

 

一般的には、V字の開きのことだけでなく、「スーツ・シャツ・ネクタイの組み合わせ」のこともVゾーンと呼びますね。

 

このVゾーン。逆三角に開くことで、男性の胸板を厚く見せてくれます。男らしい頼りがいのあるイメージを作ってくれるんです。

 

 

人間、カラダのパーツでまず最初に見えるのが、「顔」。顔が一番目立つわけです。その「顔」の近くにあるパーツは、当然目立つ。

 

つまり顔の近くである「胸回り」=Vゾーンは目立つ...ということ。

 

目立つがゆえにVゾーンさえ、オシャレにコーディネートで着れば、スーツを7~8割方オシャレに着こなしているも同然。

 

Vゾーンをオシャレに着こなすためのポイントは「統一感」と「立体感」の2つ。この2つは、当サイトでさんざん解説してきましたが...。未見の方は、スーツをオシャレに着こなすために必要なのは、立体感、高級感、統一感の「3つの感」を、本記事の前に読んでみてください。より理解が深まりますよ。

 

 

シャツとネクタイとスーツ=Vゾーンのコーディネート術

とにもかくも、Vゾーンに大切なのは、「立体感」と「統一感」。これさえ押さえれば、自力でオシャレなVゾーンを作ることが出来ます。

 

「そもそも何を統一すればいいの?」

 

スーツもシャツもネクタイも、

  1. 素材

の3つの要素に分解することが出来ます。

 

この3つの要素をすべて「統一」すれば、良いのです。

 

 

色の合わせ方

まずは色の「統一感」・「立体感」の出し方。

 

 

その前に、色合わせの大原則...これを覚えちゃいましょう。この大原則を守りつつ、色の「統一感」・「立体感」を出していくとVゾーンをオシャレにコーディネートできます。

 

その大原則は「使う色は3色まで」ということ。

 

色づかいは

  • 多ければ、多いほどカジュアル
  • 少なければ、少ないほどフォーマル

に見えます。

 

大人がオフィシャルなシチュエーションで着るのが「スーツ」。オフィシャルな場に合ったフォーマルさをキープできるのが「3色まで」ということですね。

 

「なんか難しそうだな...」

 

そんな人はVゾーンを1色で統一したコーディネートがオススメ。

 

スーツが紺だったら、シャツもネクタイも青系で「統一」しましょう。

 

ここで注意なのが、「色の明るさ」。色の明るさまで、「統一」してしまうと、スーツ・シャツ・ネクタイの境目が曖昧になってしまって、「立体感」がなくなってしまいます。

 

いわゆる、のっぺりした感じになってしまうんですね。

 

全身を1色で統一するときは「明るさ」をアイテムごとに変えましょう。スーツが紺なら、ネクタイはブルー、シャツは水色...といった感じですね。

ツルツル素材同士のVゾーン

phto by http://www.asahi.com/fashion/column/images/TKY201008040149.jpg

 

色の系統は、揃えて「統一感」。色の明るさを変えて、奥行きを感じさせ「立体感」を作る。これが1色コーデ=ワントーンコーディネートのコツ。

 

次は2~3色の色を使う場合。

 

スーツ・シャツ・ネクタイの境目がはっきりとわかり「立体感」がありますが、色の系統が違う分、「統一感」はありません。

Vゾーン

photo by https://www.hankyu-dept.co.jp/hkhsfile/uploadfile/20131028150441_19353924.JPG

 

こんな時は、色の明るさを揃えて「統一感」を作りましょう。

 

上の画像の場合

  • スーツは暗い紺
  • ネクタイは暗い茶色
  • シャツは白地ですが、ストライプの色は暗めの青

すべて色の明るさを暗くして、「統一感」を作っています。

 

 

この辺でいったんまとめます。

 

  1. 色の数は3色まで
  2. 色の系統を揃えたら、色の明るさを変える
  3. 色の系統が違うなら、明るさを揃える

 

色の合わせ方は、この3つを覚えれば間違いないでしょう。

 

 

素材の合わせ方

上の通り、色を合わせても「いまいちオシャレに見えないんだよな~」という人も多いでしょう。

 

これって実は、素材や柄があっていないのが原因なんです。

 

冬になると、スーツやネクタイの素材のバリエーションが増える時期。まずは素材の合わせ方を覚えましょう。

 

これはチョー簡単。

 

ツルツル・ツヤツヤな素材は、ツルツル・ツヤツヤ同士。

ツルツル素材同士のVゾーン

phto by http://www.asahi.com/fashion/column/images/TKY201008040149.jpg

 

ザラザラ・ゴソゴソした素材は、ザラザラ・ゴソゴソした素材同士を合わせればいいだけ。

Vゾーン

photo by https://www.hankyu-dept.co.jp/hkhsfile/uploadfile/20131028150441_19353924.JPG

 

ザラザラ・ゴソゴソした素材は、基本的に

  • コットン・麻
  • ツイード・フランネル

つまり、季節素材がほとんど。

 

通年素材は、基本ツルツル・ツヤツヤ素材。まずはツルツル・ツヤツヤのコーディネートを実践してみましょう。

 

 

柄の合わせ方

「柄と柄って一緒に合わせてもいいの?」

 

こんな質問を良くされますが...。「統一感」・「立体感」さえあれば、全く問題ありません。

 

しかも、今のトレンドは「英国調」。イギリスをルーツに持つアイテムや、コーディネートの総称ですが...。「英国的コーディネート」は、比較的、柄が多く使われコーディネート。英国王室のチャールズ皇太子だって、スーツとネクタイをストライプ×ストライプといった感じに、柄を多用したコーディネートをしています。

チャールズ皇太子

photo by https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20121112%2F17%2F196567%2F2%2F251x381xc1a90db59fd47d0a7f71bf78.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

 

つまり柄×柄のコーディネートをした方が、現代的なオシャレなコーディネートになる...ということ。

 

柄×柄のコーディネートを成功させるコツは二つ。

  1. 同じ柄は、柄の大きさを変える
  2. 違う柄は、柄の大きさを揃える

 

まずは、「同じ柄は、柄の大きさを変える」について。

 

例えばストライプ×ストライプのコーディネート。

 

同じような幅・太さのストライプを合わすと、どうしてものっぺりしてしまい、「立体感」が出ません。場合によっては、「パジャマみたい」なって言われてしまうことも...。

 

柄が同じ分、「統一感」は十分にある。柄の大きさを変えて、「立体感」を作りましょう。

ストライプオンストライプ

photo by https://www.tundra-online.com/blog/wp-content/uploads/2015/10/02a-2.jpg

 

次は「違う柄は、柄の大きさを揃える」について。ストライプのシャツにドットのネクタイ...みたいな感じですね。

 

柄が違う分、メリハリがあって「立体感」は十分。あとは統一感を出すだけ。

 

柄の大きさを揃えて、「統一感」を作りましょう。画像のコーディネートは細いストライプに、細かい小紋柄を合わせたコーディネート。柄の種類が違っても、小さい柄同士でまとめているので「統一感」を感じるはず。

ストライプオンドット

photo by https://www.google.co.jp/search?biw=1438&bih=685&tbm=isch&sa=1&ei=D9b_WZGHGYi00ASt557gCA&q=%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%84%E3%80%80%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%A4&oq=%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%84%E3%80%80%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%A4&gs_l=psy-ab.3…160750.166362.0.167335.18.17.1.0.0.0.268.2191.0j11j2.13.0….0…1.1j4.64.psy-ab..5.8.1469…0j0i30k1j0i24k1j0i4k1.0.GImuYukz_vk#imgrc=gPDbzi8g7EmZVM:

 

 

雰囲気も合わせよう

洋服屋さんで服を眺めると

「このスーツは真面目そうな雰囲気だな」

「このネクタイは、少し砕けた感じだな」

など。アイテム単体の雰囲気を感じるはず。

 

 

つまり、コーディネートの時はアイテムの雰囲気も揃えて、「統一感」を出しましょう...という話。

 

マジメな雰囲気なスーツには、まじめシャツ・ネクタイ。

ちょっと砕けた雰囲気のスーツなら、シャツ・ネクタイも同じような雰囲気の物を。といった感じ。

 

とはいえ、「雰囲気」なんて感覚的なモノ。もうちょっと論理的な目安が欲しいところ。

 

 

そこで簡単な目安をここでは、紹介しますね。

 

 

 

まずは色。

 

色は

  1. 黒・紺・グレー・白・青がフォーマル。それ以外はカジュアル。
  2. 色は暗いほうがフォーマル。明るい方がカジュアル

 

マジメな雰囲気を感じる暗い紺のスーツなら、カジュアルな雰囲気のパープルのストライプシャツよりも、マジメな雰囲気の紺のストライプのシャツの方が、雰囲気が揃う...ということ。

 

次に柄。

 

柄は

  • 無地・ストライプ・ドット・ペイズリー・小紋柄がフォーマル
  • チェックなど、他の柄はカジュアル
  • 柄は小さいほうがフォーマル。柄は大きいほうがカジュアル

です。

 

つまりストライプのシャツなら、チェックのネクタイよりも、ドットのネクタイの方が雰囲気が揃う...ということ。

 

最後は素材。

 

素材は

  • ツルツル・ツヤツヤした素材がフォーマル
  • ザラザラ・ゴソゴソした素材がカジュアル

です。

 

 

これを総合して、どんな職場でも再現性が高いコーディネートだとこんな感じ。

ツルツル素材同士のVゾーン

phto by http://www.asahi.com/fashion/column/images/TKY201008040149.jpg

 

色は全て紺~青系で統一してフォーマルな雰囲気

柄の無地・ストライプ・小紋とすべてフォーマル柄で統一

素材もすべてツルツル・ツヤツヤ素材でフォーマル仕様

 

色・柄・素材をすべてフォーマルテイストで「統一感」を作っています。すべてフォーマルな雰囲気のアイテムでまとめているから、コーディネート全体の雰囲気も当然マジメ。全職場で再現できるコーディネートのはず。

 

Vゾーンのコーディネートは

  1. 素材
  2. 雰囲気

の4つを統一してみてください。

 

「いまいちコーディネートがあか抜けない」という人はコーディネートを、この目線確認を。上の4つのどれかの「統一感」が欠けているのに気づくはず。

 

 

実はカジュアルファッションにもVゾーンがある

Vゾーンというと、スーツのコーディネートを連想しますが...。実はカジュアルにもVゾーンがあります。

 

実はこっちの話をしたくて、今回の記事を執筆しました(^-^;

 

 

テーラードジャケットに、カーディガン、ジレ(スーツ生地のベスト)など、胸の開きがV字のアウター・羽織モノ。前のボタンを閉じるとVゾーンが現れます。

 

この時のインナーの組み合わせによっては、胸回りがとっても寂しく見えてしまうのです。

 

 

襟無し×襟無しは寂しく見えがち

カーディガンorジレ×Tシャツのような襟無し×襟無しのコーディネート。

カーディガンのオシャレな着方

photo by http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1540196889/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL2Zhc2hpb250cmVuZHMudG9reW8vbWVucy1jYXJkaWdhbg–/RS=%5EADB2a5916kYuTDBMG_x9kCEglNyNGc-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMD9yPTE3Jmw9cmkEaWR4AzAEb2lkA0FOZDlHY1JJb1Q1d01FZGZKZER4X3ZJc3prUjJZbVRlX0tJeUlBMzNLU3hwenZOb1VjeVVtM0pWNXFRMnctMARwAzQ0S3I0NE84NDRPSDQ0S2o0NEtzNDRPeklPYTF0LldrbHVPQ3VlT0RpdU9EZy5PRGwuT0FnT09Eb2VPRHMuT0N1Zy0tBHBvcwMxNwRzZWMDc2h3BHNsawNyaQ–

ベストのNGコーディネート

photo by http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1540193754/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9wbWFsbC5ncG9pbnQuY28uanAvZy1yYW5raW5nL3JhbmtpbmcucGhwP3RoZW1laWQ9Mjc3OTY-/RS=%5EADBw9ulBfHi2DuuX3mIJBuGNVoXRhk-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMD9yPTUwJmw9cmkEaWR4AzAEb2lkA0FOZDlHY1FrcDZtSG9PSnVDeTVjUlo3YWh0YlBtRUo2S21xdGRKcEVqVW8zeWo2VWZzcWo4RFRhY3hxNFJSdVVIdwRwAzQ0SzQ0NE9zNDRDQTQ0T2g0NE96NDRLNgRwb3MDNTAEc2VjA3NodwRzbGsDcmk-

 

もしくは、テーラードジャケット×カットソーのような襟に高さのないアウター×襟無しインナーのコーディネート。

セットアップを小物で、さらにオシャレに見せる方法

photo by http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1538999289/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9zYWtpZG9yaS5jby9hcnRpY2xlLzkwMTE5/RS=%5EADBBgO1YLsb7yqflY8ZGWH9AsUG.UU-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMD9yPTE4NSZsPXJpBGlkeAMwBG9pZANBTmQ5R2NRYmNPdHpWQTY0QzNfb1ZfcjJWQnFzSEdZakRRbno1RWF5YmtrV2JRNk1wU1dWYjV6endvd0M2c2Y0BHADNDRLNzQ0T0Q0NE9JNDRLaTQ0T0Q0NE9YSU9PQ3MuT0R2T09EaC5PQWdPT0RvZU9Ecy5PQ3VnLS0EcG9zAzE4NQRzZWMDc2h3BHNsawNyaQ–

 

これは、胸回りにポイントがないor少ないため、どうしても寂しく見えてしまう。こんな時、寂しさの解消法は3つ。

 

寂しさ解消法①ボタンを開けてVゾーンをなくす

Vゾーンは、V字に開いた胸回りのデザインのアイテムの、前ボタンを閉じた時に現れます。

 

だったら、前を閉じなければ、Vゾーンは出来ない。Vゾーンが、そもそもないから、胸回りの寂しさを感じない。

 

インナーに襟のないトップスを合わせるときは、前のボタンを開けてあげると、寂しく見えません。

カーディガンの正しい着方

photo by http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1540196890/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly96ZXJva2FyYWhhemltZXJ1LmhhdGVuYWJsb2cuY29tL2VudHJ5LzIwMTcvMDIvMjgvMTAzNDQ5/RS=%5EADBmV4D3J1qDE6N5gMgIXLeBoQN2.o-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMD9yPTImbD1yaQRpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUkpDZ3ZuX3JITVhyUTQxNWZFV1BRZHVQSUpvaHlLNDBvdmhnOG5ocU92UTNzbFpFeFpYbkhVbFV3cARwAzQ0S3I0NE84NDRPSDQ0S2o0NEtzNDRPeklPYTF0LldrbHVPQ3VlT0RpdU9EZy5PRGwuT0FnT09Eb2VPRHMuT0N1Zy0tBHBvcwMyMgRzZWMDc2h3BHNsawNyaQ–

guおすすめセットアップ

photo by http://www.gu-global.com/jp/lookbook/pc/style/17207001

 

「なんか寂しい気がする」

 

そう思ったら、フロントのボタンを開けてみましょう。こんな些細なことですが、印象がガラッと変わるのに気づくはず。

 

 

寂しさ解消法②襟に高さのあるアイテムを合わせる

寂しく見えるなら、寂しく見えないように何かを足すのも、一つの手。

 

襟がないor低くくて、Vゾーンが寂しく見えるなら、高さのある襟をインナーに入れてみましょう。

 

例えば、テーラードジャケットにシャツ。シャツは、襟もあるし、カットソーに比べて襟に高さもある。画像では、ジャケットの上に着ているコートも高さのある襟を合わせています。

大人っぽいオシャレのコツ

photo by https://www.google.co.jp/search?biw=1821&bih=868&tbm=isch&sa=1&ei=582LWrX3AsOh0wLk573YAQ&q=%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%80%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%97%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA&oq=%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%80%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%97%E3%80%80%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA&gs_l=psy-ab.3..0.27211.33378.0.34179.24.19.4.1.1.0.289.3260.0j1j12.13.0….0…1c.1j4.64.psy-ab..11.12.2083…0i4k1.0.d1kCj7bIn0M#imgrc=idNE0kWBSbvAOM:

 

もう一つ例を出すと...テーラードジャケットにタートルネック。タートルネックも襟に高さがあるので、寂しく見えません。

ジャケットに合わせるべきおすすめインナー

photo by http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1541919930/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3Utbm90ZS5tZS9ub3RlLzQ3NTA0Mzcx/RS=%5EADBkWUMyTKEc7JHb0e5jHtxyxa5GlU-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMD9yPTU1Jmw9cmkEaWR4AzAEb2lkA0FOZDlHY1IxdmpvYmNlSlNJMXNuMTVOVVRBY2FCREV3Wmx3NmdFNms2WjhvODNYaUdPX3Z4M0VPYnc4NHB3BHADNDRLXzQ0Tzg0NE9JNDRPcjQ0T040NE9ENDRLdklPYTF0LldrbHVPQ3VlT0RpdU9EZy5PRGx5RGpnNkhqZzdQamdyby0EcG9zAzU1BHNlYwNzaHcEc2xrA3Jp

 

寂しく見えるときは、シャツやタートルネックなど、襟付きインナーもしくは、襟に高さのあるインナーを合わせる。これもVゾーンの寂しさ解消法。

 

寂しく見えるときは、ぜひ試してみてください。

 

 

寂しさ解消法③胸回りに目線が集まらないようにする

カジュアルシーンで、Vゾーンが寂しきみえるときは、

  1. 前のボタンを開ける
  2. 襟もの・襟に高さのあるトップスを合わせる

この2つが、寂しさ解消法ですが...。

 

「寒いから、前のボタンは閉じたい」

「襟アリのインナーの気分じゃない...」

 

こんな時もあるでしょう。

 

ちなみにテーラードジャケットの場合は、前のボタンは閉じたほうがスタイル良く見えます。詳しくはジャケットの前のボタン。開けるのがオシャレ?閉めたほうがオシャレ?で解説しています。

 

 

で、「前は閉じたい」「襟アリのインナーは嫌だ」。そんな時は、寂しい胸回りが目立たないように、視線を他の場所に誘導してしまうのも一つの手。

 

例えば、ジャケットの胸ポケットにチーフを差す。

 

チーフを指で隠してみてください。結構寂しく見えるでしょ。

 

チーフがあるだけで視線がチーフに誘導され、胸回りの寂しさが気にならないのがわかるはず。

 

他には...。体で一番目立つパーツは顔回り。そこにサングラスや帽子で装飾を重ねるのも、視線誘導としては、正解。胸回りに寂しさを感じさせません。

セットアップを小物でさらにオシャレにする方法

photo by http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1538999210/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL21lbnNkcmlwLmNvbS9mYXNoaW9uL3NldHVwbWVucw–/RS=%5EADBcPR7F8b4VvrNETDtObijyJ3adK0-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMD9yPTExJmw9cmkEaWR4AzAEb2lkA0FOZDlHY1F5YUE4bUZfcmJNOExRUk8zZDZiLTZEVWI5MHRadFdWU05VV0lvZUtiMnFPMDFVY0FmWUtaNE1tTQRwAzQ0Szc0NE9ENDRPSTQ0S2k0NE9ENDRPWElPT0NzLk9Edk9PRGguT0FnT09Eb2VPRHMuT0N1Zy0tBHBvcwMxMQRzZWMDc2h3BHNsawNyaQ–

 

Vゾーンは

  • ビジネスなら、「色」「柄」「素材」「雰囲気」を統一する
  • カジュアルなら、着こなし単位で寂しく見えないようにする

これが、オシャレに見せるポイントです。

 

特にカジュアルシーンでのVゾーンを意識したことのある人はあまりいないはず。しかも、カジュアルVゾーンの指南しているコンテンツ自体、世の中にはほとんどありません。

 

だからこそ、ちょっと意識しただけで周りと差がつくオシャレが出来ます。

 

ボタンを開ける・小物を1点加えるだけで激変しますので、ぜひ試してみてください。

 

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたの「似合う」・「オシャレ」を、マンツーマンサポート!!ファッションカウンセリングメニュー

過去にブログで何度か触れましたが、我が家は夫婦そろってファッションブロガー。しかも、二人合わせてのアパレル業界歴は、27年に及ぶキャリアを誇ります。

 

私は「スーツ」「オンオフ兼用」「ミニマリスト」をコンセプトとした、当サイト「SuitLabo」を運営。

 

妻は、似合う服を導き出す理論である「骨格診断」「パーソナルカラー」に加えて、「ドレス」「ミニマリスト」をコンセプトとしたブログ、「モードスタイル研究所」を運営しています。

 

この度、「SuitLabo」と「モードスタイル研究所」の共同サービスとして、新たにファッションカウンセリングサービス「骨格診断 for men」を始動いたします。

 

「似合う服がわからない」

「いつも服の色選びで迷う」

「身近にファッションの相談をできるプロフェッショナルがいない」

 

そんな方にお勧めのサービスです。

 

 

骨格診断 for men メニュー内容

内容は3つ。

 

  1. 似合う洋服
  2. 似合う色
  3. 質問し放題(1か月無料)

 

3メニューとも私の監修になりますが、①・②に関しては妻の専門分野。妻が主導となったサービスとなります。

 

そして③。

 

質問の窓口こそ妻ですが、当サイト「SuitLabo」ならではの、「切り口」「ロジック満載」であなたの質問に1か月何度でも、無料でお答えいたします。

 

1.似合う洋服について

カッコいいおしゃれには、似合う素材と着こなしを知れば十分です。オンオフ(仕事・休日)それぞれに分けてご提案します。

 

≪骨格診断をして伝授する内容≫

  • お似合いになる素材について
  • 着こなしのポイント(サイズ感やスタイリングのしかたなど)について

※画像に説明文を加えてわかりやすく伝授。

 

上記内容は妻のサイトからの引用ですが、私からもお話しすると...。

 

男性服の服は、女性服と比べると、とにかくバリエーションが少ない。

 

女性の服の場合、「シルク」「レーヨン」なども多用されますが、これらの素材は、男性服ならほとんど使われません。

 

男性服は

  • 綿
  • ウール
  • ポリエステルやナイロンなどの化繊

がほとんど。

 

でも、一口に綿といっても「薄く滑らかなコットン」・「厚くガサガサしたコットン」など、実にさまざま。

 

同じ綿素材でも、モノによって明らかに質感が違うのです。

 

同じ素材のはずなのに、全然違う。だから男性服は難しいのです。迷うのです。

 

そんな迷いを断ち切る指標となるのが、当サービスの「似合う洋服診断」。

 

あなたには、

  • しなやかなブロードのコットンシャツが似合うのか?
  • ガサガサしたタフな、オックスフォード素材のコットンシャツの方が似合うのか?

そんな疑問にお答えします。

 

 

2.似合う色について

男性服の着こなしに、カラフルな色彩はさほど必要ありません。このことからも、ベーシックカラーをおされば十分と考えます。

 

パーソナルカラーの4シーズン(春・夏・秋・冬)の分類法により、どんな色味の黒が似合うのか(赤っぽい黒?緑っぽい黒?)、どんな色味のネイビーが似合うのか(鮮やかな紺?深みのある紺?)、といったことをご提案します。

 

≪パーソナルカラーを診断して伝授する内容≫

  • お似合いになるベーシックカラー(黒・グレー・ネイビー・白)について

※ご希望によってほかの色をご案内することも可能です。

 

こちらも、妻のサイトからの引用(^-^;

 

男性服のワードローブの8~9割は、白・紺・グレー・黒の4色。

 

8~9割を占めるからこそ、4色の診断に特化したのが、こちらのサービス。他の色については、あえて情報をカットしているので、圧倒的に理解・実践がしやすいのです。

 

3.質問し放題

ご利用後1か月間は、どのようなご質問も無料でお受けします。また、監修はスーツマスターの夫が行います。

※ご質問は即座にお答えしますが、こちらの諸事情により送れることもありますので、予めご了承ください。

 

マニアックな質問・「こんなことで質問してもいいのかな?」のような些細な質問でも、なんでもオッケー。

 

「SuitLabo」ならではの、切り口・ロジック満載であなたの質問にお答えいたします。

 

 

プライス・納期

¥33,000(税込)

結果のお届けまでに、1週間~10日ほどいただきます。(お申込者様の混雑具合により、遅れることもあります)

 

何の知識もなく洋服を買うと、これ位の金額は無駄使いになってしまいがち。

 

当サービスの診断内容を元に洋服を選べば、無駄買いもなくなり、これ位の金額はあっという間に元を取れてしまうのです。

 

服選びに迷ったときは、「無料質問サービス」もありますからね。無駄買いは、しなくなるでしょう。

 

新メニュー【同行ショッピングサービス】

さて、メンズのメニューをオープンして以来、お申込者様のお声より、あらたなメニューが生まれました。

 

夫婦共同のメンズメニューですが、

 

  • 妻(わたくし)が、パーソナルカラーと骨格をチェックし、
  • 夫が、ショッピングに付き添う

 

という、メニューです。

 

先日、3万円で、アウターとトップスと、パンツをトータルコーディネートしたいというお客さまがいらっしゃいました。

 

私たち夫婦で、即答です。

 

「可能だよね。」

「うん、コートと、セットアップ(ジャケット&スラックス)、トップス2枚におつりがくるね」

 

そのお客さまは、職場のの人に言われたある言葉が気になり、わたくしたちにご依頼いただきました。

 

その言葉は、

 

「顔色が悪いね」

「顔がくすんで見える」

 

だったそうです。

 

こちらのお客さまはわたくしが、カラーを見て、骨格を見ます。お似合いになる色、ようは、顔色がくすまない色を選びます。骨格診断で、お似合いになる素材を選びます。そして、サイズ感、きこなしを夫と相談します。

 

日時、場所を指定して、(今回のお客さまは、新宿です)夫とショッピングします。場所は、都内近郊(ご相談)をご指定ください。

 

当メニューも、同額(33,000)で行います

 

さて、診断+お買い物で、計6万円ほどかかったわけですが...。

 

百貨店やら、セレクトショップで、ヘタに6万円費やすよりも、今回の同行ショッピングの方が断然お得。

 

当たり前の話ですが、ショップスタッフは、お客様が服を買ってくれて、初めて売り上げが発生します。

 

善良なショップスタッフの方もいますが...。

 

似合ってもないのに、「似合ってますよ」。全然オススメじゃないのに「オススメですよ」。

 

売り上げのために思ってもないことを言ってしまうショップスタッフもいるわけです。

 

販売員の目的は「売る」こと。お客様が求めることは、「オシャレになる」こと。

 

このギャップがあっては、いつまでもお客様はオシャレになれません。(もちろん、この矛盾を解消する方法もあるのですが...)

 

でも、同行ショッピングは違います。ご依頼いただいた時点で売り上げが発生します。

 

つまり、われわれ夫婦は「お客様をオシャレにすること」に全力を注ぐことが出来るわけです。

 

「先に売り上げが発生しちゃうと、手を抜いちゃうんじゃない?」

 

長いショップスタッフキャリアで、実感したのは、「口コミ」の力。

 

いい仕事をすればするほど、口コミが広がり、新しいお客様が足を運んでくださいます。(上司の方が、部下の方に紹介してくださったり、その部下の方がご友人を...なんて感じに)

 

悪い仕事もしかりですね。つまり、手を抜いても、われわれ夫婦に良いことなんて、全然ないわけです。

 

むしろ、いい仕事をすることが、自分たちのため、お客様のため。いわゆる「win win」の関係ですね。

 

押し売りすることもありませんし、手を抜くことも致しません。

 

ただ純粋にあなたをオシャレにします。

 

 

ちなみに、今回はguとユニクロ中心のお買い上げでしたが...。

 

今のgu・ユニクロは、ヘタなセレクトショップオリジナルよりも高品質なのです。

 

正しい目利きで選んだ7000円のguのセットアップの方が、ヘタな1.5万のセットアップよりも、高品質。

正しい目利きで選んだ1.2万円のユニクロのコートの方が、ヘタな3万のコートよりも、高品質。

 

何の知識もない状態で、3万を洋服につぎ込むよりも、「3万の同行ショッピング代+3万の買い物」の方が、高品質でオシャレなモノを身に着けることが出来るのです。

 

 

お申込み方法

お申込み窓口は、妻が運営するサイト「モードスタイル研究所」となります。

 

下記お申込みボタンより、以下の流れでお申し込みください。

 

STEP① 下記お申し込みフォームより、まずはお申込みください。

STEP② 即日、ご案内メールが届きます。顔のアップと全身のお写真、ご相談内容をご案内メールまでご返信ください。

STEP③ お支払い方法はご案内メールある振込先まで、1週間以内にお振込みください。(※振込手数料はお客さま負担)

~その後、診断結果をメールにてお届けいたします。~

 

あなたからのお申込みをお待ちしております。

 

 


お申し込みはこちら

SNSでもご購読できます。