スーツをオシャレに着こなすために必要なのは、立体感、高級感、統一感の「3つの感」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スーツをオシャレに着こなす方法

現役スーツ販売員の鶴田です。

 

10年以上洋服の販売をしてきて、今は接客のかたわら、スーツにかかわる知識を教える仕事をしています。

 

そのぼくが10年以上スーツを研究して、たどり着いたスーツをオシャレに着る「3つのコツ」を今回は記事にしました。

 

いろんなスーツの着こなし指南がありますが「一番わかりやすい」「もっとも論理的」な内容を自負しております。この内容をマスターすれば、あなたは確実にオシャレになれます。

 

ちなみに僕の理論は「洋服の歴史を根拠にするちょっと特殊」な理論です。手前味噌ですが、こんな方法で「オシャレになる方法」を教えているブログは、ほかにはありません。

 

5分前後で読める文字数で、ふだん長い文章を読まない人にもスラスラ読めるように書いています。ぜひ、読んでみてください。

 

 

スーツをオシャレに着るために「スーツの歴史を知ろう」

洋服は「ルーツ」を知ると一気にただしい使い方・着方がわかるようになります。

 

たとえばジーンズは「作業着」がルーツ。だから、公園で子供と遊ぶときに履くのにはぴったりです。でも、結婚式には向いていません。

 

Tシャツは「肌着」がルーツ。だから、休みの日に着てくつろぐのには最高ですね。でも、面接には向いていません。

 

スーツも「ルーツ」を知ることで正しい使い方がわかるようになります。

 

 

スーツは偉い人のための服だった

スーツはイギリスで生まれました。

 

イギリスは、今も昔も「階級社会」です。下の画像のピラミッドはイギリスの階級社会を表しています。下に行くほど身分が低く、上に行くほど偉い身分になる...という感じですね。

英国階級社会

photo by http://pds.exblog.jp/pds/1/201202/15/77/a0187477_20155334.jpg

 

昔の日本でいうところの「士農工商」みたいなものです。偉い身分の家に生まれたら、ずっと偉い身分。貧しい家に生まれたら、ずっと貧しい身分、というイメージですね。

 

上のピラミッドの一番上にいる「The upper class=貴族」のために生まれた服がスーツのルーツです。

 

 

偉い人の服に求められるのは「見た目」

貴族はお金持ちです。お金持ちは服になにを求めると思いますか?

 

銀行口座に1億円あるつもりになって、考えてみてください。

 

答えは「見た目が良く見えること」です。お金持ちは服に「見た目が良く見えること」を求めます。

 

お金があれば、服が汚れても、新しく買えばいいだけ。だから、お手入れのラクさなんて必要ありません。

 

偉いので肉体労働なんてしません。だから、動きやすさなんて気にしません。

 

もちろん、お金持ちですから、安さも求めていません。

 

お手入れが難しい。動きにくい。値段も高い。

 

あなたがこんな条件でも着たい服ってなんですか?

 

そう!見た目がよく見える服だったら、着てもいいと思いますよね。

 

貴族も自分たちが着る服には、見た目がよく見えることを求めたんです。そして生まれたのがスーツ。スーツは「見た目をよく見せるために生まれた服」なんですね。

 

 

「見た目」をよく見せるポイントは3つ

イギリスの貴族が求めたのは、「誰がどう見ても身分が高く見える」見た目です。

 

「身分の低い平民に間違われたらイヤだ」なんて昔の貴族は思ったわけですね。

 

偉く見えるために必要なポイントは3つです。

  1. 権力があるように見える
  2. お金持ちであるように見える
  3. 頭がよさそうに見える

この3つがそろっていれば、誰がどう見ても偉く見えますよね?ステキな男性に見えますよね?

 

この3つを洋服や小物、コーディネートで表現するのが「正しいスーツの着方」です。スーツは「見た目重視の服」ですから、正しい着方をすれば自然とオシャレに見えます。

 

 

「スーツの正しい着方」は「3つの感」を着こなしで表現すること

上で書いた3つのポイントを着こなしで表現してくれるのが、立体感、高級感、統一感の「3つの感」です。

 

この「3つの感」がなぜ、

  1. 権力があるように見える
  2. お金持ちであるように見える
  3. 頭がよさそうに見える

の3つのポイントを表現してくれるのか?

 

この理由を説明していきますね。

 

 

「立体感」で男らしく見せる

立体感は権力を表してくれます。権力=力です。力=筋肉です。連想ゲームみたいですね(笑)

 

筋肉のついた体は、とても立体的な見た目になっています。スーツそのものやコーディネートで体を「立体的」にすることで、筋肉のついた体つきに見せることが出来ます。

 

例えば

  • ネクタイピンでネクタイを立体的にみせる
  • パンツの折り目(センタープレス)をクッキリ入れて足を立体的にみせる
  • ベストを着て、重ね着で胸の立体感を出す

こんな「立体感」の作り方があります。

 

筋肉のついた体つきに見える=力。力=権力。さっきと逆の連想ゲームですね。

 

コーディネートの「立体感」を意識することで、「頼りがいのある男性に見える」というわけです。

 

 

「高級感」で格を高くみせる

「高級感」があれば、お金持ちに見えますよね?お金持ちだとグレードの高さを感じさせます。ちょっと格が高い人に見えるんですね。

 

格が低いよりは、高く見えるに越したことはありません。ちょっとしたコツで「高級感」は出すことが出来るので試してみてください。

 

例えば

  • 艶のある生地を着る
  • シワのないサイズを選ぶ
  • 靴を磨いて光沢感を出す

こんな簡単なことでも高級感は出すことが出来ます。

 

 

「統一感」で知的にみせる

頭がいい人は「言っていることが一貫」していますよね。だから、コーディネートも「一貫=統一」されていると知的にみえます。

 

「統一感」と言われると悩んでしまうと思いますが、コーディネートを細かく分解すると分かりやすいです。コーディネートを考えるときは、下のチェックポイントを参考にしてみてください。

 

  1. 色は統一されているか→似たような色でまとめるのがラクチン
  2. 素材は統一されているか→艶アリ素材は艶アリ素材同士。艶なし素材は艶なし素材同士で合わせるとラクチン
  3. 柄は統一されているか→スーツ・シャツ・ネクタイ、どれか一つだけ柄物だとラクチン

 

この3つを意識するだけで、着こなしが驚くくらい変わるので試してみてください。

 

 

「3つの感」を使い方を教えるのがこのサイト

立体感、高級感、統一感、の簡単な表現の仕方を上に書きましたが、これは基本中の基本。

 

基本はとても大事ですが、基本だけでは解決しない悩みもあるものです。

 

例えば

  • 安いスーツは「平面的」って聞いたけど高いスーツじゃないとダメ?
  • 安い生地でも「高級感」を出す方法はあるの?
  • 茶色の靴と「統一感」が出るスーツはなに?
  • 紺のスーツと「統一感」が出るのはどんな柄のシャツ・ネクタイ?

疑問・疑問をあげればキリがないはず。

 

そんなスーツのオシャレの、「クエスチョン」を一つ一つ解決していく情報をお伝えするのが当サイト「Suit Labo」です。ぼくは分かりやすく説明するのは得意ですので、「オシャレに自信のない方」・「お店で店員で聞くのは勇気がない」、ぜひ当ブログをオシャレの参考にしてください。

 

無料Q&Aをやっています

「自分が知りたい内容がブログにのっていない」「質問したいことがある」

 

そんな方は、suitlabo@gmail.comにメールください。無料でお答えします。

 

基本ブログでの回答になります。文面や内容をブログに掲載するのをあらかじめご了承ください。お名前など、個人を特定する内容はふせますのでご安心ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたの「似合う」・「オシャレ」を、マンツーマンサポート!!ファッションカウンセリングメニュー

過去にブログで何度か触れましたが、我が家は夫婦そろってファッションブロガー。しかも、二人合わせてのアパレル業界歴は、27年に及ぶキャリアを誇ります。

 

私は「スーツ」「オンオフ兼用」「ミニマリスト」をコンセプトとした、当サイト「SuitLabo」を運営。

 

妻は、似合う服を導き出す理論である「骨格診断」「パーソナルカラー」に加えて、「ドレス」「ミニマリスト」をコンセプトとしたブログ、「モードスタイル研究所」を運営しています。

 

この度、「SuitLabo」と「モードスタイル研究所」の共同サービスとして、新たにファッションカウンセリングサービス「骨格診断 for men」を始動いたします。

 

「似合う服がわからない」

「いつも服の色選びで迷う」

「身近にファッションの相談をできるプロフェッショナルがいない」

 

そんな方にお勧めのサービスです。

 

 

骨格診断 for men メニュー内容

内容は3つ。

 

  1. 似合う洋服
  2. 似合う色
  3. 質問し放題(1か月無料)

 

3メニューとも私の監修になりますが、①・②に関しては妻の専門分野。妻が主導となったサービスとなります。

 

そして③。

 

質問の窓口こそ妻ですが、当サイト「SuitLabo」ならではの、「切り口」「ロジック満載」であなたの質問に1か月何度でも、無料でお答えいたします。

 

1.似合う洋服について

カッコいいおしゃれには、似合う素材と着こなしを知れば十分です。オンオフ(仕事・休日)それぞれに分けてご提案します。

 

≪骨格診断をして伝授する内容≫

  • お似合いになる素材について
  • 着こなしのポイント(サイズ感やスタイリングのしかたなど)について

※画像に説明文を加えてわかりやすく伝授。

 

上記内容は妻のサイトからの引用ですが、私からもお話しすると...。

 

男性服の服は、女性服と比べると、とにかくバリエーションが少ない。

 

女性の服の場合、「シルク」「レーヨン」なども多用されますが、これらの素材は、男性服ならほとんど使われません。

 

男性服は

  • 綿
  • ウール
  • ポリエステルやナイロンなどの化繊

がほとんど。

 

でも、一口に綿といっても「薄く滑らかなコットン」・「厚くガサガサしたコットン」など、実にさまざま。

 

同じ綿素材でも、モノによって明らかに質感が違うのです。

 

同じ素材のはずなのに、全然違う。だから男性服は難しいのです。迷うのです。

 

そんな迷いを断ち切る指標となるのが、当サービスの「似合う洋服診断」。

 

あなたには、

  • しなやかなブロードのコットンシャツが似合うのか?
  • ガサガサしたタフな、オックスフォード素材のコットンシャツの方が似合うのか?

そんな疑問にお答えします。

 

 

2.似合う色について

男性服の着こなしに、カラフルな色彩はさほど必要ありません。このことからも、ベーシックカラーをおされば十分と考えます。

 

パーソナルカラーの4シーズン(春・夏・秋・冬)の分類法により、どんな色味の黒が似合うのか(赤っぽい黒?緑っぽい黒?)、どんな色味のネイビーが似合うのか(鮮やかな紺?深みのある紺?)、といったことをご提案します。

 

≪パーソナルカラーを診断して伝授する内容≫

  • お似合いになるベーシックカラー(黒・グレー・ネイビー・白)について

※ご希望によってほかの色をご案内することも可能です。

 

こちらも、妻のサイトからの引用(^-^;

 

男性服のワードローブの8~9割は、白・紺・グレー・黒の4色。

 

8~9割を占めるからこそ、4色の診断に特化したのが、こちらのサービス。他の色については、あえて情報をカットしているので、圧倒的に理解・実践がしやすいのです。

 

3.質問し放題

ご利用後1か月間は、どのようなご質問も無料でお受けします。また、監修はスーツマスターの夫が行います。

※ご質問は即座にお答えしますが、こちらの諸事情により送れることもありますので、予めご了承ください。

 

マニアックな質問・「こんなことで質問してもいいのかな?」のような些細な質問でも、なんでもオッケー。

 

「SuitLabo」ならではの、切り口・ロジック満載であなたの質問にお答えいたします。

 

 

プライス・納期

¥22,000(税込)

結果のお届けまでに、1週間~10日ほどいただきます。(お申込者様の混雑具合により、遅れることもあります)

 

何の知識もなく洋服を買うと、これ位の金額は無駄使いになってしまいがち。

 

当サービスの診断内容を元に洋服を選べば、無駄買いもなくなり、これ位の金額はあっという間に元を取れてしまうのです。

 

服選びに迷ったときは、「無料質問サービス」もありますからね。無駄買いは、しなくなるでしょう。

 

新メニュー【同行ショッピングサービス】

さて、メンズのメニューをオープンして以来、お申込者様のお声より、あらたなメニューが生まれました。

 

夫婦共同のメンズメニューですが、

 

  • 妻(わたくし)が、パーソナルカラーと骨格をチェックし、
  • 夫が、ショッピングに付き添う

 

という、メニューです。

 

先日、3万円で、アウターとトップスと、パンツをトータルコーディネートしたいというお客さまがいらっしゃいました。

 

私たち夫婦で、即答です。

 

「可能だよね。」

「うん、コートと、セットアップ(ジャケット&スラックス)、トップス2枚におつりがくるね」

 

そのお客さまは、職場のの人に言われたある言葉が気になり、わたくしたちにご依頼いただきました。

 

その言葉は、

 

「顔色が悪いね」

「顔がくすんで見える」

 

だったそうです。

 

こちらのお客さまはわたくしが、カラーを見て、骨格を見ます。お似合いになる色、ようは、顔色がくすまない色を選びます。骨格診断で、お似合いになる素材を選びます。そして、サイズ感、きこなしを夫と相談します。

 

日時、場所を指定して、(今回のお客さまは、新宿です)夫とショッピングします。場所は、都内近郊(ご相談)をご指定ください。

 

当メニューも、同額(22,000)で行います

 

さて、診断+お買い物で、計5万円ほどかかったわけですが...。

 

百貨店やら、セレクトショップで、ヘタに5万円費やすよりも、今回の同行ショッピングの方が断然お得。

 

当たり前の話ですが、ショップスタッフは、お客様が服を買ってくれて、初めて売り上げが発生します。

 

善良なショップスタッフの方もいますが...。

 

似合ってもないのに、「似合ってますよ」。全然オススメじゃないのに「オススメですよ」。

 

売り上げのために思ってもないことを言ってしまうショップスタッフもいるわけです。

 

販売員の目的は「売る」こと。お客様が求めることは、「オシャレになる」こと。

 

このギャップがあっては、いつまでもお客様はオシャレになれません。(もちろん、この矛盾を解消する方法もあるのですが...)

 

でも、同行ショッピングは違います。ご依頼いただいた時点で売り上げが発生します。

 

つまり、われわれ夫婦は「お客様をオシャレにすること」に全力を注ぐことが出来るわけです。

 

「先に売り上げが発生しちゃうと、手を抜いちゃうんじゃない?」

 

長いショップスタッフキャリアで、実感したのは、「口コミ」の力。

 

いい仕事をすればするほど、口コミが広がり、新しいお客様が足を運んでくださいます。(上司の方が、部下の方に紹介してくださったり、その部下の方がご友人を...なんて感じに)

 

悪い仕事もしかりですね。つまり、手を抜いても、われわれ夫婦に良いことなんて、全然ないわけです。

 

むしろ、いい仕事をすることが、自分たちのため、お客様のため。いわゆる「win win」の関係ですね。

 

押し売りすることもありませんし、手を抜くことも致しません。

 

ただ純粋にあなたをオシャレにします。

 

 

ちなみに、今回はguとユニクロ中心のお買い上げでしたが...。

 

今のgu・ユニクロは、ヘタなセレクトショップオリジナルよりも高品質なのです。

 

正しい目利きで選んだ7000円のguのセットアップの方が、ヘタな1.5万のセットアップよりも、高品質。

正しい目利きで選んだ1.2万円のユニクロのコートの方が、ヘタな3万のコートよりも、高品質。

 

何の知識もない状態で、5万を洋服につぎ込むよりも、「2万の同行ショッピング代+3万の買い物」の方が、高品質でオシャレなモノを身に着けることが出来るのです。

 

 

お申込み方法

お申込み窓口は、妻が運営するサイト「モードスタイル研究所」となります。

 

下記お申込みボタンより、以下の流れでお申し込みください。

 

STEP① 下記お申し込みフォームより、まずはお申込みください。

STEP② 即日、ご案内メールが届きます。顔のアップと全身のお写真、ご相談内容をご案内メールまでご返信ください。

STEP③ お支払い方法はご案内メールある振込先まで、1週間以内にお振込みください。(※振込手数料はお客さま負担)

~その後、診断結果をメールにてお届けいたします。~

 

あなたからのお申込みをお待ちしております。

 

 


お申し込みはこちら

SNSでもご購読できます。


コメント

Comments are closed.