脱定番!人と違うオシャレな着こなしの作り方[スーツ編]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
明るいネクタイの着こなし方

現役販売員の鶴田です。

 

当サイト、チェックのネクタイなんて選ぶもんじゃありませんよという話が地味に人気を博しています。詳しくは該当記事を参照していただければと思いますが。

 

ばっくり説明すると...チェックはもともとスーツの生みの親である英国貴族が「遊び用のスーツの着こなし」に用いた柄。「仕事用のスーツ」の代表格であるダークスーツに合わせたところで「遊び」なのか「仕事」なのかはっきりしない。ちぐはぐ感が出て統一感のない着こなしになってしまいますよという話。

 

英国貴族が「仕事用のスーツの着こなし」に用いた柄は「無地」・「ストライプ」・「小紋」・「ドット」・「ペイズリー」の4柄。この柄をネクタイで用いると仕事用のダークスーツとも統一感が作れ、知的な雰囲気を醸し出すことが出来ます。

 

「でも4柄だけじゃつまらない。もっと人と違う個性的な着こなしがしたいんんんっ!」という方もいるでしょう。

 

今回は洋服の歴史や文脈を踏まえつつ伝統的なスタイルに留まらない、個性的な着こなしの作り方を解説します。

 

手持ちのスーツに合うチェックのネクタイの選び方

「ストライプも無地もドットも持っているし、ちょっと変わった柄のネクタイが欲しい」

 

なんて気分を満たしてくれるのがチェックのネクタイ。カジュアルウェアではシャツをはじめチェック柄が多用されることもあり、抵抗感なく取り入れることが出来つつ、ネクタイとしては新鮮に見えてくれるのが多くの人がチェックタイを選ぶ理由の一つ。

 

ただ前述のとおりチェックのネクタイはダークスーツと相性が悪い。単品ではオシャレに見えるチェックのネクタイもコーディネート全体で見るとどことな~く「ペーペー感」が出てしまうのです。

チェックのネクタイが合わせにくい理由

photo by http://blog.uktsc.com/data/original/0/16/7812f3f5db74d7502d4bdcc667673e3a0fcfefcb.jpg?1361706500

 

そもそもなぜダークスーツと相性が悪いといけないのか?

 

一般サラリーマンがメインに着用するスーツと言ったら、ダークスーツが主流なのは間違いないでしょう。ダークスーツとはグレーや紺の中でも暗い色目のスーツの事。クローゼットを覗けば、手持ちのスーツのほとんどがダークスーツのはず。

 

一番よく着るスーツであるダークスーツに合わせにくいチェックタイは使用頻度も限られ、コスパが悪いのです。

 

とはいえ、チェックタイの新鮮さも捨てがたい。そんなときは「色で統一感を作り出す」事でチェックタイとダークスーツを相性よくまとめることが出来ます。

 

ビジネスアイテムは「素材」・「柄」・「色」の3要素に分けることが出来ます。この中でも「色」は洋服の印象を最も左右する要素。柄が遊びの要素が強いなら、色で「仕事感」を強くすることでダークスーツと調和させることが出来ます。

 

簡単に言うと「暗~い色のチェックタイを選べばダークスーツとも相性抜群でっせ」という話。

ダークスーツに合うチェックのネクタイ

photo by http://store.united-arrows.co.jp/shop/glr/goods.html?gid=23173576

 

ビジネスウェアにおいて色は暗ければ暗いほど「仕事」な雰囲気に。明るければ明るいほど「遊び」という法則があります。

 

ダークスーツはこの法則に乗っ取ると、「仕事」の色を持つアイテム。仕事」の色を持つダークスーツには、同じく「仕事」の色を持つチェックのネクタイを合わすことで調和が生まれ、知的な印象を作り出すことが出来ます。

 

暗い色のチェックタイは、色が暗いので「仕事」の色でありダークスーツと相性が良いのです。

Vゾーン

photo by https://www.hankyu-dept.co.jp/hkhsfile/uploadfile/20131028150441_19353924.JPG

 

一口に「色」と言っても、

  • 赤とか青とか色味を表す「色相」
  • 色の明るさを表す「明度」
  • 色の鮮やかさを表す「彩度」
  • 色の濁りを表す「清濁」

など様々な要素から構成されるもの。

 

「色の明度を揃えると多少の柄のミスマッチがあってもオシャレになりますよ~」というのが今回の着こなし術の本質だったりするのです。

 

手持ちのカラフルなネクタイをオシャレに着こなす方法

ダークスーツと相性が悪いのに、大半の人が持っている...そんなネクタイはチェック柄だけではありません。

 

例えばこんなパステルカラーのネクタイ。水色やピンクのネクタイなんて一つは持っている人も多いのでは?

カラフルなネクタイの合わせ方

photo by https://linq.career-tasu.jp/magazine/files/cache/2b55cff274db409819bf12ee5d6f2dad_f1828.jpg

 

ダークスーツに合わせるとチェックタイ同様、漂う「ペーペー感」。

パステルカラーのネクタイがダサいわけ

photo by http://blog.uktsc.com/data/original/0/16/d85aa8199127511dc0c5391e41e262f841a937cf.jpg?1361706512

 

こんなカラフルなネクタイは色が明るいので当然、「遊び」の色かつ高い「明度」を持つネクタイ。手持ちのダークスーツの中でもなるべく明るめの物を選ぶと「明度」が近づき「遊び」感が強まり、着こなしに統一感が生まれます。

 

黒いスーツよりも紺やグレーのスーツ。同じ紺でも少しでも青に近い紺。暗いチャコールグレーよりもやや明るめのミディアムグレーのスーツを合わすことで明度が上がり、パステルカラーのネクタイの明度と調和します。

明るいネクタイの着こなし方

photo by https://stat.ameba.jp/user_images/20141210/14/sartoria-nuovo/8b/f3/j/o0500075113154795019.jpg?caw=800

 

画像は明るめの赤のネクタイに明るめのグレーを合わせたコーディネート。「明度を揃える」コーディネートの好例です。ぜひとも参考に。

 

ちょっと今回は難解に思う人もいたのではないでしょうか?習得するにはケーススタディで知見を磨くのが、一番。無料メール相談をしていますので、分からないことがあればページ下部から個別にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。