ストライプのスーツに、ストライプのシャツは合うの?同じ柄は柄の大きさを変えると統一感が出る!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Vゾーン

現役販売員の鶴田です。

 

柄×柄のコーディネートは、柄の大きさがポイントです。柄×柄のコーディネートで、1ランク上のオシャレが出来ますよ。

 

オシャレがマンネリ気味の方必見の内容です。

 

 

ストライプのスーツやスラックスにストライプのシャツを合わせてもオッケー

「ストライプのスーツに、ストライプのシャツは、合わないよね?」

 

接客している時に、こんな質問をするお客様はとても多いのです。

 

こんな時は、僕は必ず「ちょっとしたコツを押さえれば、全く問題ありませんよ!」とお答えしています。

 

スーツファッションに必要なのは「3つの感」です。

 

詳しくはスーツをオシャレに着こなすために必要なのは、立体感、高級感、統一感の「3つの感」で解説しています。5分もあれば読める内容です。この記事と合わせて読むと理解も深まるので、読んでみてください。

 

ストライプのスーツに、ストライプのシャツ、つまり「同じ柄」を使ったコーディネート。同じ柄だからこそ、「3つの感」の一つである統一感が出せます。

 

だから、同じ柄同士でコーディネートしてもオッケーなんですが...。

 

同じ柄同士でコーディネートすると、のっぺりしてしまいがちです。「3つの感」の一つである、立体感が出なくなってしまうのです。

 

ストライプ×ストライプの同じ柄同士のコーディネートは、「統一感」は出るけど、「立体感」が出ません。「統一感」を残しつつ、「立体感」を出すのが、同じ柄同士のコーディネートのコツになります。

 

 

同じ柄同士は「柄の大きさ」を変えると立体感が出る

「柄」と一口に言っても、大きく分けて2つの要素に分かれます

 

  1. 柄の種類(ストライプ・チェック・ドットetc)
  2. 柄の大きさ

 

この2つの要素で柄はできています。

 

「柄の種類」が一緒なら、「柄の大きさ」を変えることで、コーディネートにメリハリが生まれる。「立体感」が演出できるのです。

 

手前味噌ですが、こんな理屈まで開設するブログは、あんまりありませんよ(笑)

 

正解だけを求めるなら理屈はいりませんが、理屈を知れば、応用が利きます。応用がきけば、個性も出せるし、自力でオシャレになることもできます。自力でオシャレになる力を身に着けてほしいので、僕は理屈も説明するのです。

 

 

話はそれましたが...ストライプの柄の場合は、ストライプの「線の太さ」・「線のピッチ(感覚)」に注目してみてください。このどちらか、もしくは両方を変えることで、同じ柄同士でも「立体感」を作ることが出来ます。

 

まずは、スーツとシャツがストライプの場合。ストライプの太さはどちらも似たような太さですが、ストライプのピッチがお互い違いますね。こうすると同じ柄でも、のっぺりせず、着こなしに立体感が生まれます。

Vゾーン

photo by https://www.hankyu-dept.co.jp/hkhsfile/uploadfile/20131028150441_19353924.JPG

 

次はスーツとネクタイがストライプ柄の場合。こんな風に、太目のストライプのネクタイに、細めのストタイプのスーツなら、同じ柄でもまとまりと奥行きを感じるはずです。ストライプのピッチもお互い違いますね。

さりげなくオシャレに見えるシャツ

photo by http://blog.suit-select.jp/data/original/0/114/2cc7c019bb80428aceea61faacd3230f8fb67c26.jpg?1418518872

 

こんな風に、「柄の大きさ」・「柄のピッチ(感覚)」を変えることで、同じ柄同士でも着こなしに「立体感」が生まれます。

 

「シャツとネクタイ」とか、「スラックスとシャツ」が同じ柄でも、同じ要領でやればオッケーです。

 

ぜひ自宅にあるストライプ柄同士を、この方法で合わせてみてください。今までNGだと思っていたコーディネートが、驚くくらいオシャレだった...というのに気づくはずです。

 

 

2種類以上の柄を組合すのもオッケー

「いろんな柄を使うと、ガラガラうるさくなっちゃうよね?」

 

こんな質問を頂くことも多いですね。例えばストライプのスーツのドットのネクタイ...みたいなパターン。

 

柄が違うから、着こなしにはメリハリが生まれ、「立体感」を感じさせます。でも、柄が違うから、まとまりがなく「統一感」がありません。

 

「立体感」はそのままに、「統一感」を出してあげれば、2種類以上の柄を組み合わせてもオシャレに着こなすことが出来ます。

 

 

違う柄を合わせるときは、「柄の大きさ」を揃えると統一感が出る

上でも解説したように、柄は

  1. 柄の種類
  2. 柄の大きさ

の2つの要素からできています。

 

「柄の種類」が違うから、統一感が出ないわけです。だから、「柄の大きさ」を揃えてあげるとコーディネートに統一感が生まれます。

 

細くこまかいストライプのシャツには、同じく小さいく細かい小紋柄のネクタイ。柄の大きさが揃い「統一感」を感じます。

ストライプオンドット

photo by https://www.google.co.jp/search?biw=1438&bih=685&tbm=isch&sa=1&ei=D9b_WZGHGYi00ASt557gCA&q=%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%84%E3%80%80%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%A4&oq=%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%84%E3%80%80%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%A4&gs_l=psy-ab.3…160750.166362.0.167335.18.17.1.0.0.0.268.2191.0j11j2.13.0….0…1.1j4.64.psy-ab..5.8.1469…0j0i30k1j0i24k1j0i4k1.0.GImuYukz_vk#imgrc=gPDbzi8g7EmZVM:

 

 

こちらは、大きめのチェック柄のジャケットに、太めのストライプのネクタイを合わせたコーディネート。インパクトが強い柄同士でも、「統一感」を感じるはずです。

2018年オシャレなシャツの襟型

photo by http://blog.suit-select.jp/data/original/0/101/8ee3d37c63e07a236812ec8ec4b1cb55fe392251.jpg?1497741567

 

大きな柄同士を組み合わせるとインパクトも強く、仕事柄難しい人も多いと思うので...。

 

まずは小さい柄同士を組み合わせるのがおすすめですね。細めのストライプのスーツorシャツに、小さめのドットや小紋柄のネクタイ、なんていうコーディネートはチャレンジしやすいはず。

 

洋服屋で鏡に合わせるだけでもいいので、試してみてください。コーディネートの引き出しが増えますよ。

 

今回はここまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。