ネクタイのオシャレな着こなしは色じゃなくて素材から!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ざらざら素材同士のVゾーン

コーディネートでまず気にするのが色合わせ。

 

「相性がいい色で組み合わせたのにいまいちオシャレにならないの」なんてことはありませんか?実はこの一つの要素を統一出来てないからなんです。

 

 

Vゾーンを構成する要素

Vゾーンとは画像のようにV字に構成されるスーツとシャツ・タイの組み合わせの事。

Vゾーン

photo by https://www.hankyu-dept.co.jp/hkhsfile/uploadfile/20131028150441_19353924.JPG

Vゾーンはスーツ、シャツ・タイの「色」「柄」「素材」を組み合わせることによって構成されます。この3つの組み合わせが全てマッチしたときに「スマート」要素を作り出し、オシャレを生み出します。

 

 

「スマート」要素とは、オシャレなスーツファッションに必要な3要素の一つ。スーツにおけるオシャレの原則は「お金持ちで引き締まった体と優れた頭脳を持つ男性像」を着こなしで表現することにあります。

 

 

当ブログでは、男性像の表現を

お金持ち=「リッチ」要素

引き締まった体=「マッチョ要素」

優れた頭脳=「スマート」要素の3要素に分け各要素の作り方を誰にでも出来る理論で解説しています。

3要素については→初めてこのブログに来た方へ。オシャレの必須3要素とは?

 

 

「スマート」要素は世の中に無限にある服の中から統一感のある組み合わせを選び抜く知性から生まれます。オシャレじゃないVゾーンの多くは「色」「柄」の組み合わせしか統一されておらず、「素材」にミスマッチがある為、「スマート」要素を作り切れていません。

 

 

素材の違いを見極める

「素材」は色や柄と比べてその違いはごくわずかです。ごくわずかにもかかわらず素材で統一感を出せなければ「スマート」要素を作り出すことは出来ません。素材の統一感を出すためにはそのごくわずかな違いを見抜く必要があります。

 

 

素材の違いを見極めるのに経験や専門的な素材知識は必要ありません。素材の見極めのコツは触ってツルツル、見た目ツヤツヤか触ってざらざら、見た目マット(ツヤ無し)の二つに分類すれば良いだけです。

 

 

同じ素材を組み合わせることで統一感を生み出す

素材の分類が出来れば、あとは簡単。

 

 

ツルツル・ツヤツヤのスーツには同じくツルツル・ツヤツヤのシャツ&タイ

ツルツル素材同士のVゾーン

phto by http://www.asahi.com/fashion/column/images/TKY201008040149.jpg

 

ざらざら・マットのスーツには同じくざらざら・マットのシャツ&タイを合わせればいいだけです。

ざらざら素材同士のVゾーン

photo by https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/736x/97/40/98/974098424bc94b9f818fba1e11a4393b.jpg

 

気温が下がり重ね着になればなるほど素材の統一感を出せているかどうかが、オシャレさを左右していきます。素材の手触りも意識したコーディネートによって統一感のある組み合わせを作り「スマート」要素を生み出すことが出来るのです。

 

 

まとめ
  1. Vゾーンは「色」「柄」「素材」で構成される
  2. オシャレじゃないVゾーンは「素材」が合っていない
  3. 同じ手触りの素材を合わせれば、統一感が生まれる

 

 
PS

最後まで読んでくれた方だけに

特別なオファーをご用意しています。

ページ下部をご覧ください。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。