夏の買い物は何を買うべきか?【ファッション編】夏物は買わずに、ボーナスを小物に使おう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
alden

現役販売員の鶴田です。

 

7~8月にセール品を買ってはいけません。夏の買い物で失敗しないコツ・ボーナスの正しい奮発の仕方が理解できます。

 

何を買ったらいいかわからない人必見の内容ですよ。

 

 

7~8月に夏物は買ってはいけない!

「どう考えても、夏服が足りない...」

「急に、新しい夏服が必要になった」

 

そんな場合以外は、7~8月に夏服は買わないほうが、実は賢いのです。

 

理由①着れる期間が短くてコスパが悪い

「なんで?セールで安くなっていてお得じゃん」

 

そう思う人も多いかもしれませんが...。

 

洋服が高いか安いかを決めるのは、値段ではなく、「買った金額÷使った回数=1回使うあたりの金額」が安いかどうかです。

 

夏服は、セールで安くなっているかもしれませんが、着れるのはせいぜいあと2か月。週末しか着ないカジュアルウェアは、週に1回着るかどうか、でしょう。

 

そうなると、定価1万円の服を、50%オフの5000円で買っても、着るのは、8~10回くらいといったところ。5000円÷10回着用=1回使うあたり500円。スタバのコーヒーよりも高いですよ...( ;∀;)

 

「500円?な~んだ安いじゃん」

 

金銭感覚がリッチな人は、そんな風に思うかもしれませんが。そんな方も、理由②を読んでみてください。7~8月にセール品を買わないほうがいいことが、わかるでしょう。

 

 

理由②セール品は、「売れ残り品」

閉店近くのスーパーに行ってみれば、わかりますが...。閉店間際のスーパーは、賞味期限間際のお惣菜やお弁当は、割り引かれています。

 

割り引かれていますが、おいしそうなお弁当はたいして残っていないのです。

 

おいしそうなお弁当やお惣菜は、定価の段階で売り切れてしまうものです。

 

そう!洋服も一緒なんです。

 

セール品は、定価の段階で売り切れなかった「売れ残り品」。たいして良い服は残っていないのです。

 

「日頃のご愛顧に感謝をこめて...」なんて、セールの時によく使われるフレーズですが...。あんなのウソですからね(笑)

 

セール=売れ残り品の在庫処分。それ以上でも、それ以下でもありません。

 

7~8月の夏物=セール品は、

  1. 1回使うあたりに換算すると高い
  2. 良品は少なく、売れ残り品

なのです。

 

これを頭に入れておくと、よほど必要でないかぎり・よほどの掘り出し物でないかぎり、7~8月に夏物を買うのは賢くないのがわかるはず。

 

 

夏のボーナスで買うべきはバッグ&靴

じゃあ、この沸々と湧いてくる夏の物欲。夏のボーナスが入ってくると、さらに高まってくるはずでしょう(笑)

 

この物欲は、バッグ・靴で満たすのが賢い買い物なんです。

 

 

理由①良品が色・サイズともに豊富

7月末から8月頭にかけて、洋服屋は秋冬のシーズンスタートの時期。この時期を、業界では「立ち上がり」と呼んでいます。覚えていても損はありませんよ。

 

この「立ち上がり」の時期。各ブランドがそのシーズンのラインナップの中でも、もっとも良質な商品を大量に入荷させるタイミングです。

 

まだ、色もサイズも豊富に揃っている良品をズラッと見れるのが、「立ち上がり」。この時期は、セール品も並行して扱っていますが、秋冬物の新作の方が、圧倒的良品が揃っているのです。

 

 

理由②シーズンレスアイテムだから、すぐに使える

「まだ暑いのに、秋冬物なんてイメージがわかないよ...」

 

そんな人も多いでしょう。

 

洋服の買い物で失敗しないコツは、最長でも「10回以内に絶対着る服」を買う事。いくら良品が多いからといって、1か月後じゃないと着れないような秋冬物を買うのは失敗のモトです。買って満足して、いざ時期が着ても、気分が変わってたいして着ない...なんてのがよくあるパターンですね。

 

そこで、おすすめなのが革靴やバッグなどの小物。

alden

photo by https://leffot.com/wp-content/uploads/2015/12/alden-shell.jpg

 

靴やバッグ・アクセサリーは「シーズンレスアイテム」と呼ばれ、季節に関係なく、使えるアイテム。

 

「まだ暑いから、この前買ったバッグはまだ使えないな~」なんて、思いませんよね?

 

良品が多い、7~8月に販売される秋冬の新作。そのなかから、靴やバッグなどの「シーズンレスアイテム」を選ぶと、

  • すぐに使えるので、買い物の失敗をしにくい。
  • すぐ使える=たくさん使える。「買った金額÷使った回数=1回使うあたりの金額」」で考えてみると、実は安い

 

夏のボーナスを、靴やバッグに奮発しても、簡単に元を取ることが出来ます。

 

 

理由③お金をかけない人が多いから差別化に出来る

男性は、服を買って残ったお金で、バッグや靴。小物を買う...という人がほとんど。男性は、靴やバッグにお金をかけないのです。

 

オシャレとは、「偏差値」です。平均よりも、とびぬけて良いから、オシャレに見える。平均的な男性は、小物にお金をかけないからこそ、小物にお金をかけることで、オシャレさに見せることが出来ます。

 

靴や小物に奮発するのが、夏の買い物、とりわけ夏のボーナスの使い方の正解です。

 

革靴については、事前知識として

オシャレになるには、いくら位の革靴がいいのか?3万円前後が履き心地・革質・デザインが良くておすすめ

最もお金をかけないでオシャレになるための、お金の使い方。革靴にお金をかけて他は安物でオッケー。

スーツ・シャツ・革靴をオンオフ兼用で使うたった1つのコツ。カジュアル服を仕事でも着るのがポイント

を読んでおくと、良質な革靴を選ぶためのヒントになるでしょう。

 

 

今回はここまで。最後まで読んでくださりありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。