「私服の制服化」をして感じた4つのメリット。節約・整理整頓・時短・オシャレも全部解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「部屋が散らかって困っている」

「洋服代がかかりすぎている」

「何を着るか毎日悩んでしまう」

「高い服を買ってみたいけど手が出ない」

「一生懸命考えたコーディネートがイケてない」

 

こんな悩みを持っていませんか?「私服の制服化」をすれば一気に解決しちゃいますよ。

 

私服の制服化のメリット①服の数が減って節約・クローゼットの整理整頓になる

私服の制服化をしてしまえば、洗い替えを入れても最小で

  • アウター×1
  • トップス×3
  • ボトムス×2

くらいで済んじゃいます。

 

「フランス人は10着しか服を持たない」なんて本もありますが、6着くらいでもイケちゃうんですね~。

 

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~

 

 

 

まあ、多少の着回しを考えても10着あれば十分なんです。

 

今年、何着服を買いました?

クローゼットに何着服が入っていますか?

 

私服の制服化をしちゃえば、洋服をたくさん買う必要もないから節約になります。男性にとって服の買い物は「楽しみ」でなくて「労働」に感じる人も多いはず。

 

頻繁に買い物に行く必要もないのも、「私服の制服化」の良いところですね。

 

僕が「私服の制服化」をして一番良かったと感じるのがクローゼットがメチャクチャすっきりきれいになったことですね。

 

普段ショップスタッフとして、キレイに陳列されている服を見てるので自宅で服がギュウギュウ・パンパンに詰め込まれているのを見るとテンション下がるんですよね...。

 

どんなにオシャレな人でも、クローゼットはギュウギュウ・パンパンな人って結構多いんですよ。せっかくオシャレするんだったら、クローゼットの中もすっきりオシャレにしたくないですか?

 

「私服の制服化」をするとクローゼットがスッキリ。服が型崩れしにくい太めのハンガーに服をかけてもまだまだ余裕。まるで、お店のレイアウトみたい...ってのは言い過ぎですけど。

 

お気に入りの服がゆったりハンガーにかけられているのを見るのはなんとも気分が良いものです。

 

今までは、引っ越すならor家を建てるなら「クローゼットは絶対広くないと!!」なんて思ってましたがそんな制約からも解放されました。

 

大げさかもしれませんが、ちょっと生きやすくなった感じがします(笑)

 

私服の制服化のメリット②コーディネートが一瞬で決まる

服が少ないわけですからね。組み合わせだって限られるわけです。

 

だからコーディネートなんて一瞬で決まります。我が家は二回にクローゼットがあるのですが、階段を上っている途中にコーディネートは決まっちゃいます。

 

「着回しパターンが少ないと不便じゃない?」

 

なんて方はこちらも記事も読んでみてください。着回しパターンなんて少なくて十分なことがわかりますよ。

※参考記事

お金をかけずにオシャレをするたった一つのポイント

 

私服の制服化のメリット③服が少ないから、一着に奮発できる

今まで20着買うのに、10万円かけていたとしたら1着当たり単価5000円ですよね?

 

これが10着になれば、1着当たり1万円。5着になれば、1着当たり2万円かけることが出来ます。

 

数を少なくすることで洋服にかける予算を増やさなくても、今までよりもいい服を買えちゃうんですよ。

 

もちろん服を少なくした分、服にかけるお金を減らして節約するのもありですね。

 

私服の制服化のメリット④いつもオシャレにいられる

洋服をたくさん持っていると、いろんなコーディネートを作ることが出来ます。

 

でも裏を返せばいろんなコーディネートがある分、失敗コーディネートが生まれる確率も増える...という事。

 

一番お気に入りのコーディネートを「制服」にすれば、毎日ベストコーディネートで過ごすことが出来ます。

 

「毎日同じは、周りの人に何か言われそう...」

 

ぶっちゃけ、自分が思うほど人は自分のことを見ていません 苦笑

 

いつもおんなじコーディネートだったとしても、それがベストコーディネートならば

「いつもすてきだな~」

「○○さんらしいファッションだな~」

といったポジティブな印象を持ってもらえます。

 

逆に毎日違う服装をしても、それがイマイチだったり、ダサかったりすれば

「いつもイマイチな人」

「何着てもダサい人」

という印象で終わってしまます。

 

コーディネートに大事なのは「量=パターン数」ではなく「質=オシャレさ」です。

 

その「質」を少ないお金や時間・スペースで担保してくれるのが「私服の制服化」なんですね。

 

何を制服にすればいいか分からん...なんて人は妻の無料相談を利用してみてください。ご希望あれば僕も監修します。

ameblo.jp

れば僕も監修させていただきます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。