「コレを着ているからオシャレ」の思考はあなたをダサくする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

有名なテーラーでスーツを仕立てているからオシャレ

高級なブランドのスーツを着ているからオシャレ

トレンドのアイテムを着ているからオシャレ

 

こんな風に思っていませんか?「これを着ていれば(こう着ていれば)オシャレ」の単純思考になっていませんか?

 

今回はオシャレになるための考え方を解説します。

 

オシャレに使えるリソースは限られている

お金・時間...オシャレに使えるリソースは限られています。このリソースを1要素に全振りしちゃってませんか?っていうのが今回の趣旨。

 

ありったけの予算を費やして

「オーダースーツを買ったから、ネクタイは適当でも大丈夫でしょ!」

「高級生地メーカーのスーツを買ったから、オレってオシャレ♪」

「雑誌に載ってたトレンドアイテムを買ったからオシャレ。」

ってなってませんか?

 

無駄なシワのないオーダースーツは身体を豊かに見せることが出来ます...でもそれだけだったら、ただの「筋肉バカ」。

高級生地メーカーのスーツの高級感は社会的地位を感じさせることが出来ます...でもそれだけだったら、ただの「成金」。

トレンドアイテムは周囲との差別化を図ることが出来ます...でもそれだけだったら「変わった服を着ている人」。

 

男はどうしてもオタク気質で「モノ」単体に執着しがち。スーツにハマればコーディネートは二の次でスーツに凝りがち。靴やネクタイも同様。

 

別に「マニア」が悪いわけではありません。

 

 

「クローゼットにずらりとスーツが並んでいるのを眺めるが最高の至福の時」

「膨大な数の靴を毎晩磨くときが人生で一番幸せ」

「誰も持っていないレアなアイテムを持っていることにとてつもない優越感を感じる」etc

 

情熱を注ぎ、幸せを感じることが出来る「何か」があることは人生を豊かにします。「マニア」になるくらい「モノ」単体に価値を見出すのは「オシャレ」とは別の軸であれど素敵な事。

 

そうではなく

「なんとなく高いスーツのほうが良いと思って...」

「ブランドを着ているとなんとなく安心...」

「流行りモノを着ていれば無難でしょ...多分」という人はちょっとストップ。

 

間違いなく損しています。

 

オシャレに必要なのはお金ではない

4万円で全身をオシャレにまとめる人もいれば、悪品のスーツに4万円を費やす人もいます。

 

どっちの人が損をしているかは明らかですよね?

 

「どうせ安物でオシャレになれるのはイケメンだけでしょ?」...いえいえ。

 

スーツとは英国貴族が自信を権力者足る見栄えにするために生まれた見た目重視の服。権力者とは「経済的にも肉体的にも恵まれ、知性豊な存在」。こんな雰囲気を感じさせる外見になれたら素敵でしょ?

 

英国貴族だって中にはチンチクリンなルックスの人やお世辞にもイケメンとは言えない人もいました。世界史の教科書に出てくる偉人は全員イケメンでしたか?そんな彼らもスーツによって外見の短所をカバーしその威厳を保っていたのです。

 

オシャレに必要なのはお金でもルックスでもありません。

 

オシャレに必要なのは「オシャレの理論」、「理論を実践する行動力」。この2つ。

 

逆説的にいうと、「ブランド物だから...」、「高いオーダースーツだから...」、「トレンド物だから...」といったうす~い根拠のファッションはオシャレという評価を生み出すことはありません。

 

とりわけ見た目重視の服として200年という長い歴史を持つスーツならなおの事。スーツにおけるオシャレは歴史の文脈を紐解き、今のエッセンスをふりかけ着こなしに落とし込むことにあります。歴史への敬意のないうす~い根拠では成り立たないのです。

 

オシャレな服=高い服ではない

高い=良い服だと思いますよね。少なくとも良い服=良質な服と定義すると高ければ高いほど良い服という図式は成り立ちません。

 

この前ふらりと入ったユニクロで驚かされました。僕が勤務しているブランドのハイエンドラインとほぼ同じパンツがユニクロにあったんです。僕の勤務するブランドのハイエンドラインのパンツは2万円代中盤。それに対してユニクロのパンツは約3000円。

 

「ブランドがぼったくっている」とか「ユニクロがパクっている」とかそういう話ではなく、安くても良品は存在するという事。洋服ってどんなに良い素材も大量に買い付ければ安くなるんです。どんなに良い縫製でも工場にたくさん発注すれば安くなるんです。もちろん大量生産不可能なデザインや縫製、希少価値の高い素材などは例外ですが...。

 

オシャレなんて所詮パッと見です。細かいところを見ると高い服は確かに良い。でも細かいところに気を配る前にもっとパッと見を良くしたほうが効率が良いと言いうもの。

 

細部にクオリティーの違いはあれど、ある程度の良品を低価格でも手に入れることが出来る今の時代。

細かい皺を気にしてオーダースーツを買う前に。

どこの生地メーカーがうんぬんかんぬんの前に。

サイドベンツじゃないと...の前に。

細部のこだわりにリソースを費やす前にパッと見の全体感のクオリティーを上げたほうがオシャレへの近道です。

 

試しにセレクトショップとユニクロを見比べてみてください。ユニクロはシャツやニットが得意ですからそのあたりを見比べてみるといいかもしれません。

「さっきアローズにあった奴とほとんど一緒じゃん」

「ユニクロにあったのとほとんど同じなのに値段が10倍...」

なんていう発見があるはず。

 

そう。価格もブランドもオシャレを保証してくれるわけではないという事に気づくでしょう

 

となれば、「高いからオシャレ」や「ブランド物だからオシャレ」という思考は損ではないですか?何度も言いますがオシャレは着こなしから生まれるもの。単品に予算を費やしたところでオシャレになれるわけではありません。しかも低価格でも良品を手に入れることが出来る時代に「なんとなく高い服を買う」というはもったいないとしか言いようがありません。

 

オシャレはファストファッションの登場によって「モノから術」に移り変わっています。オシャレがお金では成立しないからこそ必要なのは着こなし術。

 

スーツは見た目重視の服として200年の歳月をかけて進化・発展してきました。その歴史を紐解き、着こなしに落とし込むことでスーツは単なる仕事着ではなく、見た目重視の服としての機能を取り戻します。

 

歴史を根拠としたオシャレテクニックを論理的に説いているのが当サイトSuitLabo。

 

今までスーツ1着に費やしていたコスト。オシャレ理論を身に着ければ、同じコストで全身をオシャレにトータルコーデなんてことも出来ます。節約になる上にオシャレになれる。こんなうまい話ないんじゃないですか(笑)

 

どうせ服は買わなければいけません。だったら限られたリソースを賢く使ってオシャレになりましょう。オシャレになって自分に自信を持ち、人生楽しく過ごしましょう...SuitLaboはそんなところです。

 

コーディネートや買い物の無料メール相談をやってますので、「オシャレをするのに何から始めて良いものやら...」という方も気軽にご相談ください。

 

理論と同じくらい、「行動してみる」っていうのがオシャレになるのには大事ですからね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。