良い革靴買うなら佐野プレミアムアウトレット!プラダやグッチの極上革靴が5万で手に入る超穴場買い物スポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ぼくの愛用している革靴は3足。

  1. 誰もが知る高級ファッションブランド「PRADA」の革靴
  2. アメリカの老舗高級革靴ブランド「Alden」のローファー
  3. 英国の老舗靴ブランド「Trickers」の工場で作られてブーツ

定価で買うなら3足で25万といったところ。高い=オシャレ...というわけではありませんが。

 

 

でもいいだろ~、すごいだろ~!ヘッヘッヘ♪

 

 

なんて調子に乗ってみましたが、我が家にそんなお金はありません。実は佐野プレミアムアウトレットで半額...以下だったかな?

 

実は佐野プレミアムアウトレットって高級革靴を格安で買える超穴場スポットなんですね。

 

 

とはいえ、プレミアムアウトレットって行ったことがある人にはわかりますが...。だだっ広い上にお店の数も半端ない。

 

革靴探すにしても、どのお店に行けばいいか途方に暮れてしまう人も多いでしょう。

 

今回は佐野プレミアムアウトレットの超常連&アパレル店員である僕が高級革靴を確約で買えるおすすめショップ・ブランドを紹介します...ぶっちゃけあんまり教えたくないレベル 苦笑

 

でも僕だけが知っているのも、もったいないし、せっかくだからこの機会にお伝えしちゃいます。

 

「格安って言っても5万くらいでしょ?高くない?」

 

5万の靴履けば、他はファストファッションでも着こなしの格はぐっと上がるものです。僕の私服も革靴を覗けばセットアップにインナーでトータル1万円しないくらい。全身でも6万するかどうか。

 

あなたの全身コーデのほうが高額かもしれませんよ。

 

 

おすすめ革靴買い物スポット①PRADA(プラダ)

ここが一番おすすめスポットですね。

 

アウトレットで上質かつしっかり値下がりしている革靴って、常にあるわけじゃないんだけど...。

 

ここはいっつもコンスタントに上質な革靴が手頃(5万くらい)な値段で揃っています。ラインナップは気持ちドレス寄り(スーツ専用)のラインナップかな?

 

ローファーもコンスタントに扱っているから、ローファーを選べばオンオフ兼用でも使えます。

 

ローファーってメチャクチャ使いやすいっすよ。こちらで詳しく解説しています。 

※参考記事

ローファーはイクメンこそ履くべき革靴。保育園の送り迎えで脱ぎ履きが便利な上に超オシャレ!

 

で、PRADAの革靴の中でも一番のおすすめがChurch’sとのダブルネームの革靴。 

 

Church’sというのは、

 チャーチ/Church’sは1873年、靴作りの町として有名なノーサンプトンで創業しました。正統派の英国靴として不動の地位を確立し、欧米のセレブリティや007のボンドも愛用することで知られています。チャーチのウェルト・シューズはグッドイヤー・ウェルト製法により、250にもおよぶ工程を経て作られています。

 by 公式サイト。

 

平たく言うと複雑な工程を要する製法の革靴を極上の素材かつデザインで作られた、革靴業界の中でもトップクラスの革靴メーカー...といった感じ。

 

ここはプラダグループに1999年に買収された過去があって、それ以来PRADAの革靴はチャーチの工場で作られるようになっているんですね。

 

デザイナーズブランド中でもトップクラスのクリエイションを誇るプラダのデザインと革靴業界の中でもトップクラスのクオリティを誇るチャーチのクオリティ。

 

この二つを合わせた極上品がPRADAとChurch’sのダブルネームの革靴なんですね。これがアウトレット価格で手に入っちゃうのが佐野プレミアムアウトレット。

 

薄くなってしまってますが、靴底にChurch’sと刻印してあるのが目印ですね。

f:id:hij20120525:20180330182034j:image

 

ぼくが持っているのは結構派手なデザインですが、お店のラインナップはベーシックなデザインがほとんどでした。

 

予算は6万くらいあれば選択肢はそこそこ広く検討できるはず。

 

おすすめ革靴買い物スポット②GUCCI(グッチ)

ネットでは最新コレクションの生首ルックが話題になっているグッチですが...。

f:id:hij20120525:20180330173054j:plain

photo by https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%81%E3%80%80%E7%94%9F%E9%A6%96%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjsst7X0JPaAhXCvLwKHfylD10Q_AUICigB&biw=1708&bih=814#imgrc=S_dlOoccSu3iPM:

実は今のメンズファッションシーンのトレンドをけん引する存在のブランド。

 

アウトレットなので半年遅れの商品ラインアップではありますが...。大幅値引きで現在のファッションシーンをけん引するブランドのアイテムを変えちゃうのが佐野プレミアムアウトレットのグッチ

 

これの生みの親・元祖であるのがグッチなんですね。

 

 

そしてグッチの革靴といえばビットローファーですよ。ビットと呼ばれる「馬具」をモチーフにした金具をローファーにつけたのがビットローファー。

 

 

世代によっては「バブル」を連想する人もいると思いますが、グッチのビットローファーは細身のシルエットでとても現代的。

f:id:hij20120525:20180330174003j:plain

photo by https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%81%E3%80%80%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwje4sb20ZPaAhVIWbwKHbp-DCwQ_AUICigB&biw=1708&bih=814#imgrc=N2fUAQxJyIImrM:

上のグッチのスタイリングを見てもわかりますが、グッチが提案するのは柄物やアクセサリーを使った装飾性のあるファッション。「装飾性があるファッション」が今の時代のオシャレの価値観なんですね。

 

で、アクセサリー的な装飾が施してあるビットローファーは今の時代にマッチしていることもありトレンドアイテムなんですね。

f:id:hij20120525:20180330174003j:plain

トレンドアイテムであるビットローファーの元祖かつ極上の逸品が5万前後で手に入っちゃうんです。

 

「高いものはトレンドモノじゃなくて、定番モノが良いんだよな...」

 

メンズのファッションは保守的です。ゆえにトレンドの移り変わりも非常にゆっくり。「装飾性」トレンドも5年くらいは続くはず。

 

5年も履けば5万くらいのアイテムは十分元は取れますのでご安心を。

 

ただ、プラダと比べるとラインナップは少なめ。革靴は常時3~5型くらいかな?時期にてちょっと当たりはずれもあるのがデメリットですね。

 

おすすめ革靴買い物スポット③ユナイテッドアローズ

ぼくがこの画像と同型のAldenを買ったのがこの店舗。

f:id:hij20120525:20180321151937j:plain

セレクトショップだけあって、細かく通ってみると時折、極上革靴ブランドの革靴が置いてあるのがこのお店。

 

でも、出会えるかどうかはかなり運次第。常時置いてあるのが通称「セレオリ」、せれくっとショップがオリジナルで作っているアイテムのことですね。

 

これも悪いわけじゃないけど、やっぱり餅は餅屋ですよ。革靴専業メーカーのアイテムのほうがクオリティは上ですね。

 

ぼくがアローズで見かけた極上革靴ブランドのラインナップは

  • Alden(オールデン)
  • クロケットジョーンズ

といったところ。どれも10万越えする高級革靴ブランドですね。これが4~50パーセントオフといったところでした。

 

セレクトショップはこういう革靴ブランドはファッション感度の高い顧客向けに買い付けていることがほとんど。だからデザイン・色使い・素材使いがちょっと上級者向けのアイテムが多いんですね。

 

ぼくが買ったローファーも「カーキ」ですからね。着こなしがちょっと難しい。

 

このお店の上質革靴は、「人とちょっと違うものを探している人」・「シンプルなものはもう持っている人」で「上質なものが欲しい方向け」...といった感じですね。

 

上に書いたお店のアイテムだったら、修理などアフターケアは定価販売のお店でも受けることができます。せっかくの良い靴ですからね。大事に長く履いたほうが元を取れるものです。

 

週末のお出かけに・長期休暇の旅行に、ぜひ佐野プレミアムアウトレットに足を運んでみてください。上質で格安の革靴に出会えますよ。

あなたの「似合う」・「オシャレ」を、マンツーマンサポート!!ファッションカウンセリングメニュー

過去にブログで何度か触れましたが、我が家は夫婦そろってファッションブロガー。しかも、二人合わせてのアパレル業界歴は、27年に及ぶキャリアを誇ります。

 

私は「スーツ」「オンオフ兼用」「ミニマリスト」をコンセプトとした、当サイト「SuitLabo」を運営。

 

妻は、似合う服を導き出す理論である「骨格診断」「パーソナルカラー」に加えて、「ドレス」「ミニマリスト」をコンセプトとしたブログ、「モードスタイル研究所」を運営しています。

 

この度、「SuitLabo」と「モードスタイル研究所」の共同サービスとして、新たにファッションカウンセリングサービス「骨格診断 for men」を始動いたします。

 

「似合う服がわからない」

「いつも服の色選びで迷う」

「身近にファッションの相談をできるプロフェッショナルがいない」

 

そんな方にお勧めのサービスです。

 

 

骨格診断 for men メニュー内容

内容は3つ。

 

  1. 似合う洋服
  2. 似合う色
  3. 質問し放題(1か月無料)

 

3メニューとも私の監修になりますが、①・②に関しては妻の専門分野。妻が主導となったサービスとなります。

 

そして③。

 

質問の窓口こそ妻ですが、当サイト「SuitLabo」ならではの、「切り口」「ロジック満載」であなたの質問に1か月何度でも、無料でお答えいたします。

 

1.似合う洋服について

カッコいいおしゃれには、似合う素材と着こなしを知れば十分です。オンオフ(仕事・休日)それぞれに分けてご提案します。

 

≪骨格診断をして伝授する内容≫

  • お似合いになる素材について
  • 着こなしのポイント(サイズ感やスタイリングのしかたなど)について

※画像に説明文を加えてわかりやすく伝授。

 

上記内容は妻のサイトからの引用ですが、私からもお話しすると...。

 

男性服の服は、女性服と比べると、とにかくバリエーションが少ない。

 

女性の服の場合、「シルク」「レーヨン」なども多用されますが、これらの素材は、男性服ならほとんど使われません。

 

男性服は

  • 綿
  • ウール
  • ポリエステルやナイロンなどの化繊

がほとんど。

 

でも、一口に綿といっても「薄く滑らかなコットン」・「厚くガサガサしたコットン」など、実にさまざま。

 

同じ綿素材でも、モノによって明らかに質感が違うのです。

 

同じ素材のはずなのに、全然違う。だから男性服は難しいのです。迷うのです。

 

そんな迷いを断ち切る指標となるのが、当サービスの「似合う洋服診断」。

 

あなたには、

  • しなやかなブロードのコットンシャツが似合うのか?
  • ガサガサしたタフな、オックスフォード素材のコットンシャツの方が似合うのか?

そんな疑問にお答えします。

 

 

2.似合う色について

男性服の着こなしに、カラフルな色彩はさほど必要ありません。このことからも、ベーシックカラーをおされば十分と考えます。

 

パーソナルカラーの4シーズン(春・夏・秋・冬)の分類法により、どんな色味の黒が似合うのか(赤っぽい黒?緑っぽい黒?)、どんな色味のネイビーが似合うのか(鮮やかな紺?深みのある紺?)、といったことをご提案します。

 

≪パーソナルカラーを診断して伝授する内容≫

  • お似合いになるベーシックカラー(黒・グレー・ネイビー・白)について

※ご希望によってほかの色をご案内することも可能です。

 

こちらも、妻のサイトからの引用(^-^;

 

男性服のワードローブの8~9割は、白・紺・グレー・黒の4色。

 

8~9割を占めるからこそ、4色の診断に特化したのが、こちらのサービス。他の色については、あえて情報をカットしているので、圧倒的に理解・実践がしやすいのです。

 

3.質問し放題

ご利用後1か月間は、どのようなご質問も無料でお受けします。また、監修はスーツマスターの夫が行います。

※ご質問は即座にお答えしますが、こちらの諸事情により送れることもありますので、予めご了承ください。

 

マニアックな質問・「こんなことで質問してもいいのかな?」のような些細な質問でも、なんでもオッケー。

 

「SuitLabo」ならではの、切り口・ロジック満載であなたの質問にお答えいたします。

 

 

プライス・納期

¥33,000(税込)

結果のお届けまでに、1週間~10日ほどいただきます。(お申込者様の混雑具合により、遅れることもあります)

 

何の知識もなく洋服を買うと、これ位の金額は無駄使いになってしまいがち。

 

当サービスの診断内容を元に洋服を選べば、無駄買いもなくなり、これ位の金額はあっという間に元を取れてしまうのです。

 

服選びに迷ったときは、「無料質問サービス」もありますからね。無駄買いは、しなくなるでしょう。

 

新メニュー【同行ショッピングサービス】

さて、メンズのメニューをオープンして以来、お申込者様のお声より、あらたなメニューが生まれました。

 

夫婦共同のメンズメニューですが、

 

  • 妻(わたくし)が、パーソナルカラーと骨格をチェックし、
  • 夫が、ショッピングに付き添う

 

という、メニューです。

 

先日、3万円で、アウターとトップスと、パンツをトータルコーディネートしたいというお客さまがいらっしゃいました。

 

私たち夫婦で、即答です。

 

「可能だよね。」

「うん、コートと、セットアップ(ジャケット&スラックス)、トップス2枚におつりがくるね」

 

そのお客さまは、職場のの人に言われたある言葉が気になり、わたくしたちにご依頼いただきました。

 

その言葉は、

 

「顔色が悪いね」

「顔がくすんで見える」

 

だったそうです。

 

こちらのお客さまはわたくしが、カラーを見て、骨格を見ます。お似合いになる色、ようは、顔色がくすまない色を選びます。骨格診断で、お似合いになる素材を選びます。そして、サイズ感、きこなしを夫と相談します。

 

日時、場所を指定して、(今回のお客さまは、新宿です)夫とショッピングします。場所は、都内近郊(ご相談)をご指定ください。

 

当メニューも、同額(33,000)で行います

 

さて、診断+お買い物で、計6万円ほどかかったわけですが...。

 

百貨店やら、セレクトショップで、ヘタに6万円費やすよりも、今回の同行ショッピングの方が断然お得。

 

当たり前の話ですが、ショップスタッフは、お客様が服を買ってくれて、初めて売り上げが発生します。

 

善良なショップスタッフの方もいますが...。

 

似合ってもないのに、「似合ってますよ」。全然オススメじゃないのに「オススメですよ」。

 

売り上げのために思ってもないことを言ってしまうショップスタッフもいるわけです。

 

販売員の目的は「売る」こと。お客様が求めることは、「オシャレになる」こと。

 

このギャップがあっては、いつまでもお客様はオシャレになれません。(もちろん、この矛盾を解消する方法もあるのですが...)

 

でも、同行ショッピングは違います。ご依頼いただいた時点で売り上げが発生します。

 

つまり、われわれ夫婦は「お客様をオシャレにすること」に全力を注ぐことが出来るわけです。

 

「先に売り上げが発生しちゃうと、手を抜いちゃうんじゃない?」

 

長いショップスタッフキャリアで、実感したのは、「口コミ」の力。

 

いい仕事をすればするほど、口コミが広がり、新しいお客様が足を運んでくださいます。(上司の方が、部下の方に紹介してくださったり、その部下の方がご友人を...なんて感じに)

 

悪い仕事もしかりですね。つまり、手を抜いても、われわれ夫婦に良いことなんて、全然ないわけです。

 

むしろ、いい仕事をすることが、自分たちのため、お客様のため。いわゆる「win win」の関係ですね。

 

押し売りすることもありませんし、手を抜くことも致しません。

 

ただ純粋にあなたをオシャレにします。

 

 

ちなみに、今回はguとユニクロ中心のお買い上げでしたが...。

 

今のgu・ユニクロは、ヘタなセレクトショップオリジナルよりも高品質なのです。

 

正しい目利きで選んだ7000円のguのセットアップの方が、ヘタな1.5万のセットアップよりも、高品質。

正しい目利きで選んだ1.2万円のユニクロのコートの方が、ヘタな3万のコートよりも、高品質。

 

何の知識もない状態で、3万を洋服につぎ込むよりも、「3万の同行ショッピング代+3万の買い物」の方が、高品質でオシャレなモノを身に着けることが出来るのです。

 

 

お申込み方法

お申込み窓口は、妻が運営するサイト「モードスタイル研究所」となります。

 

下記お申込みボタンより、以下の流れでお申し込みください。

 

STEP① 下記お申し込みフォームより、まずはお申込みください。

STEP② 即日、ご案内メールが届きます。顔のアップと全身のお写真、ご相談内容をご案内メールまでご返信ください。

STEP③ お支払い方法はご案内メールある振込先まで、1週間以内にお振込みください。(※振込手数料はお客さま負担)

~その後、診断結果をメールにてお届けいたします。~

 

あなたからのお申込みをお待ちしております。

 

 


お申し込みはこちら

SNSでもご購読できます。


コメント

Comments are closed.