部屋着をパジャマにすると外出着もオシャレになる理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
パジャマ

あなたはどんな部屋着を着ていますか?

 

 

スウェットの上下やジャージの人はオシャレになるチャンスを失っているかもしれません。

 

オシャレは実践あるのみ

数学や英語を勉強する時あなたは何をしましたか?きっと文法や公式を使いこなせるまで問題集を解いたはず。ファッションも同様です。どんなに優れたオシャレの理論でも使いこなせなければ、知らないも同然。

 

 

オシャレの理論を習得するには問題集が必要です。ファッションにおける問題集となるのが日々の洋服を着る作業。日々、外出の際オシャレのロジックを実践しトライ&エラーを繰り返すことによってロジックの習得度が上がりオシャレになっていくのです。

 

 

トライ&エラーを最小限にするのがこのブログの「スーツ3大要素」や「出来るだけスーツ」理論なんですけどね。

「スーツ3大要素」について詳しくは→初めてこのブログに来た方へ。オシャレの必須3要素とは?

「出来るだけスーツ」について詳しくは→休日もスーツ?カジュアルスタイルをオシャレにする方法

 

 

実践の場を奪う部屋着

オシャレとは他人から見られた時の服装の洗練度を指します。他人から見られる=外出です。オシャレを実践できる機会は外出する時のみです。

 

 

自宅で一人ファッションショーをすることでも実践の場を作ることも出来ますが、そんなことをするのは僕も含めた洋服バカだけです(笑)ほとんどの人がオシャレを実践できる場は外出の時に限られるのです。

 

 

外出というオシャレの実践の場を奪ってしまうのがジャージ、上下スウェットといった「近所だったらそのまま出かけられる部屋着」です。

スウェット

photo by http://mensbrand.rash.jp/wp-content/uploads/2016/12/21a329e3fb5bcc03c0bf3784522dc494.jpg

 

 

部屋着の良し悪しは着心地で決まります。オシャレかどうかは二の次です。どんなに着心地がよく快適な部屋着もそのまま出かけてしまえば、だらしない外出着に変わってしまいます。

 

 

本来ならば、近所でも部屋着から外出着に着替えることでオシャレの実践の場を作るわけですが..。着替えなくても一応出かけることが出来てしまうのが、ジャージや上下スウェットの大罪。

 

 

パジャマがオシャレをする機会を作る

パジャマは誰がどう見てもナイトウェアです。そのまま出かけてしまえば、いくら近所でも人の目が気になるところ。

パジャマ

photo by https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/14478564_1051380234977341_1991337539268509696_n.jpg?ig_cache_key=MTM0NzQ5NzQ2ODI5NjYyODA4Mg%3D%3D.2

 

出かける為には絶対着替えが必要なパジャマに部屋着を変えてみましょう。出かけられない部屋着に変えることで、強制的に着替える機会を作り出すのです。出かける時にパジャマからジャージに着替えてしまっては意味がありませんからこの際、今までの部屋着は処分してしまいましょう

 

パジャマを部屋着にすることで近所でも着替えの必然性を発生させオシャレのトライ&エラーの機会を増やしオシャレロジックの習得度を上げる環境が作られます。

 

何も近所に出かけるのに「彼女とフレンチデート」的なオシャレをする必要はありません。近所でばったり知り合いに会った時に「近所に出かけるのにそんな張り切った服装してるの?」と突っ込まれない範囲で、「出来るだけスーツ」理論でオシャレを実践すればいいのです。

 

 

具体的にどんな服装をすればいいの?という方もいるでしょう。まずはこちらを読んで→休日もスーツ?カジュアルスタイルをオシャレにする方法読み終わったらパジャマを脱いで、近所に出かけてみて早速実践といきましょう。

 

 

まとめ
  1. オシャレはトライ&エラー。実践によって身につく
  2. そのまま外出出来てしまう部屋着は実践の場を奪う
  3. 部屋着をパジャマにすることにより、オシャレの機会を増やす

 

 

 

PS

最後まで読んでくれた方だけに

特別なオファーをご用意しています。

ページ下部をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。