服って、どういう順番で揃えればいいの?ミニマリスト的賢く・効率よくオシャレになる方法

現役販売員の鶴田です。

 

「捨てる」「格安良品から揃える」「買い替えのタイミングで高級品」「高級品こそ、丈夫なモノを選ぶ」。

 

服の上手な揃え方のポイントはこの4つ。詳細は以下で解説!

 

 

服を買う前に、ダサい服を捨てるのがファーストステップ

大学生の時代に「普段はブサイクだけど、調子が良いときは、岡田准一か玉山鉄二」を自称する後輩がいました。

 

ちなみに彼のあだ名は、「おっさん」。

 

彼の自称が事実だったとして...(笑)

 

彼はイケメンなのでしょうか?それともブサイクなのでしょうか?

 

 

きっと、「ときどきイケメンの人」・「基本ブサイクの人」...ところでしょう。

 

 

で、何が言いたいかというと...(笑)

 

どんなにオシャレな人でも、「ダサい日」・「イマイチな日」があると、なかなか「オシャレな人」と認識されない...ということ。オシャレな人は、最高得点が高いのではなく、平均点が高いのです。

 

まずは、オシャレの平均点をあげるべく、手元にあるダサい服を捨ててしまいましょう。服を買い揃えるのは、そのあと。

 

ちなみに、要らない服はごみとして捨てるのではなく、リサイクルセンター等など、次のユーザーに譲るのがオススメ。

 

売れれば、服を買う資本金にもなりますし...。それに環境問題的にも、そちらの方が地球にやさしいというものです。

 

化学繊維は、土に還らないので環境破壊にも繋がっちゃうんですね。

 

もちろん化学繊維の服は、丈夫だし手入れも楽。ぼくも化学繊維のセットアップは、便利で多用しています。

 

化学繊維の服は、買ってはいけない...というわけではなく、

  • なるべく長く使う
  • 使わないなら、捨てるのではなく、「売る」「ゆずる」

ようにしましょうね...という話。

 

余談でしたが、最近「ファッションと環境問題」に触れる機会があったもので(^-^;

 

 

少し脱線しましたが...。ここから本題に戻ります。

 

ここからは、手持ちの服を厳選したところで、

  • どこで
  • 何を

揃えようか...という疑問にお答えしていきます。

 

 

ユニクロ・guの格安良品で、オンオフ兼用の服を揃えよう

今は良い時代です。

 

ユニクロやGUなど、格安ブランドでも、高級素材の服やトレンドのデザインが手に入る時代。

 

色々な場所で言われていることですが、「お金がなくても」「お金をかけなくても」オシャレになる時代なのです。

 

とはいえ、お金をそこまで必要ないけど...。

 

お金をかけないなら、その分、目利きや着こなしのテクニックは必要ですよ~というのが、「お金をかけない」オシャレ術。

 

洋服選びの基準には、色々な基準があります。

 

その中でも、もっとも大切なのは、「オンオフ兼用」であること。

 

なぜかって??

 

男性が最も素敵に見えるのは、スーツ姿。これに異論がある人は、まずいないでしょう。女性の場合は、「ドレス」といったところでしょうか?

 

一般的にスーツは「仕事」もしくは、「フォーマル」用の服。ドレスも同じですね。

ネクタイ一つで劇的に足を長く見せる方法
photo by https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84+%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%97&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi4m_L3itXZAhXEpZQKHRvrC1MQ_AUICigB&biw=1821&bih=868#imgrc=LUrZ_AacFenmwM:

 

でも、スーツやドレスは、自分を一番ステキに見せてくれる服。仕事やフォーマルだけでしか、着ないのはもったいなくないですか?

 

カジュアルでも着たほうが、手っ取り早くオシャレになれます。

セットアップを小物でさらにオシャレにする方法
photo by http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1538999210/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL21lbnNkcmlwLmNvbS9mYXNoaW9uL3NldHVwbWVucw–/RS=%5EADBcPR7F8b4VvrNETDtObijyJ3adK0-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMD9yPTExJmw9cmkEaWR4AzAEb2lkA0FOZDlHY1F5YUE4bUZfcmJNOExRUk8zZDZiLTZEVWI5MHRadFdWU05VV0lvZUtiMnFPMDFVY0FmWUtaNE1tTQRwAzQ0Szc0NE9ENDRPSTQ0S2k0NE9ENDRPWElPT0NzLk9Edk9PRGguT0FnT09Eb2VPRHMuT0N1Zy0tBHBvcwMxMQRzZWMDc2h3BHNsawNyaQ–

 

「でも、カジュアルでスーツやドレス着たら変でしょ?」

 

確かにビジネス専用のスーツ、パーティ専用のスーツを着たら、どんなにオシャレでも「仕事帰り?」「これからパーティ?」と思われてしまうのが関の山。

 

 

だから、ビジネス専用のスーツではなく、カジュアルで着ても違和感のないスーツ。

パーティ専用のドレスではなく、カジュアルで着ても違和感のないドレス。

 

つまり「オンオフ兼用服」をユニクロやGUで揃えましょう。

「オンオフ兼用」服を探すのが、お金をかけないでオシャレをするテクニックの一つですよ~というお話。

 

「そんな都合のいい服なんて売ってないよ」

 

そんな方は、

7000円のguのスーツはオンオフ兼用で使えてコスパ最高!!その理由を解説

UNIQLOのエクストラファインメリノウールセーターレビュー!ロンTやスウェットより100倍オシャレ&大人っぽくなれるのです。

ユニクロ「エクストラファインコットンブロードシャツ」レビュー。襟の高さ・硬さがオンオフ兼用に最適

上記3つの記事をぜひ。

 

仕事でも、休日でも使える...なんていう都合のいい服が、実はユニクロやguで手に入ってしまうという、おいしい話です(笑)

 

 

服のコスパは「買った金額÷使った回数」。たくさん着れる服の方がお得

オンオフ兼用の服は、コスパの面でも非常に優秀。

 

一般的なコスパは、「値段の割に上質なクオリティ」に差すことが、ほとんどですが...。

 

当サイトのコスパは、「買った金額÷使った回数」。

 

年に数回しか着なかった、2000円のシャツよりも、3日に一回のペースで1年間履いた8万円の靴の方がコスパが高いのです。

 

なので、たくさん着れば、着るほど、コスパがよくなるわけですが...1年は365日しかありません。

 

インスタグラマーでもなければ、モデルでもないわれわれは、1日に何回も着替えるわけでもありません。

 

つまり、着れる服の数に限りがある...ということ。

 

ただでさえ、着る回数が限られてしまうのが、洋服。わざわざ、オンとオフで服を分けてしまうのは、コスパが悪い。

 

だから、オンオフ兼用。オンもオフも同じ服を着る。こうすることで、着用回数が増え、コスパが高くなります。

 

つまりたくさん着れば、安い服はより安く。高い服は、長い目で見れば、結果的に安く。しかもたくさん着るので、高い服の魅力をたっぷりと味わうことが出来ます。

 

こんな話をすると、湧いて出るのは「オンもオフも同じ格好って変でしょ」という疑問。

 

オンオフの切り替えは、「アイテム単位」ではなく、「コーディネート単位」でするのが正解です。

 

例えば、仕事は、スーツに革靴・シャツにネクタイといった組み合わせ。

 

休日は、同じスーツだけどシャツとネクタイを省略。仕事の時は、シャツの下に着ていたインナーTシャツを休日は1枚で着用。

そして、スーツの前のボタンを開けて少しリラックス感を出す。

https://www.instagram.com/p/BpEMzJbHOrO/?utm_source=ig_web_copy_link

 

こんな風に、着ているアイテムは一緒でも、組み合わせや着方を変えることで、オンとオフのコーディネートを切り替えることが出来ます。

 

コスパを重視するなら、オンオフの切り替えは、

✖→アイテム単位

〇→コーディネート単位

が正解なのです。

 

もちろん、せっかくのオンオフ兼用服でも、数が多すぎると、着用頻度が下がってコスパが下がります。

 

服は、少数精鋭にして、着用頻度を高くしましょう。

 

「何着くらいが、少数精鋭なの~」という方は、少ない服でもオシャレを楽しむには、服は何着必要なのか?の記事を参考にしてください。

 

 

買い替えのタイミングで、高級品を購入!オシャレの格上げ

ダサい日をなくすべく、ダサい服を処分する。

 

オンオフ兼用服で、手っ取り早くオシャレになれて、コスパの高い服を揃える。

 

ここまで繰れば、近所で一番オシャレな人...くらいには、簡単になれてしまうものです。

 

このレベルまで来ると、ユニクロやguの服では、満足できなくなってきているはず。

 

いよいよ高級品に手を出すタイミングです。

 

でも、注意!!

 

高級品に手を出すのは、「買い足し」ではなく「買い替え」のタイミングです。

 

買い足してしまうと、

  • 服の数が増える→1着当たりの着用頻度が下がる→コスパも下がる
  • 服が増える→服のローテーションに余裕が出すぎる→変に大事にしすぎてせっかくの高級品を着ない→コスパが下がる

という負のサイクルになってしまいます。

 

あくまで、高級品を買うのは、「買い替え」のタイミング。

 

買い替えなら、服の数は増えないので、着用頻度も下がりません。

高級品も高頻度で着る必要が出てくるので、コスパも上がります。

 

せっかくの高級品です。変にありがたがらずに、高級品こそガシガシ着ましょう。

 

その方がコスパ的にも優秀。高級品の魅力も存分に味わえる...というものです。

 

 

服は、高級品ほど脆いので注意

高級品だからこそ、たくさん使って、元を取りましょう...という話ですが。

 

実は、高級品ほど脆いのです。

 

高級品は、耐久性よりもファッション性を重視することがほとんど。細く柔らかい糸を使って、しなやかで艶のある生地に仕上げたり...とかね。

 

細くしなやかゆえに、どうしても耐久性が犠牲になってしまう。高級品は日用品・実用品というよりも、嗜好品なのです。

 

高級品だからこそ、コスパ目線で考えると、たくさん着て元を取りたいトコロ。でもたくさん着ると、繊細な高級品はすぐにダメになってしまう。

 

 

「じゃあ、どうすりゃいーんだ!」

 

と思う方も多いでしょう。

 

でも、大丈夫!!

 

ちょっとした選び方のコツさえ押さえれば、高級品とも上手に付き合うことが出来ます。

 

 

狙うは丈夫な高級品

ここまでの解説を読んだ方なら、「丈夫な高級品があればいいのにな~」と持ったことでしょう。

 

正解!!

 

耐久性の高い高級品なら、たくさん着ることが出来ます。たくさん着れば、コスパもよく、長い目で見れば、元を取れる。

 

上で、「高級品は脆い」なんて言ったのも、なんですが(^-^;

 

高級品は、基本は脆いモノ。でも、しっかり目利きを聞かせれば、丈夫な高級品もある...ということ。

 

狙うべきは、それ!

 

丈夫な高級品こそ、買い替えのタイミングで入手すべき、オシャレの格上げアイテムです。

 

もちろん、「高級品がないと、オシャレになれない」なんて話ではないですよ(^^)

 

「オシャレが楽しくなってきて、ファストファッションでは物足りなくなってきた」

「でも、月に1~2回しか着れないような贅沢品には、手が出ない」

 

そんな人は、丈夫な高級品に狙いを付けましょう...という話です。

 

 

丈夫な高級品 ①レザー・化学繊維・綿素材のアイテム

レザー・化学繊維・綿素材のアイテムは、高級品であっても比較的丈夫。

 

例えば、革靴。

プレーントゥ
photo by http://paper-paper.ocnk.net/data/paper-paper/product/alden/AD9590.jpg

 

高級革靴は、ソール(靴底)を張り替えながら、長く履くのが前提の作り。そのため、アッパー(靴底より上の部分)も長い使っても、ヘタレないように厚く・堅いレザーを使ってあることがほとんど。

 

厚く・硬いレザーなので、なじむまでは、文字通り血のにじむ思いをするのも、デメリットですが...(^-^;

 

他でいうと、綿ニットや綿のシャツも、比較的丈夫な高級品。

 

ウールのセーターやシルクのシャツと比べると...。3万円以上しても家庭洗濯できる物もあったり。摩擦でテカってしまう心配も少なかったり。

 

セットアップもウールのスーツよりも、化学繊維のセットアップの方が、耐久性が圧倒的に高い。

 

しかも物によっては、家庭洗濯も出来たり。しかもしかも、素材技術の進歩で見た目は、ウールに遜色なかったり。

 

 

高級品の服...と言うと、ウールやシルクなどデリケート素材に偏りがち。

 

例外もありますが、レザー・化学繊維・綿素材で探すと、「これなら、ガシガシ着れるかも」というものに出会える確率はぐっと上がりますよ。

 

 

丈夫な高級品②汚れが目立たない色・自宅で洗えるもの

高級品は、変にありがたがって、結局あまり着なかった...なんてパターンになりがち。

 

大抵、「家で洗えないから」・「汚れたら、クリーニングに出さないといけないから」というのが、その原因。

 

つまり、ケアが大変。だから着るのをためらってしまうということ。

 

高級品と言えども、カレーうどんを思いっきり啜れるくらい、気軽に着れるのが理想ですね。

 

高級品でも、

  1. 濃色で汚れが目立たないモノ
  2. 汚れてしまった時も、自宅で洗えるモノ

を選べば、気軽に着れることでしょう。

 

高級品をコスパ良く着るポイントは、「丈夫な素材」・「イージーケア」・「汚れが目立たない色」の3つ。

 

上のポイントを押さえれば、高級品と言えども、気軽にたくさん着れるコスパの高い服となるでしょう。

 

今回はここまで。再度まで読んで頂き、ありがとうございます

One Reply to “服って、どういう順番で揃えればいいの?ミニマリスト的賢く・効率よくオシャレになる方法”

コメントは受け付けていません。