お金をかけずにオシャレになる方法【サイト名変更のお知らせ】


現役販売員の鶴田です。

日頃より当サイトをご愛顧いただき誠にありがとうございます

2017年7月にスタートいたしました当サイト「SuitLabo」。

おかげさまで、もうすぐ立ち上げから2年が経とうとしています。

当初ビジネスシーンにおけるスーツの着こなし指南の場として、スタートした当ブログ。

月日を重ねるごとに「スーツをオンオフ兼用で使う着こなし提案」により、カジュアルシーンでの着こなし指南も始まり...。

最近では、オンオフ兼用=「買った金額÷使った回数」で考えると、お得的な...お金をかけないオシャレ術の指南など、扱う題材やテーマが増えつつあります。

おかげさまであたらしいテーマや題材も、ご好評いただいております。

が、その反面、記事の内容と「SuitLabo」というブログタイトルから連想するイメージが一致せず、初めて当サイトを訪れる方には、戸惑いを感じさせてしまっているかと思います。

と、いうわけでサイト名のリニューアルをいたします。

新しいサイト名は「お金をかけないオシャレ術~How to Cheap CHIC~」

チープシックって何

Cheap CHICと書いて、「チープシック」と読みます。

チープはご存知の通り、「安い」を意味します。

じゃあ、「CHIC(シック)」ってなんぞや...という話ですが。

chicとはフランス語で、「上品な」「オシャレな」という意味の単語ですね。

つまり、「Cheap CHIC」=「安くて、上品でおしゃれなファッション」という意味ですね。

チープシックは、もともと1977年にアメリカ人の女性ジャーナリスト二人によって刊行されたファッション本で用いられた言葉、およびの本のタイトル。

photo by https://www.amazon.co.jp/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E2%80%95%E3%81%8A%E9%87%91%E3%82%92%E3%81%8B%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A7%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AB%E7%9D%80%E3%81%93%E3%81%AA%E3%81%99%E6%B3%95-%E3%82%AB%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%83%8D%E3%82%A2/dp/4794200552

 

これが、なかなかの良著。ファッション業界の大御所たちも、この本を「バイブル」と謳う人も多いのも納得の1冊です。

とはいえ、読みやすいけど、本質を理解するのには、読み込みが必要なのも、この本の特徴。

日本と比べると気軽に良質な古着が手に入りやすい環境。ファストファッション誕生以前という時代、そして刊行されたのが40年近く前ということもあり、掲載されている着こなし画像自体は、あまり参考にはなりません。

この本の本質は、コーディネート例ではなく、考え方。

もっと言うと服に対するお金のかけ方。

時代性や環境の違い、そして翻訳のニュアンスもあり、内容が腹に落ちるのは少し時間がかかる・難易度が高い面もありますが...。

古着に関するページを、ユニクロなどの格安良品ブランドに置き換えてみたり、読み方に現代風のアレンジを加えてみると、読むたびに新しい発見が出来る良著となっております。

ヘタなファッション雑誌を数冊買うくらいなら、ちょっと高いですが、こっちを買ったほうが数倍「お金をかけないオシャレ」のスキルは上がることでしょう。

安い服だけが、チープシックではない

「お金をかけないオシャレって...どうせファストファッションで買いましょう的なことでしょ?」

確かに単価の低いファストファッションは、「お金をかけないオシャレ術」には欠かせない存在です。

でも、それだけではないのが当サイト。

お金のかけないオシャレの本質は、「買った金額÷使った回数」にあります。つまり1回使う辺りいくらか?ということ。

単価の低いファストファッションでも、使った回数が少なければ、割高。お金のかかるオシャレです。

逆に単価の高い超高級ブランドでも、使った回数が多ければ、割安。高級品でも長い目で見れば、お金のかからないオシャレになります。

丈夫なものを長く使うのが、「お金をかけないオシャレ」のコツ

「ふ~ん。良いもの(高い物)を長く使いましょうって話ね。」

その考えも当サイトにおいては、「半分正解で、半分間違い」になります。

実は、高い服って見た目を重視するあまり、耐久性の低い生地が持ち入れれることも多く、たくさん使うことは難しいのです。

そりゃ、丁寧に扱って、ここぞという時に着る...ならば、永くは使えますが、たくさんは着れません。

お金のかからないオシャレに大切なのは、「永く」ではなく「たくさん」着れること。

粗悪品は例外ですが、安い服の方が、耐久性が高く長持ちするのです。

ライトオンで買った数千円のジーンズは何年使ってもビクともしないのに、6万円のスーツのスラックスは2年ほどでお尻の辺りがテカってきてしまうのは、そのため。

もちろん、高級品すべてがデリケート...というわけではなく。

レザーや金属製の物は、高級品でも耐久性は下がりない傾向にあります。むしろ、高級品の方が丈夫だったり、修理が効く場合もあるほど。

つまり、「丈夫なものにお金を使いましょう」ということですね。

丈夫ならば、
高級品でも、永くたくさん使えば、1回使う辺りは割安。お金をかけないオシャレになります。
格安良品なら、たくさん使えば、1回使う辺りは激安。たくさん使って1~2シーズンで買い替え。流行を適度に取り入れる...というのも良いでしょう。

と、いうわけで当サイトではユニクロをはじめとした格安良品ではなく、耐久性の高い世界的ハイブランドのアイテム解説などもしていきますので、楽しみにお待ちいただければ幸いです。

サイト名の変更をお知らせするだけのつもりが、長々と執筆してしまいました(^-^;

今後は、「お金をかけないオシャレ」という方向性の元、「ビジネススタイル」・「カジュアルスタイル」の情報発信をしていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

One Reply to “お金をかけずにオシャレになる方法【サイト名変更のお知らせ】”

コメントは受け付けていません。