【ミニマリスト必見】少ない服でオシャレをするための服の揃え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
クローゼット

現役販売員の鶴田です。

 

服の数を減らすには、「オンオフ兼用」がポイントです。

服を減らせば、オシャレ・節約・整理整頓・時短など、いいことばかり。

豊かな生活をしたい全ての人、必見です。

 

 

服を少なくするメリット

そもそも「服を減らすと、なんかいいことあんの?」ということですが...。

 

何を隠そうボクもミニマリスト。

 

別にミニマリストを目指したわけでは、ありませんが...オシャレを突き詰めていったら、自然とそうなってしまいました。(^-^;

 

僕のワードローブは

  • セットアップ×3着
  • ニット×3着
  • シャツ×3着
  • ダウンベスト×1着

の計10着(インナーTシャツ・ソックスなど下着類はノーカウント)のみ。

 

1年間を通じて、この10着だけで生活しています。

 

ここまで服を減らして、感じるメリットは3つ。

 

 

メリット①洋服代の節約や服のグレードアップが出来る

メリットの一つ目がコレ。単純に算数の話です。

 

今まで年間10万円使って20着、1着当たり5000円使っていた人なら...

  • 10着まで洋服を減らせば、年間5万で済む

もしくは、

  • 10着に10万円使えば、1着当たり1万円に予算アップ

つまり、節約はもちろん、洋服にかける予算は、今まで通りでも、より質の高いものが買える。

 

服を減らすと、節約にもなるし、服のグレードアップも簡単に出来てしまうのです。

 

 

メリット②整理整頓

僕は、お店でVディスプレイ担当。お店のディスプレイをすべて手掛けています。そうなると、自宅のクローゼットも、お店みたいにキレイに服を並べたくなるのが、商売柄(笑)

 

キレイに服をディスプレイするコツの一つが、「空間をユッタリ使う」ことなのですが...。服を減らすと、クローゼットに服を余裕をもって並べることが出来ます。これがまた、お店みたいでキレイ。見てて気分が良いものです。

クローゼット

※イメージ

 

 

空間に余裕があるから、服が型崩れしやすい細~い針金ハンガーなんて使う必要ありません。

 

服の型崩れを防げる、太めのハンガーで、服を管理できる。

 

 

服を減らすと、

  • クローゼットの中もキレイ
  • 服のコンディションもキレイに維持

出来ちゃう。

 

これが、服を減らすメリット2つ目。

 

 

メリット③コーディネート考える手間が省ける

服が10着だけなら、当然コーディネートのパターンも限られます。

 

ただでさえ少ないコーディネートのパターン。ローテーションの兼ね合い・天気・TPOを考えると、その日に着れるコーディネートはさらに絞られます。

 

となると、コーディネートを選ぶのもカンタン。ぼくも毎朝5秒くらいでコーディネートが決まります。

 

これは、僕が洋服屋さんだから...ではなく、そもそも選択肢がかなり絞られているから。

 

洋服の数を減らすと、コーディネートを考える時間を短くできるのです。

 

「1分1秒でも長く寝ていたい人」・「家事や育児で忙しい人」なんて人には、服を減らしてみてください。朝の忙しい時間にゆとりが生まれますよ。

 

 

少ない服でオシャレをするには「オンオフ兼用」が必須

ここからは、実際に洋服の数を、減らすための服の選び方・揃え方解説です。

 

服を減らすためのコツは、たった一つ。「オンオフ兼用」の服でワードローブを固めることです。

 

 

オンオフ兼用のメリット①服の数を一気に減らせる

ほとんどのの人の日常は、「仕事」・「休日」の二つに分けられます。

 

服も「仕事」・「休日」に分けれると服が一気に増えてしまいます。

 

少ない服で生活するためには、仕事用とか休日用とか、「○○用の服」なんて言うのは、NG。

 

使うシチュエーションが限定された服があると、それを補うために「○○用の服」。それをさらに補うために「○○用の服」...なんて感じに服がどんどん増えてしまっていきます。

 

例えば

  • 「子供と公園で遊ぶ用の服」を買う

        ↓

  • これだと、お買い物に出かけるときはラフ過ぎだから、「ちょっとお出かけ用の服」を買う

        ↓

  • 仕事じゃないんだけど、ちょっときっちりした格好しないといけないんだよね~、で「きちんとカジュアル用の服」を買う

といったところ。

 

思い当たる人も多いのでは?

 

服を少なくするコツは、仕事~休日のいろんなイベントに対応できる「オンオフ兼用服」を揃えること。「○○用の服」といったシチュエーション限定の服が、必要なくなるので、服の数が一気に減らせますよ。

 

 

オンオフ兼用のメリット②カンタンにオシャレなコーディネートが作れる

男性の場合、仕事ではスーツを着る人が多いでしょう。となると、オンオフ兼用できるスーツを見つけるのが、ミニマリストへの最短距離。

 

実は、オシャレ目線で考えても、オンオフ兼用スーツは、実に理にかなった選択なのです。

 

 

それは、スーツは、「男性が最もオシャレに見える服」だから。女性に「好きな男性のファッションは?」と聞くと大半が「スーツ」と答えるのはそのため。

※スーツが、なぜ「男性が最もオシャレに見える服」なのか?という論理的な解説は、【2018年秋冬に買うべきスーツ】オンオフ兼用のちょい派手スーツを揃えよう!!の記事をどうぞ。

 

オンオフ兼用スーツなら、仕事はもちろん、カジュアルシーンでも男性をオシャレに見せてくれます。画像を見れば、カジュアルウェアを下手にアレコレ組み合わすよりも、サラッとスーツを着てしまったほうが、断然オシャレなのがわかるはず。

セットアップを小物でさらにオシャレにする方法

photo by http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1538999210/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL21lbnNkcmlwLmNvbS9mYXNoaW9uL3NldHVwbWVucw–/RS=%5EADBcPR7F8b4VvrNETDtObijyJ3adK0-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMD9yPTExJmw9cmkEaWR4AzAEb2lkA0FOZDlHY1F5YUE4bUZfcmJNOExRUk8zZDZiLTZEVWI5MHRadFdWU05VV0lvZUtiMnFPMDFVY0FmWUtaNE1tTQRwAzQ0Szc0NE9ENDRPSTQ0S2k0NE9ENDRPWElPT0NzLk9Edk9PRGguT0FnT09Eb2VPRHMuT0N1Zy0tBHBvcwMxMQRzZWMDc2h3BHNsawNyaQ–

 

しかもスーツは上下セット。上下の組み合わせが決まっているから、

  • 仕事の時は、シャツ・ネクタイに革靴
  • 休日は、カットソーにスニーカー

といったようにTPOに合わせて、インナーと足元を変えればいいだけ。

 

コーディネートを組むのも簡単だし、仕上がりもオシャレ。

 

スーツを、オンオフ兼用にすることは

  1. 服の数を減らせる
  2. カジュアルシーンでも、カンタンにオシャレになれる

という2つのメリットがあるのです。

 

 

よくミニマリストの方の「わずか〇着。ワードローブ公開」なんてブログ記事を見ますが...。確かに服は少ないけど、オシャレかどうかは微妙な内容が多いのものです。

 

それもこれも、原因は「スーツ」をワードローブの軸にしていないから。

 

少ない服でオシャレをするなら、「仕事でスーツを着ない人」でも、オンオフ兼用スーツをワードローブのメインにするのがオススメ。

 

カンタンにオシャレなカジュアルコーディネートが出来るのはもちろん。いざという時のフォーマル・セミフォーマルにも困りませんよ。

 

 

とはいえ、いわゆる「ビジネススーツ」をオンオフ兼用するのは、おすすめしません。どうしても「仕事用のスーツを無理してきている」感が出て、貧乏っちく見えちゃうんですよね。

 

オンオフ兼用するには、選び方にちょっとしたコツがあるのです。

 

 

オンオフ兼用服の選び方のコツ

仕事でスーツを着ている人の場合、

  • シャツ
  • ニット(ウォームビズ用)
  • 革靴
  • コート

など、スーツの関連アイテムもオンオフ兼用にしちゃいましょう。これだけオンオフ兼用にすることが出来たら、一気に服の数が減らせるはず。

 

ちょっとした選び方のコツで、これらのアイテム全部がオンオフ兼用出来てしまいます。

 

 

その①少しカジュアル目なデザインを選ぶ

いわゆる

  • ビジネススーツ
  • ワイシャツ
  • ビジネスシューズ
  • ビジネスコート

を選ぶのはやめましょう。

 

オンオフ兼用しても「無理して仕事用の服を流用している」「仕事帰り」に見えてしまいます。

 

ビジネス用の服の中から、カジュアルでも使いまわせそうなものを探すのではなく...。

カジュアル用の服の中から、ビジネスでも使いまわせそうな服を探すのが正解です。

 

例えば

「紳士服の〇〇」とか「洋服の〇〇」のようなビジネススーツ専門店のスーツではなく...。カジュアルブランドであるguのカジュアルセットアップを選ぶ。

guの買うべきセットアップ

photo by http://www.gu-global.com/jp/lookbook/pc/style/17112156

 

ユニクロのシャツだったら、ビジネス用の「ユニクロファインクロスブロードシャツ」ではなく...。

 

カジュアル用の「エクストラファインコットンブロードストライプシャツ」を選ぶ。

ユニクロストライプシャツ

photo by http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/402941-67

 

どちらも、もともとカジュアル用として作られているので、休日に着まわしても違和感を感じさせません。

 

「それだと、カジュアルで使う分によさそうだけど、仕事でつかえるか不安」

 

スーツにしろ、シャツにしろ、革靴にしろ、コートにしても...。スーツに関連するアイテムは、着るだけで「きちんと見える」という効果、いわば精神的機能性があります。

 

多少デザインがカジュアルだろうが、シルエットがカジュアルだろうが、その精神的機能性はなくなりません。

 

 

もっとわかりやすく言うと、多少シルエットがカジュアルだろうと、スーツはスーツ。職場に着て行ってもバレやしません。

 

今までの人生で「アッ!!あいつビジネススーツじゃなくて、カジュアルセットアップで会社に来てやがる」なんて思ったことありますか?ないですよね?

 

仕事で着る分には、多少カジュアルでもバレやしません。ならば、オンオフ兼用のスーツなり、シャツなり、革靴なりを揃えて服の数を減らす→生活の質を向上させた方が賢いというものです。

 

詳細なオンオフ兼用服の見極め方は、下のリンク記事で解説しています。

スーツ:7000円のguのスーツはオンオフ兼用で使えてコスパ最高!!その理由を解説

シャツ:ユニクロ「エクストラファインコットンブロードシャツ」レビュー。襟の高さ・硬さがオンオフ兼用に最適

革靴:冠婚葬祭~カジュアルまで1足でオッケー!万能革靴の選び方解説。

コート:冬のコート大特集!!最もコスパの高いコートのデザインは何?

 

 

その②気軽に着れる丈夫な素材を選ぶ

服をオンオフ兼用にすると、服の着用頻度が高くなります。

 

となると、大切になってくるのが「耐久性」。

 

デザイン的にオンオフ兼用できたとしても、素材がデリケートだと、あっという間にヨレヨレ・ボロボロのみすぼらしい状態になってしまいます。デリケートな服ってちょっと間違うと、1~3回くらいの着用でも「毛玉が出来る」「テカる」とか劣化しちゃうんです。

 

しかも、デリケートな素材は、お手入れもひと手間かかることが、ほとんど。

  • 自宅で洗えなかったり
  • 着るたびにブラッシングしないといけなかったり
  • 1回着たら2日は休ませないといけなかったり

 

そうなると、着るのをためらったり、「着る服がな~い」状態になってしまうものです。それで、ついつい服を買い足して、気づいたら服がやたらと増えてしまっていた...なんてことも。

 

スーツやニットは自宅で洗える。

シャツはアイロンの手間がない。

コートは、1シーズン毎日着てもヘタらない。

 

服が少ない分、手持ちの服はフル稼働させなければ、生活できません。そのためには「丈夫」「手入れがラク」な素材選びが欠かせないのです。

 

 

その③通年もしくは3シーズン着れるものを選ぶ

衣替え...少ない服で生活するには、こいつがかなりの難関。

 

四季で洋服を変えていたら、あっという間に服が増えてしまいます。

 

スーツやシャツは、通年使えるものを。

コートやニットなど、防寒ウェアは、夏以外の3シーズン使えるものを選ぶことで、衣替えの必要を限りなくおさえられます。

 

こんなことを説明すると、必ず

「夏場の半袖Tシャツはどうするの?」

「クールビズの半袖シャツはどうすりゃいいんだ?」

という反応がありますが...。

 

半袖Tシャツは、シャツの下にいつも着ている下着を「下着兼1枚でも着れるTシャツ」にすればいいだけ。

実は長袖シャツも半袖シャツも生地の厚さはほとんど同じ。だったら、夏場は長袖シャツを袖まくりすれば、体感温度は半袖シャツと変わりません。

 

詳しくは

Tシャツ:無印良品のオーガニックコットンクルーネック半袖シャツ・2枚組は、コスパ優秀の1枚でも肌着でも着れるTシャツ!

シャツの袖まくり:クールビズにも使える、長袖シャツのオシャレな袖まくり方!細く、肘が出るまで捲くってみよう。

で解説しています。

 

 

服は少なければ、少ないほど良い...とは1ミリも思っていませんが、服が減ることで生活にゆとりが出来たことも事実です。

 

自宅のクローゼットを1度見てみてください。

 

クローゼットのサイズの割に服が多すぎやしませんか?

持っている服の数の割に、実際に着ている服がだいぶ少なかったりしませんか?

 

本当は、そんなに服って要らないはず。僕が持っている服が少ない...のではなく、世間一般の人が服を持ちすぎているのです。

 

服を持ちすぎているから、

  • コーディネートに困ったり
  • それを解決するために、さらに服を買ってしまったり
  • 増え続ける服の管理に困ったり

しているのです。

 

ミニマリストを目指す...というよりは、「服の量を生活に合わせて最適化する」くらいの気持ちで服の揃え方を改めてみてください。今回の記事は、その時に役立つことでしょう。

 

今回はここまで。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。


コメント

コメントを残す

*