いいモノを長く使おう!!っていうのは逆に損ですよという話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現役販売員の鶴田です。

 

いいモノを買って長く使うのが、長い目で見てお得...なんて言いますが、「あれって本当?」ってふと思うんです。

 

いいモノはすぐに痛む

いいモノ=高級品ですよね?高級品って言い方を変えれば贅沢品なわけです。

 

なにが贅沢って高級品はステータスを「オシャレさ」に全振りしちゃっているんですよね。服ってもともとの目的はバイ菌、ケガ、寒さから体を守るためです。気軽にいつでも洗えたり、丈夫だったり、暖かければ、ほんとうはそれだけでオッケーのハズ。

 

それを「もっとオシャレに着たいな~」っていう贅沢なリクエストに応えたのが高級品、通称いいモノ。高級品のステータスなんて「オシャレさ98」の「丈夫さ2」くらいなもんです。ユニクロの服は丈夫なのに、倍以上の値段のブランド物はすぐにダメになった...なんて経験ありませんか?

 

あれはステータス「オシャレさ」に全振りしてるからです。ツヤや柔らかい風合いが出るように極細の繊維で生地を作ったりするから、高級品はオシャレだけどデリケート。ふつうに着る分にはもっと丈夫で太い糸で作ってもいいのに、オシャレさ優先でデリケートな素材を使っているのが高級品なんです。

 

だからいっぱい着るとすぐに痛んじゃう。高級品ってたま~に着るくらいじゃないとすぐに毛玉が出来たり、シワになったり、生地が薄くなってきちゃったりするんです。

 

年単位で長持ちさせても飽きちゃう

たま~に着るくらいにしていると高級品でも何年も長持ちはします。長持ちはするんだけど、ファッションには必ず流行り廃りがあるのは落とし穴なんです。

 

買った時は「すっげーオシャレ」な高級品でも、5年後も同じくらいオシャレかって言うと...まあ無理でしょうね。試しにクローゼットに入っている服で、1番古い服を探してみてください。いま着ても全然テンション上がらない服なのに気づくはずです。

 

たま~に着て長持ちさせても年数がたてばたつほど、高級品でも服はダサくなるんです。

 

すべての服にはかならず「旬」があります。「ジーンズ」みたいな定番のアイテムだって一緒。ジーンズ自体は定番だけど時代によって「ブーツカット」がトレンドだったり、「スキニー」がトレンドだったり、かならず「旬」のシルエットがあるもんです。

 

「旬」を過ぎたいいモノを着たところでダサくなるだけ。さっさと処分して、ファストファッションの「旬」な服を着たほうがよっぽどオシャレです。「旬」を過ぎた服をリメイクして、「旬」を取り戻すというのも手ですが…ほんとうに「旬」を取り戻せるかなんてわからんもんです。

 

「旬」の内にガッツリ使うのが賢い服の楽しみ方…なんですけど、デリケートな素材を使っている高級品はガッツリ使いたくても使えない。連続2日くらい使ったら、すぐに毛玉だ、シワだ、トラブルのオンパレードですよ。毛玉やら、シワやら出来ちゃったらせっかくの高級品も台無しですよね。

 

高かったから、いっぱい着て元を取りたいけどデリケートだからいっぱい着れない。「回数」がダメなら「年数」で元を取ろうとしても、旬が過ぎてしまう。贅沢品は高いから贅沢なんじゃなくて,ちょっとしか着れないモノに高いお金を払うから贅沢なんです。

 

「いいモノだから長く着よう」なんて贅沢とは無縁な庶民の考え方。安い給料でこき使われている我々一般庶民が、「いいモノ」を買っても結局損するだけなんです。

 

ガシガシ使えるいいモノは買っちゃえ

ここまで読んで「ガシガシ使える高級品だったら、買ってもいいんじゃね?」と思ったあなたは鋭い。

 

いいモノ=高級品がデリケートなのは素材のせいです。言い方を変えると丈夫な素材だったら、旬なうちにガシガシ着れるから元をしっかり取れるんですよ。ガシガシ着ると気になるのは、丈夫さと汚れですよね。

 

ウールで出来ている事が多いスーツやセーターは家で洗えない。毛玉だってつきやすい。ウール素材の高級品はガシガシ着れないんです。

 

ガシガシ使えるのはレザー素材と綿素材。レザー素材の財布なんて平気で3年くらい持つでしょ?しかもレザー素材は黒か茶色が使われることがほとんどです。洗濯は出来ないけど、もともとの色が暗いから汚れも目立たないんです。

 

レザーは服よりも革靴や財布みたいな小物に使われることがほとんどです。小物はアパレル業界では「シーズンレスアイテム」と呼ばれています。つまり1年中使えるという事なんですね。

 

革靴や財布といったレザー小物は丈夫で、汚れも目立たないしかも1年中使える…ガシガシ使える条件オールクリアじゃないですか(笑)これなら我々一般庶民でも奮発のしがいがあるというものです。

 

他に奮発のしがいがある素材と言えば、綿素材ですね。綿は毛玉になりにくく丈夫、しかも家で洗えることがほとんどです。例えばシャツとかパンツとか。綿素材はレザーと違って服に使われることがほとんど。

 

小物ならレザー、服なら綿素材のモノに我々庶民は奮発しましょ。旬なうちにガシガシ使えて、思いきった買い物でも元を取れちゃいますよ。

 

無料ファッション相談をメールとTwitterでしています。両リンクページ下部にあるのでお気軽にメッセージください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。