最もお金をかけないでオシャレになるための、お金の使い方。革靴にお金をかけて他は安物でオッケー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
alden

現役販売員の鶴田です。

 

服は安物で、靴にお金をかけるのがおすすめです。この方法で一番お金をかけないでオシャレになることが出来ます。

 

5分で読める内容なのです、読んでみてください。

 

 

服はユニクロやGUで良品が安く手に入る

ぼくも妻もアパレル関係の仕事をしていますが、よく「この手の服はユニクロとかGUで十分いいのが手に入るよね」なんて話をしています。

 

実は、ユニクロやGU、無印良品にはアパレル関係者も絶賛する名品がたくさんあるのです。

 

例えば

  • ユニクロ→ダウン・シャツ・ニット・セミオーダースーツ・ユニクロUなどのデザイナーコラボ
  • GU→セットアップ
  • 無印良品→シャツ

などは、アパレル関係者でも評判が高いアイテムが多いカテゴリーですね。もちろん、上に書いたカテゴリーなら全部名品...というわけではないのですが。その辺の「アタリ・ハズレ」は当サイトのレビュー記事を参考にしてみてください。

 

例えば7000円のguのスーツはオンオフ兼用で使えてコスパ最高!!その理由を解説の記事とか。3万円のスーツに見劣りしないスーツがわずか7000円で手に入ってしまいます。

 

いくつかレビュー記事も書いていますが、ぼくもユニクロの「ダウン・シャツ・ニット」にGUの「セットアップ」は持っています。下手なブランドものにお金を使うくらいなら、ユニクロやGUで十分...というのがプロが実際に使ってみた感想。

 

今は、安くても質のいい服が手に入る時代なんですね。

 

 

安く良品が手に入るから、服にはお金をかけなくてもいい

スーツなら、5万円くらいのブランドもの。ニットやシャツなら、1万円くらいまでだったら、「ユニクロやGUの良品」と「ブランド物」にクオリティの大差はありません。

 

もちろん、細かい違いはありますし、その細かい違いがオシャレには大切なのですが...。でもそれくらいの差なら、着こなし次第でいくらでもごまかしがきいてしまうのです。

 

言い方を変えれば、正しい着こなしをすれば、洋服は安物でも十分ということですね。

 

「着こなしに自信がない」

「洋服の目利きが出来ない」

なんて方は、半年だけもこのブログを読み進めてみてください。「職場で一番オシャレ」・「友達の中で一番オシャレ」くらいなら、お金をかけなくても簡単になれてしまいますよ。

 

 

と、ブログの宣伝でした(笑)

 

 

ユニクロやGUでは小物の良品が少ない

服に比べて、小物は良品が少ないのがユニクロやGUの特徴の一つ。

 

アクセサリーなどを身に着けないことも多い男性でも、ネクタイ・バッグ・靴は必需品という人も多いでしょう。でもユニクロやGUには、小物の良品がまだまだ少ないのです。

 

ユニクロは、シューズ事業の撤退と参入を繰り返していて、靴は苦手カテゴリー。ユニクロのお店に行くと、靴コーナーはほんのわずかしかないことからも、その自信のなさはわかるはず。

 

GUの靴も、見た目はまずまずですが、履き心地や歩きやすさはイマイチといったところです。

 

GU・ユニクロはともにバッグ、ユニクロに関してはネクタイも扱っていますが...。カジュアルバッグこそ、良品もありますが、ビジネス雑貨に関しては、まだまだなのが現状ですね。

 

 

格安良品が少ないからこそ、小物にお金をかける

ユニクロやGUに小物の良品が、無いからこそ、小物にはお金をかけたほうが賢い買いものになります。

 

実際、「プチプラコーデ」なんて呼ばれる、ユニクロやGUを使ったオシャレコーディネートも、小物だけはブランド物なんてケースがほとんど。小物までオールユニクロ・GUでオシャレするには、小物のクオリティが追い付いていないんですね。だから、小物にはお金をかけるべき。

 

男性が必ず身に着ける小物は

  • バッグ
  • ネクタイ
  • 財布
  • 時計

といったところでしょう。

 

もちろん全部にお金をかけても、いいのですが。「そこまで、お金が回らない」という人も多いでしょう。

 

 

一番お金をかけるべき小物は、革靴

もっともお金をかけたほうがいい小物は、「革靴」です。

 

洋服にあまりお金をかけれない人は、服はユニクロやGUの良品で済ませて、革靴にお金をかけてみてください。

 

革靴にお金をかけたほうがいい理由は、

  1. 足元は目立つ
  2. 靴は常に身に着けている
  3. オンオフ兼用なら、お金をかけても元を取れる
  4. いい靴は歩きやすい

の4つ。

 

ユニクロやGUの格安良品+上質な革靴の組み合わせが、1番お金をかけないで、オシャレになれるお金の使い方です。そのあと、他の小物→洋服の順にお金をかけるのが、いいでしょう。

 

 

靴にお金をかけるべき理由①足元は目立つ

カラダは目線が止まる部分、つまり末端が一番目立ちます。

 

具体的には、「顔」「手」「足」。それに繋がっている「首」・「手首」・「足首」が一番目立ちます。極論ですが、目立つからこそ末端だけでもオシャレにしておけば、他はイマイチでもオシャレに見えてしまうのです。

 

でも

  • 顔は変えられない
  • 帽子は常にかぶっているわけではない
  • ネクタイはクールビズでしない時期も多い
  • 手袋をつけるの冬だけ
  • 時計は袖に隠れてしまうこともあるし、面積も小さい

といった風に、「顔」「首」「手」「手首」はデメリットも多いのです。

 

それに対して、靴は、他の末端部分のアイテムと比べて

  • 面積は「顔」の次に大きい
  • 一年中身に着けていられる
  • 服で隠れる面積も少ない

末端部分のオシャレの中で、面積も大きく目立ち、デメリットも少ないのが靴の特徴。

 

だから、小物の中でも靴にお金をかけたほうがいいんです。

 

 

靴にお金をかけるべき理由②靴は常に身に着けている

上にも書きましたが、ネクタイはクールビズのときは付けません。

 

他にも

  • バッグは持っていない時間も長い
  • お財布も人に見せるのは、会計のときだけ

意外と、小物は目立つ瞬間が少ないのです。

 

せっかくオシャレのために、お金をかけたのに、あんまり人に見てもらえないなんてもったいないですよね。

 

靴は、居酒屋でも行かないかぎり、めったに脱ぎません。脱がないから、人に見られることも多くなります。だから、お金をかける意味もあるし、効果も高いのです。

 

 

靴はお金をかけるべき理由③オンオフ兼用なら、高くても元を取れる

物は「買った金額÷使った回数=一回使う当たりの金額」は安いほうが、コスパの高い買い物です。

 

ネクタイは、仕事のときしか付けません...カジュアルでネクタイを付けるのは、キザになりやすいので、あまりオススメではありません。

 

バッグも、休日と仕事では、必要なサイズが違うことも多いでしょう。

 

ネクタイもバッグも、オンオフ兼用しにくいのです。オンオン兼用できないから、どうしても使う回数が減って、一回使うあたりの金額が高くなってしまいます。お金をかけても、ネクタイやバッグは元を取りにくいんですね。

 

革靴は、ちょっとした選び方のコツで、オンオフ兼用をすることが出来てしまいます。詳しくはオシャレになるには、いくら位の革靴がいいのか?3万円前後が履き心地・革質・デザインが良くておすすめで解説していますので、読んでみてください。

 

革靴はオンオフ兼用しやすく、使う回数も多くなり、お金をかけても元を取りやすいのです。

 

 

靴にお金をかけるべき理由④いい靴は歩きやすい

高い靴と安い靴の違いは、色々ありますが、一番の違いは歩きやすさ。

 

足になじんだ時の、高級靴は下手なスニーカーよりもずっと歩きやすいのです。なじむまでが、ちょっと痛いのが難点ですが...。

 

歩きにくい靴だと、疲れがたまり、表情も曇ってしまいがち。ファッションがオシャレかどうか以前の問題で、顔つきがイケてなくなってしまうのです。

 

歩きやすい靴は、足取りも軽く、体力の消耗も少ないので、気持ちにも余裕が生まれます。見た目がオシャレになるのに加えて、振舞いまで素敵に見せてくれるからこそ、お金をかけて歩きやすい靴を選んだほうがいいんです。

 

 

お金をかける目安は、3万前後がおすすめです。オシャレになるには、いくら位の革靴がいいのか?3万円前後が履き心地・革質・デザインが良くておすすめで3万台の靴のコスパの高い選び方を解説しています。5分で読める内容なので気軽に読んでみてください。

 

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料ファッション相談

無料ファッション相談ご希望の方は下部のボタンをクリック


無料ファッション相談はこちら

SNSでもご購読できます。


コメント

Comments are closed.